“冷蔵庫で化粧水を冷やした方が良い”は嘘!正しい保管方法

コクハク編集部
更新日:2020-05-23 06:35
投稿日:2020-05-23 06:00
「化粧水を冷蔵庫で保管した方が肌に良い」「長持ちする」、そんな噂を聞いたことがある方は多いでしょう。確かに、冷やした化粧水を肌に塗ると毛穴がきゅっと引き締まりそうですし、劣化も防げそうですよね。しかし実のところ、冷蔵庫で化粧水を保管するのはNG!そこで今回は、NGな理由や正しい保管方法をご紹介します。

冷蔵庫で化粧水を冷やすのはNG!驚きの3つの理由

冷蔵庫の中には…(写真:iStock)
冷蔵庫の中には… (写真:iStock)

 冷蔵庫で化粧水を冷やすのは、なぜNGなのでしょうか?

 実は、大手化粧品メーカーの資生堂のホームページでも、化粧品の保管方法について「冷蔵庫に入れることでの温度変化で、品質の安定性が損なわれる可能性がある」ということが注意として記載されています。

 冷蔵庫で保管した“冷やし化粧水”が癖になっている方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは、NGの理由からざっと見ていきましょう。

1. 温度変化で化粧水の性質が変化する

 冷蔵庫で化粧水を冷やすということは、使用する際に常温に戻し、さらにまた冷蔵庫で急激に冷やすということ。実はこの温度変化によって、化粧水の中では結晶が発生したりなど、製品の安定性が損なわれてしまう可能性があります。

2. 製品の劣化により肌に負担となる

 そもそも、化粧水は冷やすことを想定して作られているものではありません。そのため、温度変化が起こることで製品が劣化しやすくなってしまいます。また、発生した結晶などが、肌にとって負担となる場合もあるようです。

3. 肌への浸透力が落ちる

 冷やした化粧水を肌に塗ると気持ち良いですし、肌にとっても良い効果が起こるような気がしますが、実はその逆!化粧水を肌に塗る時には、じんわりと肌を温めながら塗った方が化粧水の浸透力が高まると言われています。つまり、化粧水を冷蔵庫で冷やすことで、浸透力が低下してしまう可能性があるということ。

 ただし、レンジなどを使用して温めるのもNG。同じく温度変化により、劣化が起こりやすくなります。

化粧水を正しく保管するには?4つのポイント

用法をよく読んで正しい保管を(写真:iStock)
用法をよく読んで正しい保管を (写真:iStock)

 化粧水を冷蔵庫で保管するのはNGだと分かったところで、次に、化粧水を正しく保管する方法についてもチェックしていきましょう。

1. 直射日光や高温多湿を避ける

 化粧水をはじめとしたスキンケア製品は、直射日光や高温多湿を避けて保管するのがベスト。収納ボックスや、湿気がこもりにくい場所を選びましょう。

 また、脱衣所やお風呂場に化粧水を保管している方も多いようですが、夏場になると温度や湿度が上がりやすくなるため注意が必要。エアコンをよくつけるリビングなどに移動させたりなど、季節によって保管場所を変えてみるのも一案です。

2. 化粧水のキャップを必ず閉める

 基本的なことになりますが、化粧水のキャップを閉めることも忘れないようにしましょう。閉め忘れはもちろん、少しの隙間から雑菌などが入って繁殖したり、美容成分などの性質が変わってしまうことで、肌に刺激や負担を与える恐れがあります。

3. 化粧水の使用期限を守る

 使用期限が書いていない化粧水は、開封後1年以内に使い切るようにした方が良いとされています。しかし、製品の品質を保つためには、開封後の化粧水は1〜1.5カ月ほどを目安にして、できるだけ早く使った方が良いでしょう。

 メーカーによっても1回あたりの使用量は違いますが、全体量と使用量を計算してみることで、だいたいの使用期限が分かりますよ。

4. 製品によって保管方法は違う

 たとえば、防腐剤が入っていない製品であったりなど、化粧品によっては冷蔵庫での保管が必要となる製品もあります。ただ、そのような製品は、冷やして使用しても品質上問題ないと判断されたものだけ。上記でご紹介したのは一般的な保管方法ですが、製品によって方法が異なる場合があるため、製品の用法をよく読んでから使用するようにしましょう。

化粧水はいつでもフレッシュに♪正しい保管で美肌を守ろう

正しい保管で美肌をキープ(写真:iStock)
正しい保管で美肌をキープ (写真:iStock)

 化粧水を冷蔵庫で冷やして使っていた方は、目から鱗の情報だったかもしれませんね。

 ちなみに、「毛穴ケアのために冷やした化粧水を使っている」という方も多いと思いますが、毛穴の開きなどのお悩みの場合には、引き締め効果のある収れん化粧水などを使用した方が、よっぽど効果に期待できるはずです。

 ぜひ、化粧水を正しく保管して、美肌を守ってくださいね♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...