ベビーオイルでクレンジング!正しいやり方でもちもち肌に♡

コクハク編集部
更新日:2020-08-09 03:52
投稿日:2019-09-26 06:00
 赤ちゃんにも使える「ベビーオイル」が、実はクレンジングアイテムとしても優秀って知っていますか?ただし、ベビーオイルをクレンジングとして使う場合には、ちょっとしたコツが必要なんです。赤ちゃんのようなもちもち肌になるには?正しいクレンジング方法をお伝えします!

ベビーオイルをクレンジングに使う4つのメリット

ベビーオイルでクレンジングができちゃう(写真:iStock)
ベビーオイルでクレンジングができちゃう (写真:iStock)

 ベビーオイルをクレンジングとして使うと、肌にどんな良い効果があるのでしょうか?4つのメリットを見てみましょう。

1. 界面活性剤不使用で肌に優しい

 通常のクレンジングオイルには、界面活性剤という水と油を馴染ませる成分が配合されています。この界面活性剤は洗浄力が高い反面、肌に負担がかかってしまうというデメリットが……。

 でも、ベビーオイルは界面活性剤不使用!肌に優しく、メイクを落とすことができるため、肌がデリケートな方でも安心して使うことができます。

2. 角栓ケアができる

 ベビーオイルは角栓ケアアイテムとしても優秀です。ベビーオイルの成分であるミネラルオイルは肌に浸透せず、角栓を柔らかくして浮かせてくれるため、肌に負担をかけずに角栓を取り除くことができます。

3. 乾燥から肌を守る

 普通のクレンジング剤を使うと、洗い上がりの肌のつっぱり感や乾燥が気になる方も多いでしょう。でも、ベビーオイルは肌に吸収されずに肌を保護してくれるため、肌に潤いが残ります。乾燥しやすい季節のケアにも、おすすめですよ。

4. プチプラでたっぷり使える

 ベビーオイルは、プチプラなのも魅力の1つ。大容量ですので、惜しみなく使うことができます。また、ほとんどのドラッグストアや薬局で取り扱っているため、気軽に購入できるのもメリットでしょう。

 小さなサイズもあるため、肌に合うか試してみたいという気持ちで始められるのも嬉しいですね。

【あわせて読みたい】1000円以下!プチプラメイク落とし3選…基本を見直し美肌へ

ベビーオイルでクレンジング!正しい方法

蒸しタオルで保湿効果アップ(写真:iStock)
蒸しタオルで保湿効果アップ (写真:iStock)

 さて!ここで、ベビーオイルでクレンジングする時の方法を見ていきましょう。

1. ポイントメイクを落としておく

 ベビーオイルクレンジングをする際には、ウォータープルーフのアイメイクやリップメイクなどのポイントメイクを専用のリムーバーで最初に落としておきましょう。摩擦による、肌への負担を軽減させることができます。

2. 適量を手に取って肌にくるくると馴染ませる

 ベビーオイルを手にとって、少し体温で温めましょう。そして、顔全体に優しく馴染ませます。角栓が気になるところは、指の腹でくるくるとマッサージをするように馴染ませていきましょう。

3. コットンなどで拭き取る

 ベビーオイルがメイクに馴染んだら、コットンやティッシュなどで優しく拭き取ります。おすすめは、拭き取る前に蒸しタオルを顔に乗せてそのまま拭き取るというやり方。

 蒸しタオルによって毛穴が開いてメイクを落としやすくするだけではなく、ベビーオイルの保湿効果がアップします。ただし、この方法だとタオルが汚れてしまうため、クレンジング専用のタオルを用意するなど工夫しましょう。

4. ベビーオイルを洗顔料で洗い流す

 ベビーオイルでメイクを拭き取った後には、必ず洗顔料を使って洗い流すようにしましょう。その後、速やかにスキンケアを。

 ちなみに、洗顔料を泡立てた後にベビーオイルを数的垂らして混ぜて使うという洗顔方法もあります。洗い上がりのつっぱり感や乾燥が気になる方は、ぜひ試してみてください。

ベビーオイルをクレンジングとして使う時の注意点!

ニキビがある時は使用を控えて(写真:iStock)
ニキビがある時は使用を控えて (写真:iStock)

 最後に、ベビーオイルをクレンジングとして使う時の注意点について、確認していきましょう。

オイリー肌にはあまりおすすめできない

 ベビーオイルは洗顔をしても油分が肌に残りやすく、毛穴詰まりを引き起こして、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

 そのため、普段からTゾーンのべたつきが気になる方や、ニキビができやすいオイリー肌寄りの方にはあまりおすすめできません。ニキビができている時にも、できれば避けるようにしましょう。

【あわせて読みたい】オイルクレンジングは肌に悪いの?毛穴レスを叶える使い方♪

使用期限を守る

 ベビーオイルの使用期限は基本的には3カ月ほどと、意外と短いです。使用期限を過ぎてしまうと酸化して肌にも悪影響を及ぼしてしまうため、注意するようにしましょう。

ゴシゴシと擦らない

 ベビーオイルクレンジングに限ったことではないですが、肌をゴシゴシと擦ってしまうと肌に摩擦が起こってメラニン色素を発生させ、シミやくすみの原因となってしまいます。

 そのため、決してゴシゴシと擦らないこと。ポイントメイクは先に落として、適量のオイルで肌を滑らせるようにクレンジングしていくことが大切です。

コスパ良し&肌に優しいベビーオイルクレンジングはいかが?

全身に使えるのも魅力的(写真:iStock)
全身に使えるのも魅力的 (写真:iStock)

 ベビーオイルは赤ちゃんだけではなく、大人でも使える優秀アイテム。コスパも良いですが、なんといっても肌に優しく保湿ケアには最適!さらには、顔や全身に使えるため、一度お試し気分で試してみるのもありだと思います♪

 ただし、クレンジング剤として販売されているわけではないため、クレンジングに使う場合には正しい使い方で行うように注意してくださいね。メイクも角栓も綺麗に落として、赤ちゃんのようなもちもち肌を目指しましょう!

【あわせて読みたい】一滴のベビーオイルが洗顔を変える!つっぱらない肌を実感♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


信頼できる定番アイテムが正解!毛穴がスッキリするアイテム3選
 最近、使ってよかった毛穴ケアアイテムを3つご紹介します。もうすっかり「定番アイテム」として定着している商品は、リピート...
アイシャドウが二重の溝に溜まるのが嫌!原因&5つの対処法
 アイメイクをした時、二重の溝にアイシャドウが溜まってしまう……と、悩んでいませんか? 実は、この悩みは、メイクのテクニ...
“エモ顔メイク”で魅力的な女性に♡ 6つの特徴&メイクのコツ
 最近、女性が一番なりたい顔だと言われている「エモ顔」。トレンド感満載のワードですが、中には「“エモ顔”ってどんな顔?」...
ツヤ肌は誰でも作れる♡ メイク&スキンケアの6つの秘訣
 赤ちゃんのようにみずみずしいツヤ肌は、女性なら誰もが憧れるものでしょう♡ でも現実には、加齢や乾燥など、さまざまな原因...
外出時にファンデが乾燥したときの応急処置方法&カサつく原因
 朝、完璧にメイクをしたはずなのに、時間が経つにつれて乾燥し、ファンデが粉吹いてしまう……と悩んでいる女性も多いのではな...
寒い季節の静電気対策!服がまとわりつく原因&防ぐコツ6つ
 寒い季節になると、私たちを困らせる「静電気」。服が体にまとわりついたり、パチっと痛い思いをしたり……と、なにかとストレ...
前髪にワックスをつける時の3つのポイント&上手な使い方♪
 髪型の中でも「前髪」って、目に入ってくる場所ですよね。どうせなら、おしゃれに決めた前髪をキープしたい!と、ワックスを使...
令和の最新オルチャンメイク大公開♡ やり方&5つのポイント
 少し前に大流行した韓国の「オルチャンメイク」。真っ赤なリップに太めの平行眉で美少女を演出したのは昔の話……と思いきや、...
クラシカルもカジュアルもOK♡万能サイドゴアブーツコーデ
 肌寒い季節になってきましたね! 春夏に重宝したスニーカーやパンプスよりも、もう少し足元を暖かくおしゃれしたい気分♡とい...
一年中しっとりボディ♡ 美肌の作り方&心がけるべき生活習慣
 しっとりしていてツヤのある乾燥知らずのボディを手に入れるためには、日々のケアや生活習慣が重要なポイントになります。そこ...
ネイルあるある8選!笑いも失敗も全部“おしゃれ”に変えて♡
 多くの女性がハマっているネイル♡ そんなおしゃれの影には、誰もが体験しているあるあるネタがいっぱい! そこで今回は、ネ...
計るだけダイエットのやり方5STEP!成功させるポイント
 ダイエットにはさまざまな方法がありますが、「どんなに効果がある」と言われる方法でも辛ければ続きません。無理のないダイエ...
新垣結衣が羨ましい…短いバスタイムで美肌ボディを保つコツ
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
くせ毛を活かすアレンジ方法4選!やっかいな髪質を味方に♡
 やっかいなくせ毛。広がってしまったり、いつも同じ方向に流れてしまったりと、悩みは尽きませんよね……。でも、そんなくせ毛...
体重が増えた…太った体をすぐに戻す方法&成功させるコツ♪
「何だか体が重い……」と、久しぶりに体重計に乗ってみると、思ったよりも太っていてビックリ!なんて経験がある人もいるでしょ...
似合う髪型がわからない人必見! オーダーのポイント&注意点
 何年も同じ髪型をしていると、「そろそろ飽きてきたな」と思いながらも自分に似合う髪型が分からず、結局、同じスタイルになっ...