リバウンド予防の5つのコツ!健康的なスタイルを保つには?

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-06-16 06:00
投稿日:2020-06-16 06:00
「せっかくダイエットしたのにリバウンドしちゃった……」そんな経験はありませんか?ダイエットは、ただがむしゃらに運動をしたり、食事制限を行うだけではダメ。健康的にダイエットをすることが、なにより重要なんです。そこで、この記事では、間違ったダイエットでリバウンドをしないためのコツをご紹介します!

そもそも「リバウンド」はなぜ起こるの?

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 ダイエット経験のある人の半分以上が経験しているという「リバウンド」。そもそも、なぜ、リバウンドは起こるのでしょうか?

リバウンドが起こるメカニズム

 短期間で痩せようとすると、どうしても無理なダイエットをしがちですよね。しかし、激しい運動や極端な食事制限をすると、身体の糖分量が低下して基礎代謝を下げてしまうと言われています。

 人間の身体は、常に健康を維持しようとします。一度は体重が減り痩せたと思っていても、身体は正常に戻そうと脂肪を溜め込もうとしてしまいます。たとえば、冬は寒さから身体を守るために脂肪を蓄えるため、ダイエットに向かないと言われるのもそのため。それほど人間の身体は防御システムは、無意識に働いているのです。

 つまりは、正しいダイエットをしないと、リバウンドを繰り返して逆に健康を害してしまう可能性があるということ! リバウンドをしないための予防策を知って、健康的な身体を作りましょう。

スタイルキープしたい! リバウンド予防の5つのコツ

 リバウンドを予防するということは、健康な身体を作ることと同じと言っても過言ではありません。体調の良い変化を楽しみながら、せっかくのダイエットを無駄にしないようにしましょう。ここからは、リバウンド防止に役立つ5つのコツを紹介します。

1. 体重管理を徹底する

 体重管理はダイエットには欠かせないもの。せっかく成功したと思っていても、痩せた安心感から、つい食べすぎてしまう方も多いのではないでしょうか?

 ダイエット中は食事にも気を使うため、食べたいものを我慢する場合がほとんどです。「痩せたからちょっとくらいいいよね?」という甘え心によって、ちょっとが大幅にオーバーすることもあったり。気がついたら体重が元に戻っていた……となったら、せっかくの努力が水の泡です。

 そうならないよう、普段から体重管理をしっかりしておきましょう。毎日体重計に乗ることで自然と食べ物の量やカロリー、種類に気をつけながら摂取することができます。自分の標準体重を把握しておけば、より理想のスタイルに近づけますよ。

2. 糖質制限をしない

 糖は、人間の脳や筋肉を動かすための重要なエネルギー。“糖質はダイエットの天敵”というイメージがありますが、完全にカットしてはいけません。

 糖質制限で体内に糖が不足すると、体は筋肉を分解してエネルギーに変えてしまいます。そこで体重が減ったとしても、実は「脂肪を分解したのではなく、筋肉が減っただけ」という、本来のダイエットとは違った結果になってしまうのです。

 筋肉が減ってしまうと、代謝が低下し太りやすくなるほか、むくみや内臓活動までも低下してしまいます。むやみに糖質制限をせず、少なくとも1日あたり糖質100g以上は摂取するようにしましょう。

過剰な食事制限はリバウンドの元(写真:iStock)
過剰な食事制限はリバウンドの元 (写真:iStock)

3. 筋トレをする

 筋肉を落とすのは、身体にもダイエットにもよくないということを上述しましたが、逆に言うと、筋力をアップさせることで基礎代謝を上げ、太りにくく痩せやすい体質に改善することができます。

 つまり、筋トレをして筋力アップを図ることで、リバウンド予防が可能だということ! 必ずしも、激しい筋トレをする必要はありません。イスに座ったままでできる筋トレもたくさんあるため、無理せず筋力をアップしていきましょう。

4. 無理な断食はしない

 おすすめできないのが、無理な「断食」です。確かに「食べなければ痩せる」のですが、健康的にダイエットをするなら完全な間違いでしょう。

 人間の身体は空腹時が長いと飢餓状態となり、危険を防止するために普段よりもさらに脂肪を溜め込もうとします。要は、逆に太りやすくなるということ。

 また、空腹が続くとイライラしたり、集中力が低下したりと体調にもリスクが生じるため、無理な断食は止めましょう。食べる量や質を健康的に保ちながら摂取することが、リバウンド予防に繋がります。

 ただし、「ファスティングダイエット」など、体に負担をかけずに断食をする方法もあります。正しい知識のもとで行うことで短期間で効果を得られる場合もあるため、気になる方はチェックしてみると良いかもしれません。

【あわせて読みたい】1日でもOK♡ファスティングダイエットを成功させるやり方!

5. 朝起きたら白湯を飲む

 就寝時にはコップ1杯分の汗をかくと言われていますが、起床時の身体はかなりの水分不足状態。朝起きてから何かしらの水分を摂るという方も多いと思いますが、これを「白湯」に変えるだけでリバウンド予防にもなるそう。

 実はこの白湯、東洋医学では「デトックス効果」が抜群にあると言われています。朝に白湯を飲むと、代謝アップ、内臓が温められる、便秘やむくみ解消など、身体にたくさんのメリットがあると言われています。

 水を沸騰させるだけと手軽にできるため、ぜひ、デトックスとリバウンド予防を兼ねて、この機会に試してみてくださいね。

リバウンドを防止しながら健康的で美しいスタイルを♪  

リバウンド知らずの美BODYを(写真:iStock)
リバウンド知らずの美BODYを (写真:iStock)

 男女問わず、ダイエットとリバウンドは切っても切り離せない問題です。せっかく痩せたと思ってもすぐにリバウンドしてしまい、精神的にも疲れてしまうこともあるでしょう。

 そんな時は、家でできる簡単な筋トレや白湯を飲んでみてはいかがでしょうか? 効果を早く出したいからと断食や糖質制限をしてしまう方も多いですが、リバウンドを防ぐためには正しい知識でダイエットを行うことが重要です。ぜひ、ご紹介した5つのコツを頭において、健康的で美しいスタイルをゲットしてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...
アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です...
コンシーラーを上手に使い分けよう♪ 5種類の特徴&選び方
 メイクの仕上がりは、テクニックはもちろん、どんなアイテムを選ぶかがとても重要です。どんなに効果の高いコンシーラーを使っ...
隠さないで! そばかすを活かした“外国人風メイク”のやり方♡
 そばかすは幼い頃からできることが多いので、コンプレックスに感じている女性も多いですよね。でも、実は近年「そばかす女子が...
リップクリームで乾燥知らずのうるツヤ唇に♡選び方&使い方
 唇を乾燥から守ってくれるリップクリーム。「一年中手放せない」という人も多い、必須アイテムのひとつですよね。定番のメンソ...