「モツイタリアン」仕上げに日本酒でフランベする理由は?

コクハク編集部
更新日:2020-08-07 06:00
投稿日:2020-08-07 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・お花茶屋にある居酒屋「東邦酒場」の遠藤泰典さんに、レモンハイと合う「モツイタリアン」のレシピを教えていただきました。

豚のモツ炒めが大変身!

合う酒=レモンハイ、コーヒー焼酎、ワイン(C)コクハク
合う酒=レモンハイ、コーヒー焼酎、ワイン (C)コクハク

 豚のモツ炒めをイタリアンにアレンジした東邦酒場のオリジナル。“モツの魔術師”遠藤さんのセンスが光る逸品です。フレッシュなモツをスライスしたニンニクとトマト、オリーブオイルで炒めると、すっかりイタリアンに変わります。

 ポイントは仕上げに日本酒を加えてフランベすること。モツの臭みが消え、日本酒とトマトのうま味が交わり、どこか懐かしい、親しみやすい味になります。「日本酒はどんなのでも構わないよ」と遠藤さん。

 酒はレモンハイが定番。焼酎にコーヒー豆を入れて漬け込んだ「コーヒー焼酎」も悪くないかも。コーヒーの香りとほろ苦さが食欲をそそります。店では3代目がコーヒー焼酎を作っており、フェイスブックに告知を載せるとあっという間に完売するそう。

 もちろん“イタリアン”だけにワインとの相性も◎。豚バラや牛バラ肉より後味がサッパリしているので白ワインにも合います。豚モツは何にでも変化できる万能食材、煮込みだけではないのです。

【材料】

・豚のこめかみ(なければタン、ハツでも可) 100グラム
・ニンニク  2片
・トマト(中サイズ)  半分
・レタス  4分の1枚
・イタリアンパセリ(なければセロリの葉でも可)
・オリーブオイル  大さじ2
・日本酒  大さじ2
・塩  適宜
・こしょう  適宜
・乾燥パセリ  少々

【レシピ】

1. フライパンにオリーブオイルをひき、スライスしたニンニクとこめかみをソテーし、塩こしょうで味を調える。
2. こめかみに火が通ったら、櫛形切りしたトマトを加える。
3. トマトがしんなりしたら日本酒を加え、フランベする。
4. レタスを敷いた皿に3を盛りつけ、乾燥パセリをふり、イタリアンパセリを添える。

本日のダンツマ達人…遠藤泰典さん

▽えんどう・やすのり
 中学時代から、父である先代と共に店に立ち、17歳から調理系専門学校、バーテンダースクール、ホテルの下ごしらえ専門業者などで修業を重ね、ジャンルレスなメニューを開発。料理のウマさに定評がある。

▽東邦酒場
 昭和32年創業、地元はもちろん、吉田類、銀座ロックフィッシュの間口一就氏も訪れる名店。「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の「きたなシュラン」でも紹介され話題に。葛飾区宝町2―36―8。

(日刊ゲンダイ 2017年8月19日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「ヤリイカと長芋のアヒージョ」熱いものは熱いうちに食す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・六甲の生パスタ専門店「BRABONO」の黒...
健康志向の人に作ってほしい「豆腐と牛ほほ肉のロースト」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
「ジャガイモのにんにく和え」これぞ自家製のポテサラです
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・六甲の生パスタ専門店「BRABONO」の黒...
「糸ウリと焼きナスのひたし」2種類のダシで生まれる味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「じゃがいものガレット」ビストロの定番をおうちで作る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
ホクホクをほおばる「アボカドのタネに見立てたコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
2020-11-24 06:00 フード
「アンコウの酒盗干し」天日で半日干せば極上おつまみ完成!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の老舗和食店「はち巻岡田」の岡田幸造さ...
おうちで簡単に作れる!かぼちゃとベーコンの絶品キッシュ
 急に冷え込む日が続くようになって、一気に季節が冬に移り変わろうとしていますね。冬は、クリスマスやお正月などイベントごと...
ぐっち夫婦 2020-11-22 06:00 フード
真っ白な「ポテトサラダ」じゃがいも=こってりの概念を覆す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・札幌の和食店「酒と肴 類」の菊岡正輝さん...
「南蛮エビなめろう」これぞ酒泥棒!目が覚めるコクとうま味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
削ってレンチン!赤ワインには「パリパリ・パルミジャーノ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
「葉蒜豆鼓炒海瓜子(葉ニンニクとアサリの豆鼓炒め)」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・千歳烏山の台湾料理店「天天厨房」の謝天傑さ...
万能ソースが活躍「マッシュルームとフォアグラのリゾット」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・北新地のフレンチ「カラーズ」の加藤吾郎さん...
「ムール貝とカブのワイン蒸し」塩辛と生米で2度おいしい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフレンチ「銀座エスコフィエ」の東正俊...
裏技テクでじっくり2時間 磯の風味を凝縮した「蒸しアワビ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」は冷めてもおいしい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...