割れたパウダーファンデを復活させる方法!リメイクも可能♡

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-08-12 12:21
投稿日:2020-07-21 06:00
 パウダーファンデーションをうっかり落として粉々に……コスメあるあるではないでしょうか? でも、がっかりするのはまだ早い! ファンデは復活させることができるんですよ♪
 そこで今回は、割れたパウダーファンデーションを最後まで使い切る方法&リメイク術をお伝えします。

【基本編】割れたパウダーファンデーションを復活させる方法

うっかり落として粉々に…(写真:iStock)
うっかり落として粉々に… (写真:iStock)

 まずは、基本編! 割れたパウダーファンデーションを、復活させる方法をお伝えします。少しひび割れた程度か、粉々になっているかで対処法が違うため、ケースごとにお伝えします。

ケース1:少しひび割れた時

 ファンデが少しひび割れた時、そのまま使い続けてしまう方も多いと思いますが、その後、かなりの確率で粉々になるリスクがあるため、早めに対処しましょう。

【必要なもの】

・化粧水
・ラップ

【復活させる方法】

1. ひび割れた部分に、化粧水を少量垂らしてラップを乗せます。
2. ラップの上から軽く押したり、馴染ませるようにして、ひび割れを消します。
3. 乾いたら、完成です。

 化粧水を垂らしすぎてしまうとファンデがべたついてしまうため、少しずつ垂らしましょう。

ケース2:粉々に割れた時

 修復不可能!と思うくらい粉々に割れてしまった場合には、いったん砕いて復活させる方法がベスト。

【必要なもの】

・清潔な袋
・ラップ
・スプーン

【復活させる方法】

1. 粉々になったファンデを清潔な袋に入れて口を閉じ、スプーンで細かく砕きます。
2. パウダー状になったらケースに戻し、ラップを乗せます。
3. 指で均等に力をかけながら、表面がなだらかになるように押し固めます。
4. 冷蔵庫で2〜3時間保管したら、完成です。

 砕く時には、できるだけ細かくすると仕上がりが良くなります。また、指で押し固める際には、縁の部分まで丁寧にプレスするようにしましょう。

 より強度を上げたい場合には、押し固める前に精製水をスプレーすると固まりやすくなるそうです。

復活させたパウダーファンデーションを使う時の注意点

復活させたファンデはブラシで使うこと(写真:iStock)
復活させたファンデはブラシで使うこと (写真:iStock)

 せっかく復活させたパウダーファンデーション。持ちを良くするためにも、注意点をチェックしていきましょう。

早く使い切る

 乳液などを足して復活させた場合、本来の製品には入っていない“不純物”が混ざることになるため、劣化しやすくなるのは否めません。ファンデーションが傷んでしまうと肌に負担となる可能性があるため、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

スポンジよりもブラシが◎! 優しく使う

 復活させたファンデは、スポンジよりもブラシで使うのが◎。スポンジでは、ムラになったり、力加減では再度割れてヒビが入ってしまうことも。優しく使うことが大切です。

外出時には袋に入れる

 復活ファンデは、脆いのが一番の難点。できれば自宅専用コスメにするのがベストですが、もしも外出時に持ち歩きたいという場合には、ジップロックのような袋に入れると、万が一割れてしまっても安心です。

【応用編】割れたパウダーファンデーションのリメイク術

フェイスパウダー感覚で活用(写真:iStock)
フェイスパウダー感覚で活用 (写真:iStock)

 割れたパウダーファンデーションは、一手間かけることでほかのアイテムに早変わりします! 応用編として、リメイク術も見ていきましょう。

乳液で「クリームファンデーション」にリメイク

 割れたパウダーファンデは、クリームファンデーションにすることができます。

【必要なもの】

・清潔な袋
・スプーン
・爪楊枝
・乳液
・ファンデを入れる容器

【リメイクする方法】

1. 粉々になったファンデを清潔な袋に入れて口を閉じ、袋の上からスプーンで細かく砕きます。
2. パウダー状になったら容器に移し、乳液を少しずつ加えながら爪楊枝で混ぜます。
3. 粉感がなくなったら、完成です。

 クリームファンデにリメイクする場合には、とにかく乳液の量の塩梅が大切。一気に入れるのではなく、少しずつ慎重に入れることがポイントです。

 また、リサーチすると、化粧下地を足すという方法もありました。テクスチャや使用感にこだわると、お気に入りのオリジナルコスメを作れますよ。

「フェイスパウダー」or「ルースパウダー」にリメイク

 パウダーファンデをフェイスパウダーやルースパウダーにリメイクするのは、イメージしやすいでしょう。手軽にできるのもメリットです。

【必要なもの】

・清潔な袋
・スプーン
・ファンデを入れる容器

【リメイクする方法】

1. 粉々になったファンデを清潔な袋に入れて口を閉じ、袋の上からスプーンで細かく砕きます。
2. 容器に入れたら、完成です。

 スポンジ付きのパウダー用容器は、100円ショップなどでも手軽に手に入ります。ちなみにこの方法は、チーク割れが起こった時にも応用できますよ。調整しやすいパウダー状の“ぽんぽんチーク”に、早変わりします。

【番外編】割れたチークはワセリンで「練りチーク」にリメイク

割れてしまったチークは?(写真:iStock)
割れてしまったチークは? (写真:iStock)

 パウダーファンデと同じく、割れやすいのが「チーク」。割れたチークをパウダー状にする方法をお伝えしましたが、番外編として「練りチーク」の使い方についてお伝えします。

【必要なもの】

・清潔な袋
・スプーン
・爪楊枝
・ワセリン
・ファンデを入れる容器

【リメイクする方法】

1. 粉々になったチークを清潔な袋に入れて口を閉じ、袋の上からスプーンで細かく砕きます。
2. パウダー状になったら容器に移し、ワセリンを少しずつ加えながら爪楊枝で混ぜます。
3. 粉感がなくなったら、完成です。

 基本的には、パウダーファンデをクリームファンデにリメイクする時と同じです。乳液を足すと粘度が低くなってしまうため、ワセリンがおすすめ。
 ぽんぽんと肌に乗せることで、流行りの血色メイクを作れます。

上手に復活!もうファンデ割れにがっかりしない!

落とさないのが一番だけどね♪(写真:iStock)
落とさないのが一番だけどね♪ (写真:iStock)

 半年に1回……いや、もっと多い頻度でコスメを落としてしまう私。でも、おっちょこちょいゆえに、ファンデを復活する方法をこれまで試してきました。

 正直言うと、割れたパウダーファンデは強度が弱く、再度割れてしまう確率が高いです。(復活したファンデを持ち歩いて再度割れ、バッグの中が粉まみれになった経験も……)

 そのため、パウダーファンデに復活させるのではなく、リメイクで形状を変えて使うのが個人的にはおすすめ! ファンデ割れにがっかりせず、上手に復活させてオリジナルコスメを作ってくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...
アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です...
コンシーラーを上手に使い分けよう♪ 5種類の特徴&選び方
 メイクの仕上がりは、テクニックはもちろん、どんなアイテムを選ぶかがとても重要です。どんなに効果の高いコンシーラーを使っ...
隠さないで! そばかすを活かした“外国人風メイク”のやり方♡
 そばかすは幼い頃からできることが多いので、コンプレックスに感じている女性も多いですよね。でも、実は近年「そばかす女子が...
リップクリームで乾燥知らずのうるツヤ唇に♡選び方&使い方
 唇を乾燥から守ってくれるリップクリーム。「一年中手放せない」という人も多い、必須アイテムのひとつですよね。定番のメンソ...
驚愕!ずぼらな“口腔ケア”がアナタの人生を残酷に変える…!
 口腔ケアを怠ってしまうと、認知症をはじめ、さまざまな病気が起こると問題視されるようになった昨今。しかし、その受け止め方...