いちご鼻が嫌!毛穴悩みを解消する毛穴パックの種類や選び方

コクハク編集部
更新日:2020-01-11 06:43
投稿日:2019-12-09 06:00
 顔の毛穴に悩む女性は多いでしょう。特に、角栓が目立ちやすい「いちご鼻」はメイクでも隠しにくく、至近距離で誰かと話す時などにも気になってしまいますよね。今回は、そんな毛穴悩みを解消するためのアイテム「毛穴パック」の種類や選び方について、詳しくご紹介していきます。

大きく分けて3種類! 毛穴パックの種類&特徴をチェック!

いちご鼻に悩んでいない?(写真:iStock)
いちご鼻に悩んでいない? (写真:iStock)

 毛穴パックというと、貼って剥がすシートタイプのものを想像する方は多いはず。でも、近年では塗るタイプの毛穴パックも人気なんです。まずは、種類&特徴を見ていきましょう。

シートタイプ

 もっともポピュラーな「シートタイプ」は、ご存知の通り毛穴が気になる部分に水分を乗せて貼り付けて、数分後に剥がし取るタイプです。鼻用や部分用など、使いたい部位に合わせた製品を選ぶことができます。

塗った後に剥がすタイプ

 チューブに入った「塗った後に剥がすタイプ」は、洗顔後の清潔な肌に直接貼り付け、数分後に一気に剥がし取るタイプです。鼻だけではなく、顔全体に塗ることができるため、顔中の角質ケアとして取り入れている方も多いよう。黒色のものが多いため角質を確認しやすいことで、爽快感も得られますね。

塗った後に洗い流すタイプ

「塗った後に洗い流すタイプ」は、ジェルやクリームなどさまざまなテクスチャのものがあります。泥パックとしてお馴染み「クレイタイプ」や、塗った瞬間に温まる「温感タイプ」も、近年人気です。

【あわせて読みたい】新説!「毛穴パック」で毛穴は広がらない? 正しいやり方♪

毛穴パック3種のメリットやデメリットは?

黒いパックの爽快感はクセになる(写真:iStock)
黒いパックの爽快感はクセになる (写真:iStock)

 上記でご紹介した毛穴パックには、それぞれメリットとデメリットがあります。どのタイプが自分に合っているのか、チェックしてみましょう。

シートタイプのメリット&デメリット

 シートタイプは毛穴の汚れに対する吸着力が抜群。毛穴の汚れをしっかり取り除くことができるため、クセになってしまう方も多いでしょう。ただ、吸着力が強いことで、まだ育ちきっていない未熟な角質までも取り除いてしまう可能性があります。使用頻度をしっかり守って使うことが肝心ですよ。

【メリット】

・角栓がごっそり取れて気持ちが良い
・産毛の処理もできる

【デメリット】

・貼ることができる部位が限定される(一般的に、鼻・おでこ・顎のみ)
・肌への負担が大きい

塗った後に剥がすタイプのメリット&デメリット

 塗った後に剥がすタイプは、広範囲の毛穴ケアに向いています。顔全体に均等に伸ばさないと部分によって乾いているところ、乾いていないところが出てきてしまい、上手に剥がせないこともあります。

 シートタイプと同じように、肌に必要な角質や油分までも取り除いてしまうため、その後の保湿ケアは念入りに行うことが重要です。

【メリット】

・黒色だと効果がバッチリ見えて爽快感がある
・基本的に顔中に使える

【デメリット】

・使った後に洗い流さなければならないものもある
・肌への負担が大きい

塗った後に洗い流すタイプのメリット&デメリット

 塗った後に洗い流すタイプは、肌への負担が少ないことが一番のポイント。敏感肌、乾燥肌など、肌がデリケート寄りの方には特におすすめです。

 製品によってテクスチャ、香り、成分のバリエーションはさまざま。より自分の好みに合わせて選ぶことができます。

【メリット】

・肌への負担が少ない
・基本的に顔中に使える
・バリエーション豊富なため、好みに合わせて選べる

【デメリット】

・使った後に洗い流す手間がかかる
・コストが比較的高め

【あわせて読みたい】毛穴悩みには自宅ピーリングを♪美肌を作るポイントや注意点

毛穴パックを選ぶ時に注目する3つのポイント

デパコスにも毛穴パックはあるんです♪(写真:iStock)
デパコスにも毛穴パックはあるんです♪ (写真:iStock)

 最後に、毛穴パックを選ぶ時に注目すべきポイントについても確認していきましょう。

毛穴悩みに合ったものを選ぶ

 毛穴の悩みは人によって違います。いちご鼻のように角栓が毛穴に詰まって起こる「黒ずみ毛穴」の場合には、シートタイプや剥がすタイプで一気に改善が見込めますし、加齢によって皮膚がたるむことで起こる「たるみ毛穴」の場合には、毛穴パックの後に肌を引き締めてくれる収れん化粧水などを併用した方が良い場合もあります。

 自分の毛穴悩みにあったものを選ぶことで、より効率良く毛穴悩みを改善することができるため、ぜひ押さえておくべきポイントでしょう。

肌質で選ぶ

 毛穴パックは角質ケアの一環として行うものです。「角質ケア」はよく聞く言葉ですが、安易に行ってしまうと未熟な角質までもが剥がれてしまい、肌トラブルの原因にもなってしまうため注意が必要。

「肌が強く、どんな化粧品を使っても肌荒れしない!」という自信がある方であれば良いかもしれませんが、たとえば敏感肌や乾燥肌の方は塗った後に洗い流すタイプなど、肌に優しい製品を選ぶことも大切でしょう。対してオイリー肌の方には、シートor塗った後に剥がすタイプが向いているようです。

コスパで選ぶ

 毛穴パックを選ぶ上で、コスパも重要でしょう。比較的リーズナブルなシートタイプが有名ですが、実はプチプラ商品だけではなく、デパコスのブランド商品でも毛穴パックは用意されています。

 もちろん週に1度のケアでもある程度の効果は望めますが、毛穴レスの肌を目指すとなると定期的に角質ケアを行って維持していくことが大切。コスパで選ぶ時に注目すべきは、各製品の使用頻度です。週1だけで良いタイプ、毎日使えるタイプなど製品によってさまざまなので、ひと月にかかる費用を計算してみると良いかもしれません。

毛穴パックの種類はさまざま! 自分の用途に合わせて選んで♪

毎日のお手入れも大事(写真:iStock)
毎日のお手入れも大事 (写真:iStock)

 今や、べりっと剥がすタイプだけではなく、毛穴パックの種類は多岐に渡ります。ただ、どんな製品にも共通して言えることは、毛穴の詰まりは継続して行わないと意味がないということ。ごっそり取って綺麗にしても、正しいケアを行わないと再度詰まってしまうため、毎日のケアが必要だということは忘れないようにしましょう。

 毛穴にお悩みの方は、この機会に、毛穴ケアに特化したスキンケアアイテムに新調するのもアリかもしれませんよ♪

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...