定番「ポテトサラダ」でも一味違う…ゴロゴロお肉のお得感

コクハク編集部
更新日:2020-09-12 06:00
投稿日:2020-09-12 06:00
伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷の居酒屋「純米酒 三品」の稲原春香さんに、定番メニューに一工夫「ポテトサラダ」のレシピを教えていただきました。

「肉」を感じるポテトサラダ

合う酒=日本酒(C)コクハク
合う酒=日本酒 (C)コクハク

 居酒屋などでも定番の一品。でも、「三品」のポテサラは一味違います。

 どちらかといえば、マッシュポテトに近い食感。軽めにゆでたジャガイモのシャキシャキ感に、普通のポテトサラダではマヨネーズに負けてしまう卵の風味も舌を楽しませてくれます。

 しかし、それより何よりうれしいのが、厚切りのベーコン。薄切りのハムなどが混ざっているものはありますが、ここまで「肉」を感じるポテトサラダはそうそうお目にかかれません。

「私がベーコンを好きなので、厚く切っているんです。切ったものをそのまま使っていますが、焼いてから入れてもおいしいですよ。これでは物足りない、という人は1センチくらいの厚さに切ってもいいかもしれません。卵の風味が残っているのは、ゆで卵を包丁で切らずにヘラで潰しているからだと思います。水っぽいポテトサラダとは、また違った味わいが楽しめます」

 とは女将の稲原さん。合う日本酒は?

「コクのある、だしのようなうま味がある日本酒が合うと思います」

 新しいポテトサラダに乾杯です。

【材料】

・ジャガイモ 5個
・卵(ゆで卵) 1個
・ベーコンブロック 70グラム
・マヨネーズ 120グラム
・からし 大さじ1
・塩 小さじ2分の1
・コショウ 少々
・玉ねぎ 2分の1
・塩 小さじ1(玉ねぎの塩もみ用)

【レシピ】

(1)ジャガイモの皮をむき、1センチ幅に切って、水からゆでる。串が入る程度まで火が通ったら、お湯を捨ててから弱火にかけて水分を飛ばしながら、木ベラで潰す。
(2)玉ねぎは薄くスライスして、小さじ1の塩を入れてもみ込み、5分ほど水にさらしてから水気をきっちり取る。
(3)ベーコンは5ミリほどの厚さに切る。
(4)ボウルにゆで卵を入れてヘラで潰し、ジャガイモ、玉ねぎ、ベーコン、マヨネーズ、塩、からし、コショウを入れて混ぜる。

本日のダンツマ達人…稲原春香 さん

▼いなはら・はるか
 6年間、西麻布の飲食店で働き、日本酒などの扱いを学ぶ。燗酒が好きなこともあって、「三品」で3代目店長を務めている。

▼純米酒 三品
 坂嵜透オーナーの「燗酒にする酒は安酒、良い酒は冷やで飲む、という間違った先入観をなくしたい」という理念の下、2011年に開店。燗酒メインで日本酒に合う一品も豊富。東京都渋谷区道玄坂2―20―26 藤和エクシール道玄坂B1。

(日刊ゲンダイ2018年9月27日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「豚肉とキャベツ、春雨炒め」モチモチ食感の春雨が主役!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「ナス、トマト、ピーマンの黒酢炒め」底のスープも有効活用
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
新たな無限おつまみ「エノキと千切りキュウリのラー油あえ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
今年の枝豆は“昆布塩水漬け”も仲間入り♡ 2021.6.23(水)
 わーい、わーい。夏のおつまみに欠かせないやつ、今年も枝豆の季節がやってまいりました! 昨夏は取材先のjiubar(東京...
「小ネギと豆腐のゴマ塩あえ」切った材料をあえるだけで完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「アーリオ・ラー油・ペペロンチーノ」自家製ラー油に挑戦!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありませ...
「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...