ニキビ跡をメイクで完全に隠す方法!揃えるべきアイテム4選

コクハク編集部
更新日:2020-07-28 06:00
投稿日:2020-07-28 06:00
 せっかくニキビが治ったのに、しつこく残ってしまうニキビ跡。本当はナチュラルメイクをしたいのに、ニキビ跡に合わせてついつい厚塗りになってしまう……あるあるではないでしょうか? そこで今回コクハク編集部では、ニキビ跡をメイクで完全にカバーするアイテムやコツについてご紹介します!

ニキビ跡を隠すには?揃えるべき4つのアイテムをチェック

ニキビ跡が気になる…(写真:iStock)
ニキビ跡が気になる… (写真:iStock)

 しつこいニキビ跡に対抗するには、優れたメイクアイテムを揃えることから始めましょう。まずは、揃えるべき4つのアイテムをご紹介します。

1. カラー下地

「カラー下地」というのは、ニキビ跡などをはじめとした肌悩みを正反対の色味で消してくれるというアイテム。ニキビ跡だけではなく、しみ、くすみ、赤みなど、色による肌悩みをカバーすることができます。

 ラベンダーやピンク、ブルーやオレンジなど、さまざまな色味がありますが、赤みのあるニキビ跡を消すためには「赤」の補色である「グリーン」のカラー下地がおすすめ。UVカット効果を持つ製品が多いため、顔全体に使うこともできますし、一般的な化粧下地と併用することもできます。

2. コンシーラー

「コンシーラー」も、ニキビ跡を隠すためには欠かせないアイテム。ピンポイントでカバーしたいのであれば、スティックタイプやペンシルタイプを、範囲が広い場合には、クリームタイプなどを使用すると良いでしょう。よりカバー力が高いのは、硬めのテクスチャのものです。

 色味は、肌と同じくらい or 少し暗めのトーンを選ぶのがポイント。赤みがあるニキビ跡にはイエロー系を、茶色のニキビ跡にはベージュ系やオレンジ系で少し暗めのトーンがおすすめです。

3. ファンデーション

 ファンデーションタイプはさまざまですが、軽い仕上がりにしたければパウダータイプがおすすめ。一般的にリキッドやクリームタイプの方がカバー力が高いと言われますが、ニキビができやすい肌質の方の場合には、皮脂によってメイクが崩れやすくなったり、ファンデーションに油分が多いことで新たなニキビが発生しやすくなるというデメリットもあるため、注意が必要。

 ニキビ跡だけではなく、新しいニキビができている場合には、油分が少なくつけ心地が軽いミネラルファンデーションを使用することも検討してみましょう。

4. メイクキープスプレー

 せっかくニキビ跡をカバーしても、時間が経つと気になるのがメイク崩れ。そんな方は、アイテムのもちを良くしてくれる「メイクキープスプレー」を取り入れてみましょう。

 今では、皮脂崩れや乾燥崩れをカバーしてくれるだけではなく、UVカット効果のあるアイテムなど、さまざまなメイクキープスプレーが販売されています。マスクによるメイク崩れも軽減できるため、持っておいて損はしないアイテムですよ。

5STEPでニキビ跡を完全にカバーするメイクのポイント

カラー下地やコンシーラーを味方につけて(写真:iStock)
カラー下地やコンシーラーを味方につけて (写真:iStock)

 アイテムを揃えたら、いざ、ニキビ跡を隠していきましょう。ここからは、5STEPでニキビ跡を完全にカバーするポイントをお伝えします。

STEP1:スキンケアをして肌を整える

 どんなにちゃんとニキビ跡を隠せたとしても、すぐに崩れてしまっては意味がありません。まずは、スキンケアで肌を整えることが肝心です。洗顔後には普段お使いの化粧水、美容液でしっかり肌に水分&栄養補給を。

 皮脂崩れが気になるからと乳液を省く方もいらっしゃいますが、これはNGです。油分不足を感じた肌は、さらに皮脂を分泌させてしまうため、逆にメイク崩れしやすい肌環境を作ってしまいます。乳液などで、肌内部の水分の蒸発を防ぐケアも行うようにしてください。Tゾーンなどメイク崩れが起こりやすい部分は、少なめにつけると良いですよ。

STEP2:化粧下地&グリーンのカラー下地を塗る

 化粧下地で肌の凹凸を整えた後、グリーンのカラー下地をニキビ跡にのせていきましょう。グリーンのカラー下地を顔全体に塗ると肌色が均一に見えるというメリットがある反面、発色が強いことで顔色が悪く見えてしまうというデメリットがあります。ニキビ跡にだけスポットでのせ、部分使いをするのがおすすめです。

 ちなみに、この時点ではニキビ跡は完全には消えません。グリーンのカラー下地を塗りすぎるとメイクがヨレやすくなるため、適量を意識しましょう。

STEP3:ニキビ跡にコンシーラーをのせて馴染ませる

 コンシーラーの使い方が、ニキビ跡を完全に消すカギを握ります。まずは、綿棒やチップなどにコンシーラーを取り、ニキビ跡が気になる部分にスポットでトントンとのせていきましょう。この時、ニキビ跡よりも、気持ち大きめに塗ることがポイントです。

 その後、指の腹を使って周りの肌に馴染ませていきましょう。隠した部分を触り過ぎてしまうと取れてしまうため、丁寧に伸ばしていくと良いですよ。

STEP4:パウダーファンデーションを優しく重ねる

 コンシーラーでニキビ跡が隠れたら、パウダーファンデーションを優しく重ねます。スポンジ or ブラシ、どちらを使っても良いですが、この時肌の上で滑らせてしまうとコンシーラーがヨレてしまう原因になるため、トントンとタップするようにのせていきましょう。

 もちろん、厚塗りは厳禁! メイク崩れが起こりやすくなります。あくまでもナチュラルな仕上がりを意識しましょう。

STEP5:メイクキープスプレーを吹きかける

 仕上げに、メイクキープスプレーを使用します。顔から15cm〜20cmほど離して、顔全体にムラなくスプレーしましょう。スプレー後は乾くまでそのまま放置! 触ってしまうと、せっかくのキープ力が落ちてしまうので、要注意です。

ニキビ跡はメイクで上手に隠せる♪ 日頃のケアも念入りに

ニキビを防ぐことも大事(写真:iStock)
ニキビを防ぐことも大事 (写真:iStock)

 1つでもニキビ跡があると、その日メイクをする楽しさが半減してしまいますよね。でも、そもそもメイクは肌悩みを隠すものではなく肌を美しく魅せるもの。たとえニキビ跡があったとしても、上手にカバーして完全に“なかったこと”にしてしまえば良いんです!

 隠すことを目的としてメイクを行うと、どうしても厚塗りになり、メイク崩れが起こりやすくなるため、メイクを楽しむためにもご紹介した5STEPをマスターしてくださいね。

 また、日頃からニキビができないケアを行うことも大切♪ ぜひ、ニキビ跡をカバーしながら、つるんとした美肌を目指しましょう。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 みなさんは、残暑に特別な美容や肌ケアをしていますか? 紫外線をたくさん浴びて疲れ切った肌は、毛穴の開きや日焼けによる黒...
FILM
 今、話題の「チャイボーグメイク」ってご存知ですか? 近年人気となっていた韓国のオルチャンの次に話題となっているメイク方...
FILM
 バストアップグッズで本当に胸が大きくなるのか、半信半疑の人は多いでしょう。確かに、胸のサイズを1カ月でAカップからEカ...
FILM
 リモートワークやZOOM呑み会が、まだまだ続きそうな昨今。せっかくだから、「オンライン映え」するコツを工夫してみましょ...
FILM
 メイクアイテムにはそれぞれこだわりがあるため、アイシャドウやチーク、リップなどのカラーが「いつも同じ」という人も多いで...
FILM
 最近話題にのぼることの多い「育乳ブラ」。ルルクシェルも育乳ブラを販売するブランドのひとつで、「くつろぎ育乳ブラ」という...
FILM
 スキンケアアイテムを選ぶ時に、とても重要なのが「肌タイプ」です。“乾燥肌”や“脂性肌”などよく聞くワードですが、実際の...
FILM
「美容大国」と呼ばれるほど、美容意識の高い国である韓国。女優やアイドルだけでなく、ソウルの街では老若男女問わず、ツルツル...
FILM
「そげ胸」という言葉を知っていますか? その名の通り、バストの上の方の肉がそげるようにない胸のことです。3年前のある日、...
FILM
 コロナ禍により、自宅で過ごす時間が多くなったこのごろ。「おうち美容」を見直している人も多いのではないでしょうか? お手...
FILM
 彼とのお泊まりデートで一緒にスキンケアを楽しめたら、おうち美容が充実します。女性向けとして発売されているコスメにも、カ...
FILM
 秋の訪れを感じられるこの頃ですが、まだまだ気温も湿度も油断できない日々。「マスクのせいで顔が蒸れて汗ばみ、目元がパンダ...
FILM
 女性にとって、バストは女性らしさの象徴であり、魅力のひとつ。だからこそ、バストサイズや形に悩みを抱えている人も多いので...
FILM
 女性の毎日に欠かせない存在である「ブラジャー」。何気ない時に「ブラがきつい気がする……」と、感じたことはないでしょうか...
FILM
 かかとがガサガサしていると、ひび割れが痛かったり、靴下がひっかかったり……と、悩みが尽きないですよね。しかも、いったん...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。職業的にテレビやラジオの番組に呼んでいただくことがあります。15年ほどで10...