「豆のサラダ」イタリアンの前菜に…時間を置くほど風味がUP

コクハク編集部
更新日:2020-09-05 06:00
投稿日:2020-09-05 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は青森県・青森市のイタリアン「リンチェ」の滝沢英哲さんに、時間を置くほどにおいしくなる「豆のサラダ」のレシピを教えていただきました。

お手軽食材で本格イタリアン

合う酒=白ワイン(C)コクハク
合う酒=白ワイン (C)コクハク

 青森駅から徒歩約10分。「しんまち商店街」に店を構えるのがイタリア料理店「リンチェ」です。滝沢英哲シェフは実に研究熱心な料理人。店で出している牛、豚、鶏肉のさまざまな部位から作ったシャルキュトリー(ハムなどの食肉加工品)は、すべて自家製。東京の某シェフは「シャルキュトリーでは、滝沢さんの右に出る者はいないんじゃない」と絶賛なんですよ。

 また、滝沢シェフは、「北日本神経〆師会」の一員でもあります。全国の有名料理人から支持される「塩谷魚店」の塩谷孝さんが立ち上げたのが〆師会で、魚の最高の味を引き出すことがその目的。そのままでもおいしい青森の魚が、滝沢シェフの手でよりおいしくなります。

 そんな滝沢さんが考えてくれた“ダンツマ”は、簡単に手に入る食材で作れるお料理です。

「紹介する5品は、実際に近所のスーパーで買ってきた食材で作りました。豪華な食材でなくても、特別感のある料理を作れるんですよ」

 トップバッターは、時間を置くほどにおいしくなる豆のサラダ。5品すべて作れば、立派なコース料理になります。

【材料】

・白インゲン豆(レッドキドニーなどでもいい) 230グラム
・ツナ(水煮でもオイル缶でもいい) 70グラム
・玉ネギ 80グラム
・ワインビネガー 適量
・オリーブオイル 適量
・塩コショウ 適量
※分量は2~3人前

【レシピ】

(1)玉ネギは繊維に沿ってスライスし、水に5分ほどつけて辛味を取る。
(2)玉ネギの水気を切り、塩をして揉む。
(3)豆、ツナ(オイル缶ならオイルを切る)、玉ネギを混ぜ、ワインビネガー、オリーブオイル、塩コショウで味付け。味を馴染ませるためにしばらく置く。
(4)作って1~2時間後くらいからが食べ頃。冷蔵庫で3日ほど保存可。
※盛り付けるときに、下にサラダ菜(分量外)などを敷くと美しい。

本日のダンツマ達人…滝沢英哲さん

▽たきさわ・ひでのり
 1974年、青森県青森市生まれ、野辺地町育ち。元マウンテンバイクレーサー。2000年にイタリアへ渡り、現地の料理学校、エミリア・ロマーニャ州ラ・カバンナ、ピエモンテ州オステリア カッシーナ ディ フィオーリのMassimo Milanに師事。04年に帰国。八戸でオステリア デル ボルゴを開店後、15年から青森で同店を開店。

▽リンチェ
 24歳で料理人への転向を考えた時、相談した先輩から「本気なら本場に行った方がいい」と言われ、いきなり渡伊。「絶対にイタリア料理人になる」という強い信念のもと、1日19時間ものイタリア語の勉強をこなし、厳しい修業に耐えた。リンチェの店内にはテーブル席とカウンター席。シェフ手作りのシャルキュトリーをはじめ、酒が進む前菜がこれでもかと載った「お一人様セット」が1500円と破格の値段だ。ぜひ出張や一人旅の時に。青森市新町2―6―18。

(日刊ゲンダイ2018年10月16日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「マッシュルーム、トマト、チーズのホイル包み」肉厚が最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...