ヘルシーおつまみ「アボカドのディップ」糖質を気にする人に

コクハク編集部
更新日:2020-08-19 06:00
投稿日:2020-08-19 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・福島のフランス料理店「ミチノ・ル・トゥールビヨン」の道野正さんに、いろいろ使える「アボカドのディップ」のレシピを教えていただきました。

栄養価が高く糖質を含まないアボカド

合う酒=ビール、白ワイン(C)コクハク
合う酒=ビール、白ワイン (C)コクハク

 アボカドは果物の中で唯一、糖質を含まず、栄養価も高い。ちょっと食べるには最適な食材。トーストの上に盛ってカナッペ風に。 

「昼間はコンビニ弁当とか、炭水化物の摂取が多いビジネスマンはどうしても血糖値が高くなりがちです。夜は糖質の少ないものを食べると、一日の全体のバランスが良くなります。アボカドは血糖値を気にする人に最適です」(道野さん)

 カツ丼、ステーキ、そばのうち、糖質が一番高いのはカツ丼。パン粉を使うし、ご飯に甘いタレがかかっているから。次に糖質が高いのはそば。「健康のために昼はそばだけ」という人がいますが、そばは炭水化物のため、「昼はそばだけ」というのは健康に良くないんです。それだったらほとんど糖質が含まれないステーキの方がマシ。

「健康のためにもアボカドをたくさん食べて下さい。ちょっとじゃなくてお腹いっぱい食べてもいい。手間はタマネギをみじん切りにするぐらい。簡単に作れますし、カナッペ風におしゃれに盛り付ければ、家庭内での株も上がります。ただし、アボカドは変色するので、作り置きはできません。ご注意を」(道野さん) 

 サラダでは物足りないけれど、「胃に負担がかかるものは食べたくない」という時に最適なおつまみ。味も濃厚で、食べ応えもあります。酸味と甘味のバランスが良く、あっさりとしています。クラッカーにのせても、サンドイッチにしてもいいですね。 

【材料】(2人前)

・アボカド 2個
・タマネギみじん切り 大さじ2
・ケッパー 小さじ1
・トマト 1個
・エクストラバージンオ リーブオイル 
 小さじ1
・食パン 6枚切り 2枚

【レシピ】

(1)アボカドは、包丁でタテにぐるりと切れ目を入れ、両手でねじって分割し、種と皮を取り除く。ボウルに入れてスプーンでつぶす。 
(2)タマネギのみじん切りを入れて、さらにつぶしながら混ぜる。瓶詰めのケッパーと瓶に入っている汁小さじ2分の1、塩少量を入れて、最後にオリーブオイルを注ぎ、混ぜて仕上げる。
(3)トマトは、くし形に切る。食パンはトーストにして4等分する。 
(4)皿にスプーンを使って形良くアボカドディップを盛り、トマトとトーストを添える。

本日のダンツマ達人…道野正さん

▽みちの・ただし
 1954年、兵庫県生まれ。同志社大学神学部卒業後、京都のフランス料理店「ボルドー」で7年間修業。31歳で渡仏。3つ星レストラン「ラ・コートドール」、1つ星「ル・ランパール」、2つ星「ジャン・バルデ」で研鑽を積む。帰国後は大阪の「シェ・ワダ」、北海道・旭川の「ハーヴェスト・ロード・ハウス」を経て、90年、大阪・豊中市でフランス料理店「ミチノ・ル・トゥールビヨン」を開業。2009年、大阪・福島区に移転、現在に至る。18年5月、自著「料理人という生き方」を出版。

▽ 「ミチノ・ル・トゥールビヨン」
 この道40年のオーナーシェフは、今でも食への探求心は衰えない。類いまれなセンスとフレンチの概念にとらわれない料理は「前衛的」「異端児」と称され、全国から食通が集う。大阪市福島区福島6―9―11 神林堂ビル1F。

(日刊ゲンダイ2018年8月23日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


新たな無限おつまみ「エノキと千切りキュウリのラー油あえ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
今年の枝豆は「昆布塩水漬け」も仲間入り♡ 2021.6.23(水)
 わーい、わーい。夏のおつまみに欠かせないやつ、今年も枝豆の季節がやってまいりました! 昨夏は取材先のjiubar(東京...
「小ネギと豆腐のゴマ塩あえ」切った材料をあえるだけで完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「アーリオ・ラー油・ペペロンチーノ」自家製ラー油に挑戦!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありませ...
「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「特大ゴボウの唐揚げ」ばくばく食べてしまうこと必至…!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
幻の「3時のおやつ あんぱん」攻略⁉ 2021.6.8(火)
 数量限定、期間限定、地域限定……。「限定」というキーワードに心惹かれる方は多いことでせう(+αで「なくなり次第終了」と...