「たっぷり秋野菜のそば味噌」ひと口食べたらリースリングを

コクハク編集部
更新日:2020-09-23 06:00
投稿日:2020-09-23 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋のドイツ料理が楽しめるワインバー「ワインセラー ローゼンタール」の島田由美子さんに、濃厚なうま味が凝縮された「たっぷり秋野菜のそば味噌」のレシピを教えていただきました。
合う酒=ほのかに甘いリースリング(白ワイン)、軽めのピノノワール(赤ワイン)(C)コクハク
合う酒=ほのかに甘いリースリング(白ワイン)、軽めのピノノワール(赤ワイン) (C)コクハク

 

塩分多めの赤味噌系がオススメ

 そば屋のそば前としてお馴染みのそば味噌。これをなめながら熱燗をチビチビやるのもたまらないものですが、「ワインにはちょっと強烈すぎるので、野菜を混ぜてみました」。

 毎月さまざまなワイン会を企画している島田さん。新そばの季節に「そばとドイツワインの会」を開くにあたり、思いついたのがこのメニューだそう。

「フランスワインの場合は、強烈なもの同士をぶつけて、がっぷり四つに組ませるやり方もありですが、ドイツワインは繊細なので、やさしく寄り添わせることを念頭に置いて料理を作っています。そばにそっと控えている感じでしょうか」

 味噌は好みのものでかまいませんが、仙台味噌など香りが高く、うま味も濃厚で、塩分多めの赤味噌系がオススメです。ひと口食べた後、ドイツの白ワイン、リースリングを口に含むと、ほのかな甘さがそば味噌の芳醇な味わいをやさしく包み込んでくれます。

 カリカリとクリスピーな食感も賑やかなそばの実は、ロシアのボリショイバレエ団のバレリーナたちをはじめ、世界の美女たちがこぞって食べているとテレビ番組で紹介されて以来、日本でもヘルシーフードとして注目されています。

 健康を気にする向きにもうってつけのおつまみです。もちろん、飲みすぎには注意が必要であることは言うまでもありません。

【材料】

そばの実  50グラム
好みの味噌(赤味噌系)100グラム
ヨーグルト 100グラム
日本酒   50ミリリットル
なす         1本
きゅうり    2分の1本
みょうが       1個
大葉         3枚
オリーブオイル  大さじ1

【作り方】

(1)そば味噌を作る。そばの実はフライパンでからいりし、香ばしくなってきたら味噌、ヨーグルト、酒を加え、木べらで練りながら煮詰める。冷まして保存しておくと便利(冷蔵庫で1週間ほど保存可能)。
(2)なす、きゅうりは半月に切り、スライスして塩もみをして水気を搾る。みょうがはみじん切り、大葉は好みの大きさにちぎる。
(3)ボウルにそば味噌を好みの量入れ、オリーブオイルで練る。
(4)2の野菜を加えてよく混ぜる。

本日のダンツマ達人…島田由美子さん

▽しまだ・ゆみこ
 神奈川県相模原市出身。大学卒業後、出版社に2年間勤務の後、フランスに1年遊学。帰国後、ワイン雑誌の編集に3年間携わった後、2003年から「ワインセラー ローゼンタール」の店長となる。15年からオーナー。

▼ワインセラー ローゼンタール
 JR新橋駅銀座口から徒歩7分。ドイツワインと、自家菜園から届く季節の野菜料理が楽しめる大人の気楽な談話室。季節のフェアや月に1度ワイン会も開催。東京都中央区銀座8―7―11 ソワレ・ド・銀座第2弥生ビル8階。

(日刊ゲンダイ2017年10月18日付記事を編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


隠し味はマヨ!「ミンチ入り蓮根饅頭」驚きのふわふわ食感
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに...
「和牛西京漬け」同行カメラマンの口から思わず漏れたひと言
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに...
リピート率No.1「ミノ唐揚げ」 サクッと食感と独特の風味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに...
食べるスープ!「豚肉と春雨・豆腐のピリ辛酸辣小鍋仕立て」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・葛西の「大衆割烹 大菊」の大羽昌美さんに...
レンジで簡単に作れる「木綿豆腐の干しエビ刻み高菜和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・葛西の「大衆割烹 大菊」の大羽昌美さんに...
「海鮮ゴマダレ醤油漬けユッケ風刺し身」ひと手間で別次元!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・葛西の「大衆割烹 大菊」の大羽昌美さんに...
「しらすラーパーツァイ」煙が出るくらいグラグラのごま油を
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木のしらす料理専門店「土佐しらす食堂...
「しらすとたらこのアヒージョ」締めにオイルをご飯にかけて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木のしらす料理専門店「土佐しらす食堂...
「ナポリそば」麺は茹でずにレンジでチン!パスタよりも簡単
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・上野の沖縄そば店「みやら製麺」の宮良隆生...
「フーチャンプルー」隠し味はお酒!麩がつるっとふわふわに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・上野の沖縄そば店「みやら製麺」の宮良隆生...
「モズクの天ぷら」ふわっとした衣に感動!独特の食感のワケ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・上野の沖縄そば店「みやら製麺」の宮良隆生...
冬の鶏料理!フライパンで簡単煮込むだけで頬っぺた落ちる!?
 フライパン1つでおいしく仕上がる料理! 忙しい日はそんな料理があったら嬉しいですよね。今回はおなじみの鶏もも肉をおいし...
ぐっち夫婦 2021-01-31 06:00 フード
「砂肝とセロリの麻辣和え」食感がこれまでの砂肝とは別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、2年連続でミシュランのビブグルマンに輝いた大阪...
「カレー風味酢豚」カレー粉とお酢のコラボで絶妙な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、2年連続でミシュランのビブグルマンに輝いた大阪...
「枝豆の中国風おつまみ」口に入れた瞬間スープがジュワッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、2年連続でミシュランのビブグルマンに輝いた大阪...
「しいたけと食べるラー油のオーブン焼き」食感に秘密あり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...