「イチジクとイワシの白和え」スパークリングワインのお供に

コクハク編集部
更新日:2020-11-08 06:00
投稿日:2020-11-08 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・学芸大学のイタリアン「あつあつ リ・カーリカ」の堤亮輔さんに、サラダ風に食べる「イチジクとイワシの白和え」のレシピを教えていただきました。

リコッタチーズで和えない白和え

合う酒=スパークリングワイン(C)コクハク
合う酒=スパークリングワイン (C)コクハク

「ダンツマって、女子受けするツマミを男性が作るイメージですよね」と堤シェフ。確かに、自宅に女性を招いてスパークリングワインとともにこの一品を出したら、「イヤー、カワイイ! ここまで作れちゃうなんて、すご~い!」と株が上がること確実。

 “白和え”と言いながら、和えずにのせるスタイルで、主役はイチジクとイワシ。トマトとアボカドを添えて、サラダ風の仕上がりに。とろ~りクリーミーな衣は、豆腐ではなく、リコッタチーズを使っているので、イタリアン白和えといったところ。

 滑らかさの秘訣は「塩を入れること」で、隠し味程度に白醤油を加えてコクと風味もプラス。イチジクと青魚とは、なんとも意外な組み合わせですが、酢で締めたイワシの酸味がイチジクの甘味を引き立て、レモンとオリーブオイルでマリネしたトマトとアボカドの酸味も加わって、きりっとした味わいに。

 すっきりとした泡との相性も抜群です。

【材料】

・イチジク 2個
・イワシの酢締め 2分の1尾
・ミニトマト 2個
・アボカド 4分の1個
・バジル 3枚

 A 
リコッタチーズ 100グラム
レモン汁 3グラム
白醤油 3グラム
塩 3グラム
オリーブオイル 少々

 B  
レモン汁 4分の1カップ
オリーブオイル・塩 各適量

【レシピ】

(1)Aをすべてフードプロセッサーに入れ、滑らかになるまで攪拌(かくはん)して白和え衣を作る(フードプロセッサーがない場合は泡立て器でもOK)。
(2)イチジクは6分の1にカットし、イワシの酢締めはそぎ切りにする。
(3)ミニトマトは4分の1にカットし、アボカドは食べやすい大きさに切ってボウルに入れ、Bを加えて混ぜ合わせる。
(4)皿に1の白和え衣を敷き、2のイチジクをのせ、その上にイワシをのせる。
(5)3を彩りよく散らして、仕上げにバジルの葉を飾る。

本日のダンツマ達人…堤亮輔さん

▽つつみ・りょうすけ
 1978年、熊本県生まれ。大学生のとき、居酒屋とイタリア料理店でのアルバイトを機に料理人を志し、中退して1年間イタリアへ。帰国後、辻調理師専門学校で学び、フランス料理店で3年間働いた後、イタリア料理へ。東京・駒沢「トゥ セイ グランデ」の料理長を経て、2013年に学芸大学に「オステリアバル リ・カーリカ」、15年に都立大学に「カンティーナ カーリカ・リ」、17年に学芸大学に「あつあつ リ・カーリカ」を開く。

▽あつあつ リ・カーリカ
 東急東横線学芸大学駅から徒歩2分。イタリアの郷土料理をベースに、和のテイストも織り交ぜた創作料理と自然派ワインが楽しめるバル。わずか7坪の店内はカウンター12席とスタンディングのみ。東京都目黒区鷹番2―20―4。

(日刊ゲンダイ2018年12月1日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...