あぶらとり紙で肌トラブルが起こる!?正しい使い方&注意点

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-06-10 06:26
投稿日:2020-06-10 06:00
 肌がべたついたり、テカってくると気になるもの。そんな時、あぶらとり紙を使ってケアしている人も多いでしょう。しかし、普段何気なく使っているあぶらとり紙が、実は肌トラブルの原因になることもあるんですよ。
 そこで今回は、あぶらとり紙の正しい使い方と注意点についてご紹介します。

使い方次第で逆効果に…! あぶらとり紙の正しい使い方

 朝、バッチリ決まったメイクでも、時間が経つと皮脂が浮いてきてテカりが気になってくる方は多いでしょう。そんな時役立つのが「あぶらとり紙」。でも、このあぶらとり紙の正しい使い方を知らない人が、意外と多いようなんです。

 まずは、正しい使い方をチェックしていきましょう。

1. 脂っぽい部分にだけ使う

 メイク直しの際、あぶらとり紙を顔全体に使っている人も多いでしょう。確かに、メイク直し前に、事前に顔を綺麗にケアしておきたくなる気持ちは分かります。

 しかし、あぶらとり紙の用途はあくまでも余分な皮脂を落とすことにあります。顔全体に使ってしまうと、乾燥しやすい頬やあごの皮脂を落としてしまうため、注意が必要。あくまでもTゾーンなど、べたつきが気になる箇所だけに使用するようにしましょう。

2. 擦らずに皮脂を落とす

 肌のべたつきやテカリが気になると、ついついゴシゴシと擦ってしまう人もいるようですが、これはNG! 擦ってしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまいますし、摩擦による肌への負担も大きくなってしまいます。

 あぶらとり紙は、優しく肌にあてる程度で十分なことを覚えておきましょう。

3. 皮脂をとったら化粧水をプラス

 ベタつきが残ったままだと、綺麗にメイク直しをしてもメイク崩れが起こりやすくなってしまうため、皮脂を取り除いてくれるあぶらとり紙は頼もしい存在。

 しかし、皮脂を落とした後は肌の乾燥が起こりやすくなるため、化粧水などを使って保湿ケアをするのがベター。ミスト化粧水などを併せて持ち歩くと便利ですね。

 ちなみに、保湿成分が配合されているミスト化粧水を使うと、潤いを長時間保つことができるため、メイク崩れ予防にも最適です。

4. あぶらとり紙は暑い時期だけ使う

 あぶらとり紙を季節や環境問わず、1年中使っている人も多いはず。特に皮脂量が多い脂性肌の人は、テカリが気になるために過度に使っている人も多いでしょう。

 しかし、あぶらとり紙は夏場など暑い時期だけ使うことがおすすめ。冬場の乾燥しやすい時期に使用すると、過度に皮脂を奪ってしまい、逆に肌が皮脂を分泌させようとしてベタつきやすい肌質になってしまうこともあるので注意しましょう。

5. メイク直し以外の皮脂メンテはティッシュで十分

 顔の皮脂が気になるのは、メイク直しの時だけではないはず。仕事中、休憩中などにふと「べたついているな」と思うこともあるでしょう。

 そんな時には、あぶらとり紙ではなくティッシュオフもおすすめです。肌の水分と油分のバランスを崩しすぎないため、メイク持ちも良くなりますよ。コスパ面でも◎ですね!

【あわせて読みたい】あぶらとり紙よりティッシュが優秀!肌に優しい皮脂オフ方法

意外と知らないあぶらとり紙の5つの注意点

 あぶらとり紙は余分な皮脂を落とし、メイク崩れを予防したり、テカリをケアすることができる嬉しいアイテム。しかし、使い方を間違えてしまうとデメリットとなることもあります。意外と知らない注意点を見ていきましょう。

1. 必要以上に使わない

 脂性肌の人やニキビに悩んでいる人は、「肌がべたついてくると、すぐにあぶらとり紙でケアしている」という人も多いでしょう。

 しかし、あぶらとり紙で必要以上に皮脂を落としてしまうと、必要な皮脂までも取り除いてしまい、肌に潤いがなくなります。その結果、肌乾燥が起きるリスクが高まってしまうため、過度な使用には注意が必要です。

2. 乾燥している時には使わない

 メイクポーチにあぶらとり紙が入っている人は、「皮脂を落としてからメイク直しをする」という習慣がついてしまっているかもしれません。

 しかし、あぶらとり紙を使う目的は、あくまでも不必要な皮脂を落とすため。肌が乾燥している時、乾燥しやすい季節、環境の場合には無理に使う必要はありません。

3. 擦ったり叩いたりしない

 あぶらとり紙を使う時、「しっかりとべたつきを落とさなければ」という気持ちがあるため、肌を擦ったり叩いたりして皮脂を落とそうとする人がいます。 

 しかしこれでは、肌にとっては大きな刺激となってしまいますし、肌に赤みが出てしまうこともあります。優しく丁寧に、肌にあてる程度で使用することを意識しましょう。

4. 皮脂の落とし過ぎで肌トラブルを起こすことも

 皮脂というと、「肌にとっては良くないもの」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、そもそも皮脂は、肌を保湿するという役割を持っています。皮脂があることで肌内部からの水分蒸発が抑えられ、バリア機能が保たれているのです。

 必要以上に皮脂を落としてしまえばバリア機能が弱くなり、肌トラブルを起こしやすくなってしまうため、あぶらとり紙を使用する際には適度に落とすことを心がけるようにしましょう。

5. 使いすぎると逆に皮脂分泌が活発になることも

 肌のべたつきやテカリが気になる人の中には、脂性肌寄りの人も多いはず。そんな人は、常に皮脂を落とそうと努力しているかもしれませんね。

 しかし、一日に何度もあぶらとり紙を使って皮脂を落としてしまうと、肌は「皮脂が足りない」と感じてしまい、皮脂分泌によるべたつきが今よりも悪化する恐れがあります。

 日々、保湿ケアを重点的に行い、脂性肌を根本的に改善できるようなアプローチを行うことも大切かもしれませんね。

あぶらとり紙は正しく使うことが肝心♪

 メイク直し前にあぶらとり紙を使うと、余計な皮脂を落とすことができます。その結果、ファンデーションのノリも良くなり、メイク崩れを防ぐ効果も得られるでしょう。

 しかし、ご紹介したように間違ったあぶらとり紙の使い方をすると、肌トラブルの原因となってしまう可能性があるため注意が必要です。

 あぶらとり紙を上手に使ってメリットだけを得られるよう、注意点を頭に入れて正しく使ってくださいね。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...