メイク前にオイルを使うのはあり? 気になる乾燥対策4選!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-13 06:00
投稿日:2020-11-13 06:00
 乾燥が気になる時期、保湿のためにオイルを使っている方も多いでしょう。そこで出てくるのが、「朝のスキンケア時にオイルを使用して、その後メイクをしても大丈夫?」という疑問。この記事では、メイク前にオイルを使うことの是非について、お答えしていきます。

メイク前にオイルを使うのって良くないの?

ベストなタイミングで使いたい(写真:iStock)
ベストなタイミングで使いたい (写真:iStock)

 一口に「オイル」と言っても、市販のクレンジングオイルに使用されるようなミネラルオイル(炭化水素油)から、皮膚を保護するための動植物系のオイル(油脂)まで、さまざまあります。今回は特に、後者の動植物系のオイルについて触れていこうと思います。

オイルの役割は膜を作ること

 まず、お伝えしたいのがオイルの役割についてです。動植物系のオイル(油脂)を塗ることでしっとりした感触になるのは、ご存知の通り。動植物の皮膚から作られるようなオイルは、角層の柔軟効果がある油性成分で肌の表面に皮脂のような膜を作り、肌内の水分の蒸発を防ぐ働きがあります。

 実は、こういったオイルを単体で使用しても、あまり保湿効果は見込めないと言われています。肌が乾燥している時には、水溶性成分の多い化粧品で先に肌内部の水分を補うことの方が重要! よく「化粧水、美容液、乳液の順番で保湿」と言われるのは、このためですね。乳液やオイルは油性成分なので、最後にフタをするイメージで使うと良いでしょう。

メイク前にオイルを塗るとヨレる可能性が!

 オイルにはメリットもたくさんありますが、朝のメイク前に使うのはおすすめできません。理由は、オイルの油性成分が、メイクアップ化粧品の油性成分と反応して溶けてしまうから。

 動植物系のオイルは人間の皮脂にとても似ているものなので、外部から補ったとしても「皮脂崩れ」と同様の現象が起こってしまい、メイクのヨレや崩れにつながってしまいます。

メイク時に乾燥が気になる時はどうすればいい? 4つの対策!

保湿系の下地を使えば崩れにくい(写真:iStock)
保湿系の下地を使えば崩れにくい (写真:iStock)

 スキンケアにオイルを導入されている方は、そもそも肌の乾燥が気になるからこそオイルを使用していることが多いでしょう。そこでここからは、メイク時に乾燥が気になる時のスキンケア方法や対策について、ご紹介していきます。

1. プレ化粧水を取り入れる

 朝のメイク前のスキンケアは、夜のケアとアイテムを変えるのが得策です。保湿のためには、水溶性成分が多く入っている「プレ化粧水(導入化粧水)」「化粧水」「美容液」をメインで使うのがおすすめ。

 順番としては、事前にプレ化粧水を使い、その後の化粧水の浸透を高めます。そして化粧水、美容液の順番でつけて、最後に油性成分の乳液をつけましょう。乳液はサラッとした感触のものを少量だけつけるようにすれば、メイクへの影響が少なくて済みますよ。

 あまりおすすめできませんが、どうしてもオイルをメイク前に使用したい場合は、肌の表面に残りすぎないようにほんの少量だけつけるようにしましょう。

2. 保湿系のメイク下地を使う

 もしも肌の乾燥が気になるなら、無理にオイルで保護するよりも保湿効果の高いメイク下地を使うのがおすすめです。乾燥によるメイク崩れを防ぐには、保湿タイプの下地を用いて潤いを保ち続けるのが得策! 地味なイメージのある化粧下地ですが、実は選び方がとても大切なんですよ♡

 注意したいのが、乾燥による化粧崩れが起きているのに、皮脂崩れに特化した下地を使ってしまうこと。皮脂崩れ用のアイテムは、基本的には混合肌や脂性肌に合うアイテムのため、乾燥肌とは相性が悪い場合があります。

 ちなみに、動植物系のオイルをスキンケア時に大量に使ってしまうと、化粧下地を弾いてしまってうまくベースメイクが乗らないという場合もあるようです。

3. ベースはミネラル入りのBBクリームがおすすめ

 ベースメイクアイテムも、肌質によって選び方を変えてみましょう。特にパウダータイプのファンデーションは皮脂を吸収するため、乾燥しやすいアイテムです。もともと乾燥しやすい方におすすめなのは、ミネラル入りのBBクリームやクッションファンデーションなど。液状になっていて、保湿に特化しているベースアイテムですね。

 また、「汗や皮脂に強いウォータープルーフ」系のアイテムも、洗浄力の強いクレンジングを必要とするので、乾燥がひどくなる場合があります。必須ではない場合は、避けてみても良いかもしれません。

4. ボリューマーで手持ちファンデを格上げ

 リキッド系のファンデーションを使っていても乾燥するという場合は、「ボリューマー」というアイテムを使ってみてください。もともとはマットな質感のファンデーションに水光肌のツヤをプラスするためのアイテムでしたが、実は、肌を保湿してくれる効果もあるんですよ♡ 手持ちのファンデに少量混ぜるだけで使えるので、ぜひ試してみてくださいね。

オイルは朝のメイク前ではなく夜ケアに使おう♡

夜にしっかり仕込みましょ♪(写真:iStock)
夜にしっかり仕込みましょ♪ (写真:iStock)

 夜に動植物系のオイルを使うと肌が柔らかくしっとりした感触になりますが、朝のメイク前に使うとメイクが崩れやすくなるので、事前の保湿はプレ化粧水や美容液で行いましょう。

 そして、肌の乾燥を防ぎたいなら、ベースメイクに使う下地やファンデーションなども工夫してみるのがおすすめ。今は乾燥肌に特化したアイテムもたくさん販売されているので、あなたの生活に応じて選び直してみると良いでしょう。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...