メイク前にオイルを使うのはあり? 気になる乾燥対策4選!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-13 06:00
投稿日:2020-11-13 06:00
 乾燥が気になる時期、保湿のためにオイルを使っている方も多いでしょう。そこで出てくるのが、「朝のスキンケア時にオイルを使用して、その後メイクをしても大丈夫?」という疑問。この記事では、メイク前にオイルを使うことの是非について、お答えしていきます。

メイク前にオイルを使うのって良くないの?

ベストなタイミングで使いたい(写真:iStock)
ベストなタイミングで使いたい (写真:iStock)

 一口に「オイル」と言っても、市販のクレンジングオイルに使用されるようなミネラルオイル(炭化水素油)から、皮膚を保護するための動植物系のオイル(油脂)まで、さまざまあります。今回は特に、後者の動植物系のオイルについて触れていこうと思います。

オイルの役割は膜を作ること

 まず、お伝えしたいのがオイルの役割についてです。動植物系のオイル(油脂)を塗ることでしっとりした感触になるのは、ご存知の通り。動植物の皮膚から作られるようなオイルは、角層の柔軟効果がある油性成分で肌の表面に皮脂のような膜を作り、肌内の水分の蒸発を防ぐ働きがあります。

 実は、こういったオイルを単体で使用しても、あまり保湿効果は見込めないと言われています。肌が乾燥している時には、水溶性成分の多い化粧品で先に肌内部の水分を補うことの方が重要! よく「化粧水、美容液、乳液の順番で保湿」と言われるのは、このためですね。乳液やオイルは油性成分なので、最後にフタをするイメージで使うと良いでしょう。

メイク前にオイルを塗るとヨレる可能性が!

 オイルにはメリットもたくさんありますが、朝のメイク前に使うのはおすすめできません。理由は、オイルの油性成分が、メイクアップ化粧品の油性成分と反応して溶けてしまうから。

 動植物系のオイルは人間の皮脂にとても似ているものなので、外部から補ったとしても「皮脂崩れ」と同様の現象が起こってしまい、メイクのヨレや崩れにつながってしまいます。

メイク時に乾燥が気になる時はどうすればいい? 4つの対策!

保湿系の下地を使えば崩れにくい(写真:iStock)
保湿系の下地を使えば崩れにくい (写真:iStock)

 スキンケアにオイルを導入されている方は、そもそも肌の乾燥が気になるからこそオイルを使用していることが多いでしょう。そこでここからは、メイク時に乾燥が気になる時のスキンケア方法や対策について、ご紹介していきます。

1. プレ化粧水を取り入れる

 朝のメイク前のスキンケアは、夜のケアとアイテムを変えるのが得策です。保湿のためには、水溶性成分が多く入っている「プレ化粧水(導入化粧水)」「化粧水」「美容液」をメインで使うのがおすすめ。

 順番としては、事前にプレ化粧水を使い、その後の化粧水の浸透を高めます。そして化粧水、美容液の順番でつけて、最後に油性成分の乳液をつけましょう。乳液はサラッとした感触のものを少量だけつけるようにすれば、メイクへの影響が少なくて済みますよ。

 あまりおすすめできませんが、どうしてもオイルをメイク前に使用したい場合は、肌の表面に残りすぎないようにほんの少量だけつけるようにしましょう。

2. 保湿系のメイク下地を使う

 もしも肌の乾燥が気になるなら、無理にオイルで保護するよりも保湿効果の高いメイク下地を使うのがおすすめです。乾燥によるメイク崩れを防ぐには、保湿タイプの下地を用いて潤いを保ち続けるのが得策! 地味なイメージのある化粧下地ですが、実は選び方がとても大切なんですよ♡

 注意したいのが、乾燥による化粧崩れが起きているのに、皮脂崩れに特化した下地を使ってしまうこと。皮脂崩れ用のアイテムは、基本的には混合肌や脂性肌に合うアイテムのため、乾燥肌とは相性が悪い場合があります。

 ちなみに、動植物系のオイルをスキンケア時に大量に使ってしまうと、化粧下地を弾いてしまってうまくベースメイクが乗らないという場合もあるようです。

3. ベースはミネラル入りのBBクリームがおすすめ

 ベースメイクアイテムも、肌質によって選び方を変えてみましょう。特にパウダータイプのファンデーションは皮脂を吸収するため、乾燥しやすいアイテムです。もともと乾燥しやすい方におすすめなのは、ミネラル入りのBBクリームやクッションファンデーションなど。液状になっていて、保湿に特化しているベースアイテムですね。

 また、「汗や皮脂に強いウォータープルーフ」系のアイテムも、洗浄力の強いクレンジングを必要とするので、乾燥がひどくなる場合があります。必須ではない場合は、避けてみても良いかもしれません。

4. ボリューマーで手持ちファンデを格上げ

 リキッド系のファンデーションを使っていても乾燥するという場合は、「ボリューマー」というアイテムを使ってみてください。もともとはマットな質感のファンデーションに水光肌のツヤをプラスするためのアイテムでしたが、実は、肌を保湿してくれる効果もあるんですよ♡ 手持ちのファンデに少量混ぜるだけで使えるので、ぜひ試してみてくださいね。

オイルは朝のメイク前ではなく夜ケアに使おう♡

夜にしっかり仕込みましょ♪(写真:iStock)
夜にしっかり仕込みましょ♪ (写真:iStock)

 夜に動植物系のオイルを使うと肌が柔らかくしっとりした感触になりますが、朝のメイク前に使うとメイクが崩れやすくなるので、事前の保湿はプレ化粧水や美容液で行いましょう。

 そして、肌の乾燥を防ぎたいなら、ベースメイクに使う下地やファンデーションなども工夫してみるのがおすすめ。今は乾燥肌に特化したアイテムもたくさん販売されているので、あなたの生活に応じて選び直してみると良いでしょう。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


デスクワークの運動不足を解消! 簡単なストレッチ&筋トレ
 コロナ禍の昨今、 PC作業や資料作成などで連日長時間デスクワークをしている方も多いですよね。座っている時間が長時間続く...
儚げメイクで守りたくなる♡ 色素薄い系モテ女子になる方法
 最近話題の「儚げメイク」をご存知ですか? 儚げメイクとは、気だるくどこか儚げで色素が薄く、つい守りたくなってしまう女性...
リモート&オンライン会議で映えるメイクの4つのポイント♡
 コロナ禍で、リモートワークをする機会が増えた昨今。ZOOMやSkypeを使ったオンラインのビデオ会議が、もはや日常の風...
時短で華やか♡ 毛先の“ワンカール巻き”を徹底レクチャー!
「朝から、きちんと髪の毛を巻く時間がない!」……そんな時でも、何もしないで出掛けるわけにいかないのが、私たち女性の本音で...
“白髪染め”と“カラー”の違いは?自宅で染める4つのコツ
 少しずつ顔周りの白髪が気になり始めると、「白髪染め」と「ヘアカラー」どちらが良いのか悩んでしまいますよね? 実際、白髪...
三日坊主脱出! ウォーキングを続ける4つのコツ&メリット♡
 ウォーキングは、どこでも簡単にできる有酸素運動として人気のトレーニングのひとつ。継続して行うことで、美容面に嬉しい効果...
VIO脱毛で人気の形はどれ? アンダーヘアの形おすすめ3選♡
 最近、雑誌やSNSなどで、頻繁に話題にのぼることも多くなった「VIO脱毛」。まだ施術はしていないものの、ひそかに注目し...
“色素薄い系メイク”って? 特徴やメイク方法を徹底解説♡
 近年、SNSを中心に、さまざまなコンセプトのメイクが発信されていますよね。しかし、なかなかイメージできないのが、「色素...
グラマーな女性ってやっぱりモテる? 体型の特徴&魅力とは
 よく、「グラマーな女性」という言葉を聞きますが、あなたはこの、「グラマー」にどんなイメージをお持ちでしょう? バスト...
コラーゲン美容でお肌プルプルに♡ 美肌を作るケア方法5選
 コラーゲンが肌に良いというのは、多くの女性が知っている知識でしょう。実際、肌ケア目的で「コラーゲン配合」と書いてあるス...
クールな男顔→可愛い女顔に変身♡メイクで女性らしい印象に
 最近話題の「男顔or女顔診断」、あなたは試したことはありますか?そんな中、「自分は男顔タイプだけれど、女顔タイプの雰囲...
内巻き・外巻き・ミックス巻き…失敗ゼロ!な巻き髪のコツ♡
 ヘアアレンジの方法をインターネットで調べると、「まずは、ミックス巻きをしておきます」や「軽く巻いておいて」などの表現が...
肌の凸凹をなんとかしたい…原因&メイクでカバーする方法!
 大きいニキビができると、その後肌に凹凸が残ってしまうことってありますよね。このようにニキビ跡にできた凹凸のことを“クレ...
着痩せコーデのコツ&太ってる人が5キロ痩せて見える服3選
「最近、太ってきたな」と、一生懸命ダイエットに挑戦しては挫折している人って多いですよね。そんな人におすすめしたいのが、「...
安いけど…セルフ縮毛矯正の効果はある?頻度・値段・やり方
 やっかいなくせ毛の悩みを解決してくれる「縮毛矯正」。でも、美容院でやると値段も高いし、時間もかかってしまいますよね……...
2021年最新!雑誌の付録でおこもりケア♡ 自分磨きで美肌get
 冬休み中の自分磨きに、部屋も肌も大掃除してみてはいかがでしょうか? 旅行やパーティーなどができない今だからこそ、おこも...