一重まぶたのメリット5つ!美人に見えるメイク方法もご紹介

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-08 06:00
投稿日:2020-10-08 06:00
 一重まぶたの人で、二重に憧れている人は多いでしょう。でも、実は一重まぶたにもメリットがたくさんあるんですよ。実際、女優の木村多江さんや吉瀬美智子さん、モデルのりょうさんのように一重美人の人も多いですよね。そんな一重美人の人は、一重のメリットを理解して自分のものにしている印象があります。そこで今回は、一重のメリットや、美人に見えるメイク方法などをご紹介します!

【一重まぶたのメリット5つ】デメリットばかりじゃない!

一重だからこそ似合うメイクも(写真:iStock)
一重だからこそ似合うメイクも (写真:iStock)

 それではまず、一重まぶたのメリットからご紹介しましょう。二重まぶたにはない魅力を、たくさん見つけてくださいね。

メリット1. 若く見える

 一重の人はまぶたの脂肪が多い場合があり、将来シワになりにくいと言われています。さらに、たるみの原因となる外気の刺激にさらされる面積が少ないため、二重の人よりも老けにくく、若く見えることが多いようです。

メリット2. 外国人にモテる

 日本ではコンプレックスに感じてしまうことの多い一重まぶたですが、実は海外では「アーモンドアイ」とも呼ばれ、東洋のエキゾチックなアジアンビューティーのイメージでモテるんですよ♡ パリコレなどを見ていても、切れ長の一重美人のモデルはたくさんいますよね。それだけ外国人には、一重まぶた人気が高いのです。

メリット3. 和服が似合う

 和服は、二重の人よりも切れ長の一重まぶたの人の方がよく似合います。二重の人は可愛らしさが際立つ印象ですが、一重の人は流し目でミステリアスな独特の雰囲気があります。着物を着た時に、「和風美人」と呼ばれることも多いでしょう。

メリット4. 知的でクールな女性に見える

 二重まぶたの人に比べて、一重まぶたの人は知的でクールな印象を与えることができます。特に、子供っぽい女性よりも、大人っぽい雰囲気の女性が好みの男性に好かれる傾向にあるでしょう。伏せ目がちで物静かなクールビューティーは、男性から見てとても魅力的なのです。

メリット5. 笑顔のギャップがかわいい

 時に少しきつい印象に見られがちな一重ですが、意外にも一重の女性の笑顔に弱い男性はたくさんいます。特に、笑った時に目がなくなるのがかわいいという声が多く、心から楽しそうな顔に「守ってあげたい」と思ってしまうようです。

一重美人に学ぶ♡ 一重の特徴別メイクのコツ

アイメイクはブラウン系で陰影を作る(写真:iStock)
アイメイクはブラウン系で陰影を作る (写真:iStock)

脂肪が多い「腫れぼったい一重」のメイクのコツ

 脂肪が多い一重の人は、レッド系やパール、ラメの多いアイシャドウはNG。さらに腫れぼったい印象になってしまいます。アイシャドウは、ブラウン系がベストでしょう。塗り方は、単色塗りではなくグラデーションにして陰影を作るように塗るのがおすすめです。

 アイラインは、目頭から目尻まで太めに引きましょう。目尻は、5mmほど長めにアイラインを引くことで、切れ長な印象に仕上げることができます。

すっきりした「切れ長一重」のメイクのコツ

 切れ長一重の人は、どうしてもきつい印象に見えがち。そこで、優しい印象に仕上げるアイメイクがおすすめです。ポイントは、下まぶたに淡いピンクのアイシャドウを塗って縦の丸みを出すこと。

 また、アイラインの色は漆黒よりも優しい色のブラウンを選びましょう。アイシャドウは、ブラウン系が◎。立体的に見せるためのハイライトを仕込むことで、印象ががらっと変わりますよ。

二重にはならないの? 一重まぶたにまつわる噂を調査!

老けにくいって本当?(写真:iStock)
老けにくいって本当? (写真:iStock)

 最後に、一重まぶたに関する噂を調査してみました。一重のメリットはわかったけれど、やっぱり二重に憧れる……。そんなあなたにきっと役立つ情報ですよ♡

一重が老けにくいのは本当?

 その人が持つまぶたの状態も関係してきますが、脂肪の多い一重の人の場合、たるみが生じにくく、老けにくいといえるのは事実です。ただし、一重の人でも二重になりたいがために、何度も摩擦したりマッサージを繰り返したりしていると、たるんでしまって老けた印象になることもあるので、気をつけましょう。

年を取ってから二重になることはある?

 アイプチなどを繰り返し使用して二重の癖がついた場合や、痩せて脂肪が減ることで二重になる場合もあります。ただし、こういったケースはレア! 実は、脂肪で見えなかったけれど元は二重だった人が、むくみが取れたことによって単に二重に見えていただけということも多いようです。

一重は遺伝?

 二重の両親から一重の子供が生まれてくることもあるため、一概に遺伝するとは言えません。

 二重の人は、まぶたを持ち上げるための繊維が瞼板とくっついていますが、一重の人はの繊維は瞼板とくっついていません。そのため、一重の人はまぶたの皮膚が折りたたまれず、二重のラインが入らないのです。このメカニズムが遺伝するとは言い切れないのが、現実ですね。

一重のメリットに注目してもっとあなたの魅力を引き出そう♡

 一重に悩む人は多いですが、それは「二重の方がより良い」という日本の風潮によるところが大きいでしょう。一度海外に目を向けてみれば、あなたはアジアンビューティーと呼ばれ、美しい顔立ちの外国人から声をかけられる可能性だってあるのです。

 デメリットよりもメリットに注目して、今ある魅力を最大限に活かしてもっと輝いてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...