立体感を出すコントゥアリングメイクのやり方&顔別のコツ♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-26 06:00
投稿日:2020-11-26 06:00
 外国人と比べると、日本人は顔がのっぺりとした平坦な人が多いと言われます。そんな顔に立体感を出すには、流行りの「コントゥアリングメイク」がおすすめ! 小顔効果や、華やかさも演出できますよ♡ 今回は、そんなコントゥアリングメイクのやり方やコスメ選び、顔タイプ別のコツをご紹介します!

立体感が出るコントゥアリングメイクって何?

クッキリ&ハッキリの西洋人フェイスになりたい!(写真:iStock)
クッキリ&ハッキリの西洋人フェイスになりたい! (写真:iStock)

「コントゥアリングメイク」とは、ハイライトやシェーディングなどを使って光と影を演出し、メリハリのある理想の骨格に近づけるメイクのことを言います。

 顔の骨格や筋肉のつき方は一人一人違うため、自分の顔の骨格タイプに合わせて正しいテクニックでメイクをすることが大切です。

ナチュラルに仕上がる! コントゥアリングメイクのコスメ選び

ファンデーションは薄付きのものを選んで(写真:iStock)
ファンデーションは薄付きのものを選んで (写真:iStock)

 まずは、コントゥアリングメイクに使うコスメの選び方を押さえておきましょう!

1. ベースのコスメはマットタイプを選ぶ

 コントゥアリングメイクは、顔の輪郭を調整するための「ベースメイク」です。ラメやパールなどが含まれたコスメを選んでしまうと不自然になるので、マットな質感のコスメを選ぶと良いでしょう。

2. 色選びは基本から1〜2段階明るい&暗いものを選ぶ

 コントゥアリングメイクには、ハイライトとシェーディングの2種類のコスメが必要になります。それぞれの色選びは、ベースのファンデーションに対してハイライトなら1〜2段階明るいもの、シェーディングなら2段階暗めのものを選ぶのが基本です。

3. ベースのファンデーションは薄づきのものを選ぶ

 コントゥアリングメイクでハイライトとシェーディングを入れると、どうしても厚化粧になりがち。そのため、ベースとなるファンデーションは薄づきのものを選ぶのがポイント。ハイライト&シェーディングの部分には、下地を使うだけでもOKです。

立体感を出すコントゥアリングメイクのやり方&手順

ハイライトは細くほんのりと(写真:iStock)
ハイライトは細くほんのりと (写真:iStock)

1. ベースの下地&ファンデーションを塗る

 最初に、ベースとなる下地とファンデーションを塗っていきましょう。全体に下地を塗ったら、コントゥアリングをしない部分にだけ薄めのファンデーションを馴染ませ、ベースを作っていきます。

2. ハイライトを入れる

 続いて、ハイライトを入れていきます。ハイライトを入れる基本の部分は、目の下の部分、Tゾーン、上唇の輪郭、あご先の4箇所です。

 最初に、目の下1cmくらいのところから小鼻の脇辺りまでの長さで、逆向きの二等辺三角形にハイライトを入れます。次に、Tゾーンや上唇の輪郭、顎先などの高く見せたい部分に、細くほんのりとハイライトを入れていきましょう。

3. シェーディングを入れる

 続いては、シェーディングを入れていきます。シェーディングを入れる基本の部分は、頬骨の下、こめかみから額の生え際辺り、顎のフェイスラインの3箇所です。ナチュラルな仕上がりにしたいなら短めに太く、シャープにしたいなら長めに細く入れると良いでしょう。

 ここでのポイントは、しっかりとぼかすことです。不自然な仕上がりになるのを避けることができます。鼻を高く見せるノーズシャドウを入れたい場合には、ほんのり入れる程度にしましょう。

顔タイプ別! 卵型の立体感に近づけるコントゥアリングメイクのコツ♡

ハイライト使いで目指せ「卵形」(写真:iStock)
ハイライト使いで目指せ「卵形」 (写真:iStock)

 最後に、上級編として基本のコントゥアリングメイクのやり方を、顔のタイプ別にご紹介します。一般的に理想とされる、「卵形」の立体感に近づけることができますよ。自分の顔の削りたい部分にシェーディング、高く見せたいところに上手にハイライトを入れてみましょう。

ベース顔のコントゥアリングメイクのコツ

 ベース顔の人は、出っ張っているエラの部分にしっかりシェーディングを入れましょう。また、額あたりの顔の上部にハイライトを丸く入れて強調すると、顔全体のバランスが良くなりますよ。

丸顔のコントゥアリングメイクのコツ

 丸顔の人は、顔が縦長に見えるように光と影を入れていきましょう。シェーディングはフェイスラインとこめかみの上のあたりまで縦長に入れます。また、ハイライトを入れる鼻筋や顎先も、細く縦長になるようなラインで入れるのがおすすめです。

面長のコントゥアリングメイクのコツ

 面長の輪郭には、顔が横長に見えるようなラインでシェーディングとハイライトを入れるのが◎。シェーディングは、フェイスラインではなく顎先と額の上部全体に入れることで、横長な輪郭を強調できます。目の下のハイライトは、逆三角形ではなく横長の楕円形に入れるとバランスが良いですよ。

立体感を出したいならコントゥアリングメイクがおすすめ♡

 平坦な顔立ちの日本人顔に立体感を出したいなら、コントゥアリングメイクをするのがおすすめです。ただし、コツを押さえておかないと、厚化粧でいかにも作られた感のあるメイクになってしまいます。

 ぜひこの記事をチェックして、顔タイプ別のコツやコスメ選びのコツ、詳しいやり方を攻略してみてください! きっとガラッと印象が変わるはずですよ♡

ビューティー 新着一覧


梅雨でも綺麗にまとまる♡ヘアスタイルのコツ&ヘアケア方法
 梅雨時期は髪の毛の広がりやパサつき、うねりなどで思うようにヘアスタイルがまとまらず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで...
話題の「ZARA」で! “香り×彼の記憶に残るメイク”3パターン
 インパクトのあるデートをサプライズしにくい昨今は、ちょっとした工夫で男性の記憶に残る演出を試すのも、恋愛におけるおすす...
パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因とし...
正しい湯シャンのやり方♡ メリット&デメリットや疑問を解説
 タモリさんや福山雅治さんなどの芸能人が行っていることでも話題の「湯シャン」。ナチュラル志向の人の間で、広がりを見せてい...
お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...