“痛いメイク”になってない? 大人女子メイクのポイント♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-19 06:23
投稿日:2020-12-19 06:00
「うわ〜コレは痛いわ〜……」という、女子会ぶっちゃけトーク。アラサー・アラフォー女子は、メイクというパーソナルなことですら、常に厳しい目線を向けられてしまうから大変ですよね。そんな時、「“痛い”なんて思われたくない」というのが、本音ではないでしょうか。そこで今回は、痛いメイクだと言われないための工夫について、一緒に考えていきましょう!

アラサー・アラフォー女子がやったら“痛いメイク”4選!

 “痛い”と評されるメイクは、実際のところ、少し“個性的”なだけであることがほとんど。しかし、そんな“個性”は、どうしても賛否が分かれてしまうものでもあります。悪印象を与えてしまいがちなメイクについて、まずはご紹介します。

1. 時代遅れのギャル感を出すメイク

 2010年あたりに流行ったギャルメイクを、今でも取り入れているなら要注意。無理に若作りしている印象や、古くさい印象を相手に与えてしまうかもしれません。この頃のメイクは、斜め上を向いたキリッと細い眉毛に、黒くて濃いアイラインで囲みタレ目にするのが特徴です。

 今、主流となっているのは、自眉の毛流れを意識したナチュラルな太眉。角度はつけずに平行に近い形を意識すると、落ち着いた印象の眉毛に仕上がります。

2. カラコン+つけまのバッチリメイク

 海外セレブのような色付きカラコンとフッサフサのつけまつ毛で目元の印象をばっちり強調するようなメイクも、相手をびっくりさせてしまうかも。アラサー・アラフォー女子は可愛らしく元気な印象よりも、エレガントで落ち着いた印象を求められることが増えます。

 カラコンを使いたい時は、色よりも瞳の輪郭を大きくするようなフチのみのアイテムを使ってみましょう。まつ毛に自信のない方は、マツエクにチャレンジも◎。つけまつ毛よりも、自然に馴染んでくれますよ。

3. ぷっくり盛りすぎた涙袋メイク

 現在10代〜20代の女子の間で流行っている涙袋をぷっくりさせるアイメイクですが、アラサー・アラフォーの女性がやると無理をしているように見えることも……。しかし、今や下まぶたに色を入れるのは定番なので、涙袋を作ること自体はやめなくてもOKです。

 ぷっくりした涙袋は、あらかじめアイラインで輪郭を形成し、影を作ってからハイライトカラーを入れるのが定番。しかし、大人女性の場合は、影を作らずそのままハイライトカラーで仕上げてみましょう。影の部分を引き算することで、自然な涙袋ができますよ!

4. 水光肌を作るのに失敗したツヤメイク

 トレンドの水光肌を作りたくて肌をテカテカにしてしまうのも、“痛い”と思われがちなメイクです。韓国アイドルのような水光肌が作れるクッションファンデーションが火付け役になり、2020年の日本では明らかにツヤ肌がブーム。しかし、水光肌の独特のツヤは、実は作るのがとっても難しいんです。

 洗練された印象に仕上げるには、テカリを抑えるように部分的にルースパウダーを仕込むのがコツ。とくに、テカりやすいTゾーンや唇の下、鼻筋の横などに局所的にパウダーを入れることでツヤに強弱が生まれ、自然なツヤ肌が演出できます。

“痛いメイク”ってやっぱりやらない方がいいの?

 本来、メイクで個性を出すことは、とても大切なことです。気心知れた友達といつものように食事に行くなら、あなたの個性を大切にしてもらえるので大丈夫でしょう。

 一方で、お仕事や婚活の場面では個性を容認してもらえない可能性が高いです。相手に好かれたい&嫌われたくない場合は、工夫して万人受けのメイクに近づける視点を持つことも大切かもしれません。

流行りのメイクを取り入れたい時に心がけるポイント

 どんなに“痛い”と評されても、現在若い子の間でトレンドになっているメイクに挑戦してみたいという方は多いはず。そんな場合は、要素を控えめに取り入れてみると、大人っぽく仕上げられますよ!

量産型メイクを取り入れるには

「量産型メイク」は、くすみピンクのアイシャドウで目を囲み、“ナメクジ”と呼ばれる涙袋を作り、コントゥアリングによって鼻筋を通すのが特徴。さらに、ふんわりチークを入れて幼い印象に仕上げていく、いわゆる“可愛い”を詰め込んだようなメイク方法です。

 大人女性が量産型メイクにチャレンジする場合は、アイシャドウの囲み方と、鼻筋のハイライトの位置だけを取り入れましょう。コーラルのアイシャドウなら可愛くなりすぎる心配がありませんし、ハイライトのみならやりすぎて見えることもありません。

地雷(メンヘラ病み)メイクを取り入れるには

「地雷メイク」は「病みメイク」とも呼ばれます。男性からするとちょっと扱いに困るような、ダークな面をもつ女性を表現したメイクです。泣き腫らしたような赤い目にするため、赤のアイシャドウで目尻を囲んで赤いリップを塗るのが特徴。

 大人女性がこの要素を取り入れるなら、ボルドーのアイシャドウで目尻の囲みを作って、同系色のリップを使ってみましょう。チークを入れずに仕上げれば、より大人っぽさが際立つメイクになるはずです。

学べることがたくさんある! メイクの可能性は無限大♡

 “痛い”と評されるような個性的なメイクを取り入れるのであれば、自分に合う部分を残す。今年トレンドのメイクであれば、良い要素だけを取り入れる。このように、少し工夫をすることで、あなたにぴったりな大人メイクが見つかります。

 これまでやってきたメイクより少し格上げして、TPOに応じた使いわけができれば、“痛い”だなんて言われないはずです。本来、メイクには「こうあらねばならない」という決まりは無く、どんな表現をするのも自由! あまり怖がらず、あなたの可能性を広げていけるといいですね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


ユニクロ「リブスクエアネックブラT」の理想と現実。鏡の前でボー然!
 梅雨も明け、いよいよ夏本番! 旅行の計画を立てている人も多いのでは? 筆者もこの原稿が公開される頃には、ハッピーなサマ...
美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...