マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-10 06:00
投稿日:2021-06-10 06:00
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や蒸れでマスクの下はドロドロに……。そこで今回は、マスクをつけていてもファンデがヨレない、裏技や神アイテム、メイクのコツをご紹介します!

マスクでファンデがヨレる3つの理由

 まずは、マスクをつけるとなぜファンデがヨレてしまうのか、3つの理由をチェックしていきましょう!

1. マスクの摩擦や擦れ

 マスクの摩擦や擦れによって、物理的にファンデが崩れてしまうことも原因の1つです。マスクをしたまま喋るたびに、動いた表情筋とマスクとの摩擦によってファンデがヨレてしまうのです。マスクを選ぶ時には、できるだけ摩擦が少ない形状や、顔にフィットするサイズを選ぶことが大切です。

2. 湿気や蒸れ

 マスクをしている時は口や鼻が覆われた状態になっているため、吐いた空気がマスク内に溜まり、中は常に蒸れています。そのマスク内の湿気によってファンデが浮き上がり、ヨレてしまうというわけです。通気性の悪い不職布マスクなどは特に蒸れやすいので、通気性の良いマスクを選んだり、ヨレ防止の対策をするのは必須ですね。

3. 乾燥

 マスクをしていると、肌は乾燥しやすくなります。これは、マスクと肌との摩擦によって肌のバリア機能が低下することも原因です。

 また、湿気が充満しているマスクを外した時、外気との温度差によって、一気に肌の乾燥は進みます。肌が乾燥すると、肌は水分を守ろうと皮脂を多く分泌させるので、ファンデがヨレやすくなってしまうのです。

マスクでファンデがヨレるのを防ぐメイク方法! 3つのコツ

 摩擦や湿気、乾燥によるファンデのヨレを防ぐためには、どうすれば良いのでしょうか? そこで、メイクをする際の3つのコツをご紹介します。

1. メイク前の保湿を徹底する

 マスクによる肌の乾燥でファンデがヨレるのを防ぐためには、メイク前の保湿がとても大切です。化粧水や乳液を使って、しっかり肌を保湿しましょう。また、アイテムがしっかり肌に馴染んでからメイクを始めることも、ヨレ予防の大切なポイントです。

2. 化粧下地をしっかり&ファンデは薄づきで

 マスク生活中のベースメイクは、化粧下地をしっかり塗って、ファンデ自体は薄づきにするのがポイントです。赤みにはパープル、くすみには光拡散パウダー、オイリー肌には皮脂吸収パウダーなど、悩みに合わせた化粧下地を選びましょう。

 また、気になるシミやニキビはコンシーラーで隠し、ファンデは密着力の高いリキッドタイプを薄づきにすることで、ヨレのリスクを減らせます。

3. 仕上げのフェイスパウダーは必須

 メイクの仕上げには、フェイスパウダーをつけましょう。細かい粒子であるほど肌がサラッとした仕上がりになるため、マスクによる摩擦を軽減することができます。また、マスク内の湿気も吸収するので、蒸れによるヨレも防ぐことができますよ。

効果抜群! マスクでファンデがヨレない裏技&神アイテム4選

 メイクで工夫してもどうしてもファンデがヨレてしまう時には、裏技や便利な神アイテムを試してみてください。さっそくチェックしてみましょう!

1. マスク自体に「フェイスパウダー」をつける

 メイクの仕上げに使ったフェイスパウダーを、マスク側にもつけてみてください。こうすることで、より肌とマスクが摩擦するのを防ぐ効果が高くなり、ファンデがヨレにくくなります。とても効果的で簡単なので、試してみてくださいね。

2. マスク用の「インナーサポート」で摩擦を防ぐ

 マスクとの摩擦を減らす画期的なアイテムとして、プラスチック製の「インナーサポート」が便利です。物理的にマスクが顔に触れることがなくなるので、マスクにファンデやリップなどがつかなくなります。格子状に穴が空いているので、息がしやすい点もおすすめです。

3. 湿気に強い「タイコスメ」を使う

 今、じわじわ人気が高まっているのが「タイコスメ」。高温多湿のタイで販売されているファンデやフェイスパウダーは、とにかく湿気でのヨレが少なく優秀だと話題なんです。その中でもおすすめは、タイコスメの透明のフェイスパウダー。メイクの仕上げやマスクにつけるだけで、かなり高いヨレ防止効果を期待できるでしょう。

4. 「メイクキープスプレー」でヨレ防止効果アップ

 メイクの仕上げに使うと、ファンデがヨレるのを防いでくれる「メイクキープスプレー」は、細かい微粒子のミストが顔全体に密着し、配合成分が皮脂汚れや乾燥を防いでくれます。つけるとつけないのではヨレる度合いが全く違うので、ぜひ試してみてくださいね。

マスクによるファンデのヨレは防ぐことができる!

 マスクを外した時、ヨレなどのメイク崩れを防ぐためには、「摩擦」「湿気」「乾燥」を防ぐことがとにかく大切。この3つを防ぐメイク方法や、裏技、便利なアイテムを使えば、ファンデのヨレの大部分は防ぐことができますよ。

 すぐにでも試せる方法がたくさんあるので、ぜひ、明日から試してみてくださいね。マスクライフをもっと快適に楽しく過ごせますように!

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


サマンサタバサ、4℃大量閉店 エビちゃんOL系が令和世代にウケない背景
 これも時代か…。かつて若者の人気ブランドだった「Samantha Thavasa(サマンサタバサ)」の経営危機が報じら...
31歳女が勇気を出して「人生初まつげパーマ」に挑戦してみた
 恥ずかしながら、30代になってもまつげパーマをした経験がありませんでした。そんな私がまつげパーマに挑戦したきっかけは、...
自分の顔見てぎょ!「まぶたのたるみ」すっきり見せるケア&メイク法
 自分の顔を鏡で見たとき「アイメイクしているのに目元に元気がない…」と感じたことがあるアラフォー、正直に挙手!  そ...
意外と見られてる!“愛の証”キスマークの消し方と隠し方…安心してつけて
 大好きな彼との熱い時間に、ついてしまったキスマーク…。会社に行くのも気まずいし、友達に見られるのも嫌! と悩む人もいる...
盛りブラよりスポブラ! 貧乳40女が直面したブラジャー問題
 自他ともに認める貧乳です。ええトシこいて、あばら浮いてます。  よって筆者のブラジャーは盛り重視。「寄せて上げる」ど...
おならが臭う、げっぷが出る!【医療専門家監修】腸活から知るセルフケア
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
廃盤になったら外出できない!? 40代美容家愛用「底見えコスメ」厳選2品
 物価高に苦しむ今は「本当に使えるもの」に厳選して、コスメ選びをしたい人も増えていますよね。  40代のメイクでは、ア...
「膣が乾いて痛い…」40代、夜の生活で実感した老い問題どうしてる?
 40代女性の悩みの一つとして、「夜の生活で感じる老い」があります。若い頃とは違い、老いを感じはじめる年齢でもありますよ...
双子級にそっくり!レブロンがボビィブラウンの名品ハイライターを食った
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
そのふらつきは脳の病気?自律神経の乱れ?【医療専門家監修】5つの整う
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
コンプレックスが悪目立ち!今すぐ見直したい残念メイクテク3選
 コンプレックスを解消するためのメイクが、実は逆効果になってしまっていたら悲しいですよね。  メイク手法が定着している...
「膣おなら」の原因は?【医療専門家監修】性交渉や運動中に恥ずかしい…
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
値段差4300円!SUQQUソックリの「エクセル」お粉はプチプラの鑑だ
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
愛用する化粧水が“改悪”の悲劇!敏感肌の30女が頼った「2つのブランド」
 敏感肌ですぐに赤くほてってしまうタイプのため、鎮静効果のある化粧水を長年愛用してきました…が、それがリニューアルされて...
【ユニクロ】絶賛セール中!ドローストリングショルダーバッグが超使える
 今年はユニクロのラウンドミニショルダーバッグが流行りましたが、ドローストリングショルダーバッグも大容量で魅力的なのを知...
アイラインガタガタ大丈夫?化粧崩れおばさん一直線の3大NGアイメイク
 年齢を重ねていくと、濃いメイクはすっかり卒業して、ナチュラルメイクに切り替える人も増えますよね。  しかしナチュラル...