マスクメイクの悩みを解決!注目のおすすめお直しアイテム♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-05-23 06:00
投稿日:2021-05-23 06:00
 マスクが手放せない日がまだまだ続きそうな昨今、女性たちはマスクによるメイク崩れと必死に戦っていますよね。蒸れてドロドロ、乾燥でカサカサ、マスクへの色移りなど、悩みは尽きません。そこで今回は、マスクメイクの悩み別におすすめのお直しアイテムや、マスク美人になれるメイクのコツをご紹介します!

意外と多いマスクメイクの悩み…どんなアイテムが必要?

コロナ禍でのメイク直し…どうしてる?(写真:iStock)
コロナ禍でのメイク直し…どうしてる? (写真:iStock)

 マスクメイクの悩みでも、特に多いのが「ベースメイクの崩れ」ですよね。蒸れや乾燥、擦れなどで、ベースメイクはあっという間にドロドロに……。しかも、ほとんどの時間は顔の上半分しか見えない状態だから、メイク直しの際、本格的にファンデを塗り直すのもバカバカしく感じてしまいます。

 そう考えると、マスク必須時代の今、何度でもさっと軽くお直しができるメイクアイテムが良いですね。

マスクメイクの悩み別! おすすめお直しアイテム♡

リップの移り気になるよね(写真:iStock)
リップの移り気になるよね (写真:iStock)

 それではさっそく、マスクメイクのお直しアイテムをご紹介しましょう! 自分の悩みに合わせたアイテムを揃えてみてくださいね♡

1. 擦れでファンデが落ちる時は「紙ファンデ&メイクキープスプレー」

 マスクの擦れでファンデが落ちてしまう人は、「紙ファンデ」がおすすめ。紙ファンデは、シートにファンデのパウダーが定着しているので、さっと取り出して軽く撫でるだけでお直しが完了する画期的なアイテムなのです。バッグの中でかさばらないのもいいですよね!

 仕上げに「メイクキープスプレー」をさっと拭きかければ、次のお直しが不要なくらいベースメイクがしっかりフィットしてくれますよ。

2. マスクにリップが移る時は「ティントリップorマットリップ」

 食事の際にマスクを外した時、リップが移っていると汚らしく感じてしまいます。そんな時には、ティントリップやマットリップを活用しましょう。ティントリップは、唇を「色づける」のではなく「染める」タイプ。塗った後に軽くティッシュオフして透明のリップを重ねれば、ツヤのある発色が長く続きます。

 また、マットリップもおすすめ。ツヤありに比べて唇への密着度が高いので、マスクに移りにくいですよ。

3. 乾燥がひどい時は「乳液ミスト」

 マスクの中は、蒸れと同時に水分が蒸発するので、とても乾燥しがち。乾燥するとメイクノリも悪くなり、肌トラブルの原因にも……。そんな時には、「乳液ミスト」を1本持っておくと安心です。出先でもシュッと吹きかけるだけで、化粧水よりもしっかり保湿することができますよ。

スプレータイプの日焼け止めを(写真:iStock)
スプレータイプの日焼け止めを (写真:iStock)

4. 蒸れてテカる時は「スポンジ&フェイスパウダー」

 マスクの中が蒸れてくると、鼻の頭や頬までテカテカになってしまう時があります。そんな時には、「ファンデ用スポンジ」と、「フェイスパウダー」を使ってみてください。スポンジを顔に優しく押し当てるだけで、ファンデを崩さずにテカリを抑えることができます。

 仕上げに、フェイスパウダーをのせれば、さらさらの状態が長時間続きます。

5. マスク焼けが心配な時は「スプレータイプの日焼け止め」

 マスクが欠かせない毎日ですが、「気がついたらマスク焼けしていた!」という人も多いようです。紫外線は一年中降り注いでいるため、できれば数時間おきに塗り直したいですよね。

 そんな時には、「スプレータイプの日焼け止め」がおすすめ。メイクの上から吹きかけるだけなので、こまめに拭きかければ、マスク焼けを防ぐことができます。

6. お直しの時間がとれない日は「ペンタイプのコンシーラー」

 なかなかお直しの時間がとれない日には、「ペンタイプのコンシーラー」を1本持っておくと重宝します。ペンタイプで、さっとマスクをずらして撫でるだけで、均一な肌に戻すことができます。

 小鼻の周りなどの凹凸がある部分など、細かい部分も塗り直しやすいのがメリット。手を汚さないので、塗るだけで完了するのも助かりますね。

お直しアイテムを使ったマスク美人メイクのコツ

ブラウンでふんわりアイメイク(写真:iStock)
ブラウンでふんわりアイメイク (写真:iStock)

 マスクをしていると顔が怖く、血色も悪く見えて地味な顔になってしまいますよね。そんな時は、お直しの際にちょっとしたコツを意識するだけで、マスク美人になれますよ♡

「ふんわりアイメイク」で怖い顔になるのを防ぐ

 口元が隠れていると表情が読めずに怖い印象になるので、アイメイクは「ふんわり」を意識するのが◎。ピンク系のアイシャドウで血色感を出してから、眉はパウダーでふんわりと薄めの太眉に仕上げてみてください。アイラインは黒ではなく優しいブラウンを選び、跳ね上げないのがポイントです。

華やかさを出したい時は「ラメ入りアイシャドウ」でキラキラ感を

 華やかさを演出したい時には、目元にラメ入りアイシャドウを使ってみましょう。大きめのラメを選ぶと、よりキラキラ感が出ておすすめです。また、マスクの色に合わせてアイシャドウの色を変えるのも、統一感と華やかさが出て良いですよ。

「Cゾーンにチーク」を入れれば血色感アップ!

 マスクをしていると頬が隠れてしまうため、血色感を出しにくくなります。そのため、チークを入れる時には、頬骨からこめかみにかけた「Cゾーン」を意識すると良いでしょう。クリームチークで、じゅわっと湧き上がる感じを演出してくださいね。

マスクメイクのお直しアイテムでドロドロ崩れを回避しよう!

マスクが外せる日まで頑張ろう(写真:iStock)
マスクが外せる日まで頑張ろう (写真:iStock)

 マスク生活が続く今、マスクメイクに合わせたお直しアイテムを見直すタイミングかもしれません。ぜひ、この記事を参考にして、悩みに合わせたお直しアイテムを用意してみてください。そして、マスクを外した時も綺麗をキープして、この時期を楽しく賢く乗り切りましょう!

ビューティー 新着一覧


梅雨でも綺麗にまとまる♡ヘアスタイルのコツ&ヘアケア方法
 梅雨時期は髪の毛の広がりやパサつき、うねりなどで思うようにヘアスタイルがまとまらず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで...
話題の「ZARA」で! “香り×彼の記憶に残るメイク”3パターン
 インパクトのあるデートをサプライズしにくい昨今は、ちょっとした工夫で男性の記憶に残る演出を試すのも、恋愛におけるおすす...
パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因とし...
正しい湯シャンのやり方♡ メリット&デメリットや疑問を解説
 タモリさんや福山雅治さんなどの芸能人が行っていることでも話題の「湯シャン」。ナチュラル志向の人の間で、広がりを見せてい...
お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...