マスクメイクの悩みを解決!注目のおすすめお直しアイテム♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-05-23 06:00
投稿日:2021-05-23 06:00
 マスクが手放せない日がまだまだ続きそうな昨今、女性たちはマスクによるメイク崩れと必死に戦っていますよね。蒸れてドロドロ、乾燥でカサカサ、マスクへの色移りなど、悩みは尽きません。そこで今回は、マスクメイクの悩み別におすすめのお直しアイテムや、マスク美人になれるメイクのコツをご紹介します!

意外と多いマスクメイクの悩み…どんなアイテムが必要?

コロナ禍でのメイク直し…どうしてる?(写真:iStock)
コロナ禍でのメイク直し…どうしてる? (写真:iStock)

 マスクメイクの悩みでも、特に多いのが「ベースメイクの崩れ」ですよね。蒸れや乾燥、擦れなどで、ベースメイクはあっという間にドロドロに……。しかも、ほとんどの時間は顔の上半分しか見えない状態だから、メイク直しの際、本格的にファンデを塗り直すのもバカバカしく感じてしまいます。

 そう考えると、マスク必須時代の今、何度でもさっと軽くお直しができるメイクアイテムが良いですね。

マスクメイクの悩み別! おすすめお直しアイテム♡

リップの移り気になるよね(写真:iStock)
リップの移り気になるよね (写真:iStock)

 それではさっそく、マスクメイクのお直しアイテムをご紹介しましょう! 自分の悩みに合わせたアイテムを揃えてみてくださいね♡

1. 擦れでファンデが落ちる時は「紙ファンデ&メイクキープスプレー」

 マスクの擦れでファンデが落ちてしまう人は、「紙ファンデ」がおすすめ。紙ファンデは、シートにファンデのパウダーが定着しているので、さっと取り出して軽く撫でるだけでお直しが完了する画期的なアイテムなのです。バッグの中でかさばらないのもいいですよね!

 仕上げに「メイクキープスプレー」をさっと拭きかければ、次のお直しが不要なくらいベースメイクがしっかりフィットしてくれますよ。

2. マスクにリップが移る時は「ティントリップorマットリップ」

 食事の際にマスクを外した時、リップが移っていると汚らしく感じてしまいます。そんな時には、ティントリップやマットリップを活用しましょう。ティントリップは、唇を「色づける」のではなく「染める」タイプ。塗った後に軽くティッシュオフして透明のリップを重ねれば、ツヤのある発色が長く続きます。

 また、マットリップもおすすめ。ツヤありに比べて唇への密着度が高いので、マスクに移りにくいですよ。

3. 乾燥がひどい時は「乳液ミスト」

 マスクの中は、蒸れと同時に水分が蒸発するので、とても乾燥しがち。乾燥するとメイクノリも悪くなり、肌トラブルの原因にも……。そんな時には、「乳液ミスト」を1本持っておくと安心です。出先でもシュッと吹きかけるだけで、化粧水よりもしっかり保湿することができますよ。

スプレータイプの日焼け止めを(写真:iStock)
スプレータイプの日焼け止めを (写真:iStock)

4. 蒸れてテカる時は「スポンジ&フェイスパウダー」

 マスクの中が蒸れてくると、鼻の頭や頬までテカテカになってしまう時があります。そんな時には、「ファンデ用スポンジ」と、「フェイスパウダー」を使ってみてください。スポンジを顔に優しく押し当てるだけで、ファンデを崩さずにテカリを抑えることができます。

 仕上げに、フェイスパウダーをのせれば、さらさらの状態が長時間続きます。

5. マスク焼けが心配な時は「スプレータイプの日焼け止め」

 マスクが欠かせない毎日ですが、「気がついたらマスク焼けしていた!」という人も多いようです。紫外線は一年中降り注いでいるため、できれば数時間おきに塗り直したいですよね。

 そんな時には、「スプレータイプの日焼け止め」がおすすめ。メイクの上から吹きかけるだけなので、こまめに拭きかければ、マスク焼けを防ぐことができます。

6. お直しの時間がとれない日は「ペンタイプのコンシーラー」

 なかなかお直しの時間がとれない日には、「ペンタイプのコンシーラー」を1本持っておくと重宝します。ペンタイプで、さっとマスクをずらして撫でるだけで、均一な肌に戻すことができます。

 小鼻の周りなどの凹凸がある部分など、細かい部分も塗り直しやすいのがメリット。手を汚さないので、塗るだけで完了するのも助かりますね。

お直しアイテムを使ったマスク美人メイクのコツ

ブラウンでふんわりアイメイク(写真:iStock)
ブラウンでふんわりアイメイク (写真:iStock)

 マスクをしていると顔が怖く、血色も悪く見えて地味な顔になってしまいますよね。そんな時は、お直しの際にちょっとしたコツを意識するだけで、マスク美人になれますよ♡

「ふんわりアイメイク」で怖い顔になるのを防ぐ

 口元が隠れていると表情が読めずに怖い印象になるので、アイメイクは「ふんわり」を意識するのが◎。ピンク系のアイシャドウで血色感を出してから、眉はパウダーでふんわりと薄めの太眉に仕上げてみてください。アイラインは黒ではなく優しいブラウンを選び、跳ね上げないのがポイントです。

華やかさを出したい時は「ラメ入りアイシャドウ」でキラキラ感を

 華やかさを演出したい時には、目元にラメ入りアイシャドウを使ってみましょう。大きめのラメを選ぶと、よりキラキラ感が出ておすすめです。また、マスクの色に合わせてアイシャドウの色を変えるのも、統一感と華やかさが出て良いですよ。

「Cゾーンにチーク」を入れれば血色感アップ!

 マスクをしていると頬が隠れてしまうため、血色感を出しにくくなります。そのため、チークを入れる時には、頬骨からこめかみにかけた「Cゾーン」を意識すると良いでしょう。クリームチークで、じゅわっと湧き上がる感じを演出してくださいね。

マスクメイクのお直しアイテムでドロドロ崩れを回避しよう!

マスクが外せる日まで頑張ろう(写真:iStock)
マスクが外せる日まで頑張ろう (写真:iStock)

 マスク生活が続く今、マスクメイクに合わせたお直しアイテムを見直すタイミングかもしれません。ぜひ、この記事を参考にして、悩みに合わせたお直しアイテムを用意してみてください。そして、マスクを外した時も綺麗をキープして、この時期を楽しく賢く乗り切りましょう!

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...