小顔整形って? エラを小さくする「3つの方法」を詳しく解説

吉武光太郎 形成・美容外科医
更新日:2019-11-24 06:00
投稿日:2019-11-24 06:00
 プチ整形、アンチエイジング……気になるけれど、敷居が高くてよくわからない、そんなお悩みを抱えている方も多いのでは? コクハク編集部が皆さんに代わり、形成・美容外科医の“こたろ先生”こと笹塚駅前こたろクリニック院長の吉武光太郎先生に「知りたい!」をお聞きます。今回は、小顔になるための方法について教えてもらいました。

エラが気になる…小顔にする方法は?

No pain, no gain(写真:iStock)
No pain, no gain (写真:iStock)

Q1. 小顔にする方法はどんな選択肢がありますか?

 エラを直接小さくする方法と間接的に小さくする方法があります。

 直接小さくする方法は、ボトックス注射、脂肪吸引、骨切りがあります。

 ボトックス注射でエラにある咬筋(物を噛むのに一番使用している筋肉)に注射をして、筋肉の収縮を防ぐことで、筋肉の厚さを薄くします。効果は3〜6ヶ月間持続します。リスクは内出血と痛みと3ヶ月間の避妊が必要なことです。

 脂肪吸引は頬と顎の下を脂肪吸引することで、フェイスラインが際立ち、小顔になることができます。傷は耳たぶの付け根であったり、顎下なため目立つことはありませんが、リスクは皮下血腫になることがあるためフェイスバンドを数日間着用する必要があることです。

 骨きりは下顎骨や頬骨弓を切って整形することで小顔にすることができます。骨きりは、ダウンタイムが一番長い代わりに一番効果が出て一生長続きします。

 間接的に小顔に見せる方法はヒアルロン酸があります。頬のコケに注入したり、顎に入れて尖らせたり、こめかみの凹みに入れて顔をハート型のようにフェイスラインを整えると小顔に見せることができます。リスクは内出血と疼痛です。場所によっては血管塞栓のリスクがあります。顎にヒアルロン酸を入れる場合、あらかじめ顎にボトックスを注入しておくと形がより綺麗に出ます。

 治療を全部受ける必要はありません。クリニックでは、あなたが望む範囲を伝えていただきそれに合った治療法を提案してくれます。侵襲が少ない治療ほど変化は少ないですが、逆にダウンタイムも少なくなるのでメリットもあります。満足しない場合はやっていない治療を提案することになります。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 鏡を見ながら、自分に対し「今日の私、疲れてる……?」と感じた経験はありませんか。お疲れ顔に見えるということは、老けて見...
FILM
 一生懸命ダイエットして理想の体型になっても、体重を維持するというのは簡単なことではありませんよね? そこで今回は、我慢...
FILM
 人の外見がまちまちであるように、指や爪の形もいろいろです。大きさ、厚さ、長さ、色味も人によって異なります。爪のカットス...
FILM
 外出やジムに出かけられず、普段と行動が変わってきているので、食べ方に気をつけないとうっかり太ってしまいそうなこの時期。...
FILM
 新型コロナウイルスが蔓延してから、一番の必須アイテムとなった「マスク」。しかし、毎日の長時間のマスク着用によって、「マ...
FILM
 自宅で過ごす時間が増えた今「おうちだし、メイクしなくてラッキー! すっぴん万歳!」と考えるか「おこもり美容ができる!」...
FILM
 眉毛は顔の印象を大きく変える大事な部分。しかし、「左右のバランスがバラバラ」「剃りすぎてしまった」など、眉毛自体の悩み...
FILM
 お家の中でワークアウトをする人が増えている今、気をつけたい3つのことを紹介します。最近は、オンラインでの教室やYouT...
FILM
 おこもり生活が続いて体が重く感じたり、肌もなんとなく不調気味だったりする方もいるのではないでしょうか。そんな今こそ、家...
FILM
 モデルや芸能人の間でも広まっている「肌断食」をご存知ですか? 肌断食は、“スキンケアをやめて肌の調子を整える”という美...
FILM
 30代を過ぎると、肌のトラブルに悩む女性も増加傾向。中でも、「肌のくすみ」や「シミ」で悩んでいる女性も多いのではないで...
FILM
 いろいろなアイブロウアイテムを使ってみて、辿り着いたのは100円均一とプチプラのアイテムでした。顔の印象を大きく変える...
FILM
「日焼け止めを塗らずして紫外線を浴びるなかれ」  筆者が10代の頃から自分に課してきた、唯一の美容法です。10代の...
FILM
 本来、ファッションというのは自由なものです。それなのに、「ミニスカートは何歳まで履いていいの?」という疑問や、脚を出す...
FILM
 在宅時間が増え「おうち美容」「おこもり美容」に取り組んでいる女性も増えています。しかし気合いを入れた在宅美容で、残念な...
FILM
 食欲はダイエットの大敵! そう分かっていても、お腹が空いているわけでもないのに、ついつい食べてしまうことってありますよ...