平手友梨奈“素顔”のラジオ 超ハイテンション~涙の答辞まで

こじらぶ ライター
更新日:2020-03-21 06:45
投稿日:2020-03-21 06:00

涙まじりに声を震わせながらの答辞「言葉の暴力はやめて」

ラジオでは最もリラックスした素顔を欅坂46時代からみせてきた平手(C)日刊ゲンダイ
ラジオでは最もリラックスした素顔を欅坂46時代からみせてきた平手 (C)日刊ゲンダイ

 17年4月の高校入学から3年間担当してきたレギュラーのラジオ番組、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK」(※)を今月19日の放送回で高校と共に卒業した平手友梨奈(18)。

 最終回の“卒業式”では、平手を「あなためちゃくちゃ面白いよ」と称えた番組パーソナリティ、とーやま校長から卒業証書を受け取った。

 卒業生として答辞を述べる際には「大切な場所でした」「感謝の気持ちでいっぱいです」と述べた。握手会での説教や襲撃事件などもありファンと直接触れることが出来なくなった平手にとって、番組リスナーとのやりとりが本当に嬉しかったのだろう。

 続けて「みんなに約束をして欲しい」と声を詰まらせがら真剣なトーンでこう語り出した。

「言葉の暴力は本当にしないであげて欲しい」

「死にたいと思っちゃう人もいる」

 おそらく涙まじりに声を震わせた。そしてもう一度、「言葉の暴力はやめて欲しいなと思います」と訴えた。

 また「SNSの使い方を間違えないで欲しい」という旨も語った。

 どちらも自身が悪意ある報道や、言葉の暴力、ネット叩きに遭ってきたからこそ、自分以外に被害者が出て欲しくないという心の底からの叫びであり、願いだったであろう。それは筆者が平手について一貫して主張してきたことでもある(平手友梨奈・欅坂46での1617日の軌跡 #1「14歳の平手が欅坂46お見立て会で語ったアイドルとしての決意」参照)。

 最後に人生は辛いこと、苦しいことの方が多い人もたくさんいるし自分もそうだとしながら、「でもどれだけ嫌なことがあっても逃げずに闘って欲しい」と、共に闘おうというメッセージを残した。

 彼女が自身の本心をここまで熱くさらけ出せたのは、いつも素でいられたこのラジオ番組だからだったのではないか。

「さんかく窓の外側は夜」動画のハイテンションはラジオではお馴染み

 平手は、その少し前の4日に自身の公式サイトをオープンさせ、女優として活動再開を発表している。映画「さんかく窓の外側は夜」(10月30日公開予定)の公式ツイッターでは、今月5日に誕生日を迎えたW主演の1人、志尊淳(25)を祝うため、もう1人の主演岡田将生(30)と平手がバースデーソングをテンション高めに歌う動画がアップされた。他にも志尊の公式Twitterに3人仲睦まじく食事をする画像がアップされるなど、3人は自分たちを「兄妹」と呼ぶほど打ち解けている。

 しかし、平手をあまりよく知らない一般層からは「平手ちゃんってこんな笑うんだ……」「欅坂46時代の雰囲気と全然違うけど、どうしたんだ!?」といった驚きの声がSNS上に多くあがった。そして残念ながらそのことをうがった見方でとらえ、「欅坂46をやめて楽しそう」「有名俳優の前では良い顔をしている」といった報道すらあった(これこそ「言葉の暴力」にあたると筆者は思う)。

やんちゃなイタズラっ子で「悪手ガキ奈」の愛称も

 たしかに平手は歌番組でのパフォーマンス前後は極度の緊張やプレッシャーを感じやすいタイプだ。また曲の世界観に入り込んで集中しているためかあまり笑顔をみせられなかった。

 だが実際には、もともと素顔はよく笑い、やんちゃなイタズラっ子で「ksgk(クソガキ)」「悪手ガキ奈」といった愛称もある。そしていじられることもよくある。

 それが最もよくみられたのが、「SCHOOL OF LOCK」の平手担当コーナーだった。番組スタッフにもとても気を許し、等身大の高校生らしさをみせ、近景も同番組サイトの放送後記にアップされてきた。

エンタメ 新着一覧


人生の苦楽を穏やかに受け入れる岡野陽一のパチンコ哲学
【今週グサッときた名言珍言】 「パチンコ屋っていうのは、いつも一定の気温に保たれてます」(岡野陽一/「さんまのお笑い向...
2021-06-13 17:03 エンタメ
熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ
 タレントの熊田曜子(39)が夫婦泥沼バトルを繰り広げている。10日発売の「週刊文春」と「週刊新潮」でDV容疑で逮捕され...
2021-06-13 17:03 エンタメ
佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」
上白石萌音や有村架純との噂…  6月5日配信の「文春オンライン」が報じた「“共演者キラー”佐藤健(32)と満島ひかり(...
2021-06-13 17:03 エンタメ
秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも
【皇室のトリビア】#19  皇族の恋愛結婚といえば、なんといっても明仁皇太子と正田美智子さん(現上皇と上皇后)のご成婚...
2021-06-13 17:03 エンタメ
西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ
 西島秀俊は朝ドラの気象予報士より、料理人のほうがずっと様になる。「シェフは名探偵」(テレビ東京系)では、東京・千駄ケ谷...
2021-06-13 17:03 エンタメ
心震わせる「るろうに剣心」最終章史上初ワンツーの必然
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  興味深い現象が起きている。「るろうに剣心」シリーズ2部作の1本にして完結作であ...
2021-06-12 17:03 エンタメ
石原さとみ「恋ぷに」8%台で終了も…実は“成功作”だった
 9日に最終回を迎えた「恋はDeepに」(日本テレビ)。石原さとみ(34)と綾野剛(39)のW主演で「この春、史上最強の...
2021-06-12 17:03 エンタメ
加山雄三「聖火ランナー」辞退 リアル東京五輪世代の気骨
 歌手の加山雄三(84)が9日、東京五輪の聖火ランナーを辞退したことを発表し、波紋が広がっている。  加山は公式サイト...
2021-06-12 17:03 エンタメ
芳根京子の転機とは…「かわいらしい」から“個性派”に進化
 2日、芳根京子(24)が主演映画「Arcアーク」(25日公開)の完成報告会に出席。「あまりこういうことは言わないのです...
2021-06-12 17:03 エンタメ
明石家さんま&大竹しのぶ “元夫婦”円満の秘訣はあるのか
 明石家さんま(65)、大竹しのぶ(63)の元夫婦が揃ってお茶の間を沸かせている。きっかけはさんまが企画プロデュースする...
2021-06-12 17:03 エンタメ
“西のカトパン”ヒロド歩美アナ プロ野球選手と結婚志願?
 カトパンことフリーアナウンサーの加藤綾子(36)が電撃結婚を発表した今週。相手は、東京・神奈川を中心に60店舗のスーパ...
2021-06-12 17:03 エンタメ
新婚でもドラクエウォーク…有吉弘行の変わらぬルーティン
 土曜の昼下がりの東京の高級住宅地・広尾。緊急事態宣言中とはいえ、マスクをした上で買い物する客でごった返す広尾商店街を、...
2021-06-12 17:03 エンタメ
夜の銀座はクラブ「姫」の時代 作詞家・山口洋子の始まり
【芸能界と格闘技界 その深淵】#9  銀座のクラブ「姫」をオープンした山口洋子は、後年になって老舗店のマダムについて次...
2021-06-12 17:03 エンタメ
韓国女性は10歳以上離れた「年の差カップル」に不満爆発
【奇妙?単純? 韓流の方程式】#34  立憲民主党の本多平直衆議院議員が口にした性交をめぐる発言。同議員は、性交同意年...
2021-06-12 17:03 エンタメ
芸能ニュースが不調…昔は詐欺的表現や手段も使ったことも
城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】  大ベテランの芸能記者と話をしていたら、何度も出てきた言葉が「芸能ニュースが不調だ...
2021-06-12 17:03 エンタメ
JUMP知念の熱愛発覚!容認コメ続出裏に関ジャニ横山の密会
 今月10日、Hey! Say! JUMPの知念侑李(27)がモデルのトラウデン直美(22)と自宅デートを重ね交際してい...
こじらぶ 2021-06-12 06:00 エンタメ