華やかな色合いの「ビーツとブルーチーズ」は独特の味と風味

コクハク編集部
更新日:2020-06-28 06:00
投稿日:2020-06-28 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・芦屋のビストロ「Isshiki」の一色幸作さんに、見た目も華やかな「ビーツとブルーチーズ」のレシピを教えていただきました。

ビーツの水分だけでゆっくり焼く

合う酒=オレンジワイン(C)コクハク
合う酒=オレンジワイン (C)コクハク

 ビーツは地中海沿岸地方原産のサトウダイコンの一種で、ホウレンソウと同じ科に属しています。ゆがくとお湯に色素が出て「ボルシチ」になってしまうので、ビーツの水分だけで焼きます。油でゆっくり焼くと、独特のきれいな色が逃げることもありません。

「色がいいので、ぜひ使いたい食材のひとつです。スーパーフードと呼ばれるほど栄養価が高く、味自体も良く、ゴボウのような土っぽい強さがある。カモと相性抜群なのですが、ビーツだけでも十分な一品になります」

 フランス料理にも使われ、色がきれいなことから、ホタテの貝柱と合わせることも。低温のオイルでじんわり火を入れることで透明感が増すそうです。

「ジョージアのオレンジワインは木の樽ではなく、陶器に入れて洞窟の地中で熟成させたもので、ビーツの力強い土の風味とよく合います。仕上げのブルーチーズの量はお好みで。多少、増やしても味も風味もビーツに負けることはありません。パルミジャーノはおまけです」

 ビーツのしっかりした食感と独特の風味が、食欲をそそりますね。

【材料】

・ビーツ 1個
・ローズマリー 1本
・塩 適量
・ブルーチーズ 20グラム
・パルミジャーノ 適量

【レシピ】

1. ビーツを洗って皮をむき、乱切りにする。
2. 鍋にオリーブオイル(分量外)、塩、ローズマリー1本を入れ、最初は強火で。
3. 「ジューー」と音がし出したら蓋をして、弱火で15分ほど混ぜながら炒める。
4. ビーツの水分だけで焼く感じ。軟らかくなったら火を止めて、熱いままの状態でブルーチーズを入れ、余熱で溶かすようにしてとにかく一生懸命混ぜる。

本日のダンツマ達人…一色幸作さん

▽一色幸作(いっしき・こうさく)
 神戸市灘区出身。中学生時代から寿司職人に憧れ、高校卒業後、辻調理師専門学校に進学し、和洋中料理を学び、最終的にフレンチを選択。神戸の「メリケンパークオリエンタルホテル」を経て、オーナーシェフのフレンチなどで修業を積み、2017年12月、芦屋の山手の閑静な住宅街に「Isshiki」をオープン。

▽Isshiki
 カウンター10席ながら店内はゆったりとくつろげる空間が広がる。ランチは、前菜付きの生パスタ(1080円)と目玉焼きチーズハンバーグプレート(1290円)の2種類。夜は、アラカルトのみの本格フレンチ。近所に住む芦屋マダムで賑わっている。兵庫県芦屋市東山町2―6。

(日刊ゲンダイ2019年9月21日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「アボカドの卵黄づけ」だし醤油に15分漬けて卵を落とすだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・高円寺の居酒屋「あんぽんたん」の村山正人...
最旨っ!ペヤング「獄激辛にんにく」実食 2021.8.3(火)
 まるか食品の「ペヤング獄激辛シリーズ」に新しい仲間が加わりました。その名も「獄激辛にんにくやきそば」! 夏だからね、に...
「水なすのみょうが味噌かけ」味噌と砂糖のバランスがカギ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...