悩み別!アイクリームの正しい選び方♡ 目元トラブルを解消

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-23 06:00
投稿日:2020-10-23 06:00
 目元のたるみや、なかなか消えないくまにお悩みではありませんか? そんな時におすすめのアイテムが、「アイクリーム」です♡ 顔の部位の中でも特にデリケートな目元には、専用のクリームを使うことでより高い効果を実感できますよ。そこで今回は、悩みに対する効果別にアイクリームの選び方を詳しくご紹介します!

アイクリームって本当に必要?

目元のケアどうしてる?(写真:iStock)
目元のケアどうしてる? (写真:iStock)

 まぶたは、体の他の部位に比べて皮膚の薄さが1/3しかないため、乾燥しやすく、特にデリケートな部位と言われているんです。肌は乾燥すると肌バリアが弱くなるので、多少の刺激でもトラブルに繋がりやすいんですよね。また、加齢などの要因によっても肌は衰えてしまうため、早い段階でアイクリームを使うことで、ラブルを未然に防ぐ効果が期待できます。

たるみ・くま・シワに効果的なアイクリームの選び方

たるみと戦え!(写真:iStock)
たるみと戦え! (写真:iStock)

 まずは、代表的な目元の悩みであるたるみ・くま・シワに効果的なアイクリームの選び方をそれぞれご紹介します!

たるみに効果的なアイクリームの選び方

 一気に老け顔に見せてしまう「たるみ」。おもな原因は、筋力低下&ハリや弾力に関係する成分の減少。アイクリームでは、弾力アップ成分配合のものを選んでしっかりサポートしましょう!

【成分で選ぶ】
 コラーゲンの働きを増やす、「ビタミンC誘導体」や「レチノール」配合のアイクリームがおすすめ。また、潤いを保つ「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などが配合されているアイクリームでしっかり保湿しましょう。

【テクスチャで選ぶ】
 目元のたるみには、保湿力の高いクリームタイプがおすすめです。ただし、硬いテクスチャだとまぶたの摩擦や刺激に繋がるため、伸びの良いタイプを選ぶようにしましょう。

【使いやすさで選ぶ】
 保湿を重視したいたるみには、たっぷり使えるジャータイプが◎。特に、しっかり保湿したい就寝前でも、手に取りやすく使いやすいですよ。

ビタミンEが肌に効く(写真:iStock)
ビタミンEが肌に効く (写真:iStock)

くまに効果的なアイクリームの選び方

 目の下のくまも、頑固でなかなか治らず困りますよね。くまは、おもに3種類あると言われています。
・ 黒ぐま→ハリがなくなり影ができることが原因
・ 茶ぐま→摩擦や刺激による色素沈着が原因
・ 青ぐま→寝不足や疲れからの血流の悪さが原因

 それぞれ原因が違うため、くまの種類ごとに有効な成分が配合されているものを選ぶことが大切ですよ。

【成分で選ぶ】
 黒ぐまには、肌の弾力をアップする「レチノール」や「ヒアルロン酸」のアイクリームがおすすめです。色素沈着が原因の茶ぐまには、じっくりとターンオーバーを促進しながらメラニンを排出していく「トラネキサム酸」「ビタミンC誘導体」が、効果的。

 血行不良が原因の青ぐまには、血流をアップさせる「ビタミンE」配合のものが良いでしょう。

【テクスチャで選ぶ】
 黒ぐまや茶ぐまには刺激の少ないジェルタイプやセラムタイプなど、伸びが良いものがおすすめ。青ぐまには軽くマッサージをしながら塗ると血行促進効果が得られるため、クリームタイプなどすぐに乾燥しないタイプが良いでしょう。

【使いやすさで選ぶ】
 持ち運びしたい場合は、チューブタイプが重宝します。寝る前にもしっかりケアを行いたい場合には、ジャータイプが良いでしょう。シーンによって使い分けるのもありですね。

シワのない目元になれるかも?(写真:iStock)
シワのない目元になれるかも? (写真:iStock)

シワに効果的なアイクリームの選び方

 加齢と共に気になってくるシワは、ひどくなる前にケアを始めることが重要です。エイジング効果の高いアイクリームを選ぶようにしましょう。

【成分で選ぶ】
 シワ には「レチノール」や「ナイアシンアミド」といった、シワ改善効果のある成分の配合されたものが◎。また、「セラミド」や「ヒアルロン酸」など、保湿力が高い成分もチェックしてみてくださいね。

【テクスチャで選ぶ】
 シワには、こってりとした密着度の高いテクスチャーがおすすめです。また、肌馴染みが良く肌内部まで浸透するセラムタイプも、小ジワや目元の乾燥対策に向いています。

【使いやすさで選ぶ】
 アイクリームをシワに使うなら、断然チューブタイプが使いやすいです。細かい目尻のシワ には、先の細いタイプで細かく塗り込んでいくと良いでしょう。

アイクリームを塗る正しい順番&効果的な塗り方

正しい使い方で効果UP(写真:iStock)
正しい使い方で効果UP (写真:iStock)

 基本的にアイクリームは、化粧水→美容液→乳液の後に使います。しっかりと化粧水を浸透させてから塗ると化粧水が導入液の代わりになるため、効果がアップしますよ。

 また、以下のポイントを押さえるだけで、より効果的に活用することができます。

【アイクリームの効果的な塗り方】

・アイクリーム100円玉大を手にとり、しっかり温めて伸びや浸透を良くする
・まぶたと目の下にいくつかの点にわけて置いて、伸ばしていく
・力が入りづらい中指や薬指を使い、内側から外側に優しく円を描くように馴染ませる
・乾燥がひどいときは、重ね塗りをする
・次のスキンケアをする時は15分おいて、浸透させてから続ける

アイクリームで10年後の目元の肌悩みを早めにケア♡

10年後シワを気にせず笑えるかな?(写真:iStock)
10年後シワを気にせず笑えるかな? (写真:iStock)

 何気なく毎日行っているアイメイクも、実はジワジワとまぶたのたるみやくまのリスクを高めてしまっています。早めにケアすることで、将来の目元トラブルを予防することができるはず。ぜひ、今日からアイクリームで目元ケアに挑戦してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


夜まで巻き髪が取れない巻き方のコツ5つ&おすすめアイテム
 デートの日、時間をかけて可愛く髪の毛を巻いたのに、お昼過ぎになると取れてしまってショックを受けたことはありませんか?「...
春のゆらぎ肌には雑誌付録で♪ お得に美肌アイテムを試した
 最近は、雑誌の付録だけでスキンケアとメイクができている状態です(笑)。月に2冊ほど美容雑誌を買えば、最新のアイテムを気...
憧れの“太りにくい体質”になるには?体質改善の6つのコツ
 ダイエットで悩んでいる時、ふとスタイルのいい友人を見て「なんで、あの子は食べても太らないんだろう?」と気になったことは...
メイクのプロに聞いた!結婚を近づける“婚活メイク”徹底解説
 結婚したいと思ったら、まずは出会いの場へ行きますよね。そこで大切なのが、第一印象です。最近はコロナ禍により、婚活アプリ...
ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...