マスクでたるみ&老け顔が加速…3つの撃退方法で対策を!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-08-20 06:00
投稿日:2020-08-20 06:00
 コロナ禍の今、マスクをつける機会が増えた私たち。意外にも「しみやシワ、たるみや肌荒れを隠せる♡」と喜んでいる人もいるのだとか。でも、ちょっと待ってください! 実はマスクをつけ続けることは、たるみや老け顔の原因にもなるんですよ。そこで今回は、マスクでできる、たるみの原因や対策方法を詳しくご紹介します。

マスクをすると老ける? たるみやほうれい線が深くなる原因

マスクの下はおばさん顔!?(写真:iStock)
マスクの下はおばさん顔!? (写真:iStock)

 マスクをしている時の顔を、意識してみてください。マスクの下が以下の状態だと、注意が必要ですよ!

・口が半開きになっている
・無言でいることが多く、無表情
・舌が口の上につかず、落ちている
・微笑んだり、笑うことが少ない

 実は、これらは全て「顔の筋肉」と「表情のクセ」に関係があるんです。私たちの顔には、表情筋と呼ばれる筋肉があります。特に口周りには、口輪筋、口角下制筋、笑筋など多くの筋肉があって、これらが肌を支えているのです。

 体も同じですが、筋肉を使わなければどんどん衰えてしまいますよね? 同じように、マスクによって油断した表情が続くと、筋肉は衰えて肌を支えられなくなり、老け顔が進行してしまうんです。

マスクが原因のたるみ&老け顔を撃退する3つの方法!

クリームを使うのもあり(写真:iStock)
クリームを使うのもあり (写真:iStock)

 それではさっそく、マスクによるたるみや老け顔を撃退する方法をご紹介します。いろいろな方法があるので、生活スタイルに合っていて無理なく続けられるものを選んでくださいね。

1. 顔の筋トレをする

 マスクによるたるみや老け顔は、筋肉を使わないことが大きな原因となるため、表情筋にアプローチする筋トレを行ってリフトアップ効果を狙いましょう! まずは、マスクの下でゆるみっぱなしの頬からです。ほうれい線が深くなる前に、習慣にしてみてください。

【頬の筋トレ】

1. 両目の目尻の下に、それぞれ人差し指をおく
2. 笑顔のような表情で「あー」と声を出して、頬の力で指を持ち上げる
3. 上の前歯がしっかり見えて指が上がったらゆっくり戻す(20回繰り返す)

 口元が半開きになると、フェイスラインもたるんでいきます。続いては、舌の筋トレで顎のたるみを解消しましょう!

【フェイスラインの筋トレ】

1.胸の前で両手を合わせる
2.舌を前に出してから上にあげていく
3.ゆっくり元に戻す(20回繰り返す)

2. 小顔マッサージをする

 緩みきってしまった表情筋を活性化させるには、顔の血流やリンパの流れを良くすることが大切♡ 小顔マッサージはたるみ解消だけでなく、美容面から見ても効果的なのでおすすめですよ。

【小顔マッサージ】

1. 美容クリームやマッサージクリームなど、滑りが良くなるものを顔に塗る
2. 顎先から耳下に向かって、くるくると円を描きながら優しくマッサージを行う
3. 口元から耳上に向かって、同じようにマッサージを行う
4. 目尻からこめかみに向かって、同じようにマッサージを行う
5. 最後に、両手で顔を押さえてクリームを浸透させる

 ポイントは、クリームなどを使って顔をこすらずやさしく行うことです。保湿効果だけではなく、血流やリンパの流れが良くなり、表情筋が活性化するので一石二鳥です♡

3. リストアップマスクなどのたるみ対策グッズを使う

 たるみや老け顔解消用の対策グッズを使う、という方法もあります。たとえば、強制的に顔を引き上げていく「リストアップマスク」や、表情筋の刺激に効果的な「フェイシャルローラー」、有効成分を浸透させて皮膚にハリをもたらす「たるみ専用クリーム」などのアイテムをチェックしてみましょう。

 コストはかかりますが、ワンランク上のケアをしたい時には、ぜひ活用してみると良いでしょう。

マスクの中で簡単にできる♡ 顔のたるみをとる意外な習慣

マスクの下でも笑顔!(写真:iStock)
マスクの下でも笑顔! (写真:iStock)

「筋トレやマッサージは続かなさそう……」と心配な人は、マスクの中でできる簡単で意外な習慣を試してみてください。無意識でできるようになれば、将来のたるみを防ぐこともできますよ。

1. マスクの中で笑顔を作る

 一番簡単でおすすめの方法が、「マスクの中で笑顔を作る」こと。笑顔といっても、自然な微笑みでOKです。口角を引き上げて、筋肉が緩まないように意識してみましょう。

 最初は慣れないかもしれませんが、思い出した時だけ行うことで、自然と無意識でできるようになります。上がった口角は、肌のたるみを支えてほうれい線ができるのを防いでくれます。

2. 下をあごの上側につける

 たるみによる二重アゴが気になる人は、普段から舌を口の上側につけてみましょう。鏡の前で行うと一目瞭然なのですが、舌が下がっていると二重アゴに見えやすくなってしまうんです。

 また、舌を顎上につけると、摩擦の刺激で唾液が多く分泌されるため、口臭防止にもなるそうです。

簡単対策でマスクによる「たるみ&老け顔」も怖くない!

コロナに負けず笑顔で!(写真:iStock)
コロナに負けず笑顔で! (写真:iStock)

 マスクをしているからと気を抜いていると、気づけばたるみや老け顔が一気に加速してしまうかもしれません。マッサージや筋トレ、対策グッズを上手に活用して、マスクによるたるみや老け顔を防ぎましょう!

 ちょっとした意識を変えるだけで、たるみ予防だけでなく美肌も手に入れることができますよ♡ さっそく今日から、挑戦してみてくださいね!

ビューティー 新着一覧


肌悩みが多い人へ♡ カバー力があるファンデの種類&使い方
 濃いシミやニキビ跡、頑固なクマなど、短時間のケアでは治らない肌トラブルって辛いですよね……。そんな女性の強力な味方が「...
“スモーキーメイク”のやり方&アイシャドウの色選びのコツ♡
 トレンドに敏感な女性たちの間では、すっかりお馴染みの「スモーキーメイク」。「取り入れてみたいけど、やり方がわからない…...
“色気メイク”で彼の心を掴もう♡ポイント&パーツ別メイク法
 女性らしい魅力を引き出すことができる「色気メイク」は、大人の女性にとって、理想的なメイクと言えるかもしれません。そこで...
新垣結衣さんの“すっぴん美肌”を目指せるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
毛穴レスな陶器肌に♡マットメイクのやり方のコツ&注意点
 光沢のないマットメイクは、ナチュラルなのに大人っぽい雰囲気が漂うメイク。でも、「やってみたいけどなんだか難しそう……」...
ゾンビに傷あと…簡単で可愛い♡ハロウィンメイク&アイテム
 今年も、ハロウィンの季節がやってきましたね♡ 今回は、ハロウィンパーティーに大活躍するハロウィンメイクのアイディアをご...
バズり靴下「ファミマソックス」に「am/pm」柄が新登場!2021.10.14(木)
 今年の夏、SNSでバズった“ファミマの靴下”。一部の店舗で、売り切れが続出しましたが、最近また見かけるようになりました...
ミストは乾燥するって本当?正しい使い方&3つの注意点♪
 ミストタイプの化粧水は、出先でも簡単に肌の水分補給ができる便利なアイテム。でも、使い方を間違えてしまうと乾燥の原因にな...
男性ウケ抜群のモテ顔に♡ デートメイクのコツ&NGメイクも
 デートの際、気合いが入ってついメイクが濃くなってしまう人もいるでしょう。しかし、男性は盛りすぎメイクよりも、ナチュラル...
マツエクはもう時代遅れ? 初期&最新のトレンドを徹底比較♪
 つけまつ毛をつけているようなパッチリした目元を叶えてくれる「マツエク」は、美容に敏感な女性たちの中ではすっかり定番のア...
実は美人が多い♡ “ゴリラ顔の特徴&似合う髪型を選ぶコツ
「可愛い」というより「ワイルド」なイメージが強いゴリラ顔。“ゴリラ顔”と聞くだけでネガティブなイメージが先行してしまいま...
壇蜜のような“ふわとろ色気ボディ”を狙うおすすめグッズ3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
雑誌の豪華付録で美容家電をゲット♡ 眉毛シェーバーが優秀♪
 雑誌の付録をチェックするのが、ひそかな楽しみになっている私です。発売直後の新アイテムが試せたり、美容家電が付録になって...
ベリーショートは男ウケが悪い? 意外な事実&似合う人の特徴
 ベリーショートが似合う女性って、魅力的に見えて素敵ですよね。でも、ベリーショートは「男ウケが悪い」というのが、多くの女...
顔の産毛が濃いのが気になる…すべすべ肌を目指す5つの方法
 女性にとって、顔の産毛は厄介なもの。顔の産毛が濃くなると肌のトーンダウンにも影響してしまいますし、人から指摘されること...
“地雷系メイク”の特徴♡ 病みかわいく仕上げる部分別ポイント
 女性にとって、メイクは個性を発揮する手段のひとつ。「今のメイクに飽きてきた」という人は、「地雷系メイク」にチャレンジし...