アラサー女子の“老け髪”問題…原因とヘアケアをプロが伝授!

藤田裕美 美容師・ヘアメイク
更新日:2020-11-15 06:00
投稿日:2020-11-15 06:00
 なんだか最近、髪の悩みが増えたな……。前は気にならなっかたことが次々と気になり始めてきて「なんで?」と思うことはありませんか。それ、プチ老化の始まりかもしれません。お悩み別に原因と適したケアを紹介していきましょう。

髪全体がパサつきツヤがない

 実は、髪のパサつきも老化が原因の一つです。肌に比べて老化が分かりやすいのも髪で、季節や体調によって顕著にあらわれます。

 外的要因としては頻繁にカラーリングやパーマなどを繰返している人も要注意。髪にツヤや元気がないだけで老けて見られたり、何より自身のモチベーションが下がってしまいます。

 そうならないために、今までのヘアケアをワンランクアップしてあげる時期なのかもしれません。若い時は何を使ってもそれなりに見えますが、アラサー女子は「少し良いもの」を使って髪全体に元気を取り戻しましょう。

 傷んでスカスカな髪には、必要とされる栄養分とたっぷりの潤い成分を。紫外線も大敵です。日焼け防止対策もしっかりと。アフターケアも忘れずに。

 最近ではヘアケアの進化がもの凄く進化をとげています、自分にあったものを使いましょう、通っているサロンの美容師に選んでもらうのもおすすめです。

頭皮がベタつき、髪のボリュームがなくなってきた

 毛髪よりも頭皮の問題かもしれません。忙しくてついシャンプーの時間を簡単に済ませていませんか?

 汚れがしっかり取れていないどころか、シャンプー剤すら流しきれていないなんてことも。

 頭皮を擦りながらお湯でしっかり濡らすことで、半分以上汚れが取れると言われています。シャンプー剤をよく泡立てて頭皮をマッサージするように洗い、その後十分に流します。

 よく洗われていないことで頭皮が固くなり、流しきれていないことでベタつき、ボリュームもなくなるのです。

 コンディショナーやトリートメントなどを頭皮に直接つけるのも気をつけて! 毛穴を塞いでしまうこともあるので毛髪を中心に。

 なるべく時間を置かずに、バスタイムの後は素早くドライすることも大切です。髪が濡れている時が一番ダメージを受けやすいと言われています。乾かす際はお気に入りのアウトバストリートメントも忘れずに。

プチ老化対策に一番必要なのは…

 そして何より大切なことは内側からのメンテナンス

 当たり前のことですが身体が健康ではないと髪にも大きな影響があります。睡眠不足や食生活の乱れが原因になることも。ストレスの多い時代、心身ともに健康でいるために常に意識したいです。

 栄養のある食事と睡眠、いつでも清潔でいること。自分に合ったヘアケアコスメをプラスして、少しずつ始まっている老化に立ち向かい、スピードを緩やかにしていきましょう、早い段階で準備をしておくことは最も重要です。

まとめ

 髪に艶やボリュームがあり元気だと、何よりその人自身が輝いて見えますし、若々しく見えます。メイクやファッションと同じくらい大切なことなのです。いつまでも綺麗な髪でいられるように日頃から年齢や紙質に合ったケアを心掛けましょう。

藤田裕美
記事一覧
美容師・ヘアメイク
都内のサロンに勤務後フリーのヘアースタイリストに転向。メディア等のヘアーメイク、講師などの活動。2014年恵比寿にプライベートトータルビューティーサロンを設立。美容師免許保持。
http://starlier.jp/

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


サマンサタバサ、4℃大量閉店 エビちゃんOL系が令和世代にウケない背景
 これも時代か…。かつて若者の人気ブランドだった「Samantha Thavasa(サマンサタバサ)」の経営危機が報じら...
31歳女が勇気を出して「人生初まつげパーマ」に挑戦してみた
 恥ずかしながら、30代になってもまつげパーマをした経験がありませんでした。そんな私がまつげパーマに挑戦したきっかけは、...
自分の顔見てぎょ!「まぶたのたるみ」すっきり見せるケア&メイク法
 自分の顔を鏡で見たとき「アイメイクしているのに目元に元気がない…」と感じたことがあるアラフォー、正直に挙手!  そ...
意外と見られてる!“愛の証”キスマークの消し方と隠し方…安心してつけて
 大好きな彼との熱い時間に、ついてしまったキスマーク…。会社に行くのも気まずいし、友達に見られるのも嫌! と悩む人もいる...
盛りブラよりスポブラ! 貧乳40女が直面したブラジャー問題
 自他ともに認める貧乳です。ええトシこいて、あばら浮いてます。  よって筆者のブラジャーは盛り重視。「寄せて上げる」ど...
おならが臭う、げっぷが出る!【医療専門家監修】腸活から知るセルフケア
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
廃盤になったら外出できない!? 40代美容家愛用「底見えコスメ」厳選2品
 物価高に苦しむ今は「本当に使えるもの」に厳選して、コスメ選びをしたい人も増えていますよね。  40代のメイクでは、ア...
「膣が乾いて痛い…」40代、夜の生活で実感した老い問題どうしてる?
 40代女性の悩みの一つとして、「夜の生活で感じる老い」があります。若い頃とは違い、老いを感じはじめる年齢でもありますよ...
双子級にそっくり!レブロンがボビィブラウンの名品ハイライターを食った
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
そのふらつきは脳の病気?自律神経の乱れ?【医療専門家監修】5つの整う
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
コンプレックスが悪目立ち!今すぐ見直したい残念メイクテク3選
 コンプレックスを解消するためのメイクが、実は逆効果になってしまっていたら悲しいですよね。  メイク手法が定着している...
「膣おなら」の原因は?【医療専門家監修】性交渉や運動中に恥ずかしい…
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
値段差4300円!SUQQUソックリの「エクセル」お粉はプチプラの鑑だ
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
愛用する化粧水が“改悪”の悲劇!敏感肌の30女が頼った「2つのブランド」
 敏感肌ですぐに赤くほてってしまうタイプのため、鎮静効果のある化粧水を長年愛用してきました…が、それがリニューアルされて...
【ユニクロ】絶賛セール中!ドローストリングショルダーバッグが超使える
 今年はユニクロのラウンドミニショルダーバッグが流行りましたが、ドローストリングショルダーバッグも大容量で魅力的なのを知...
アイラインガタガタ大丈夫?化粧崩れおばさん一直線の3大NGアイメイク
 年齢を重ねていくと、濃いメイクはすっかり卒業して、ナチュラルメイクに切り替える人も増えますよね。  しかしナチュラル...