頑固な寝癖の直し方! すぐに試せるタイプ別アプローチ8選♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-09-07 06:00
投稿日:2020-09-07 06:00
 朝起きた時、鏡の中の寝癖を見て焦った経験は誰にでもあるはず。時間がないのに、なかなか直らない寝癖に「キーっ!」っと叫んでしまう人もいるでしょう。
 今回は、そんな寝癖を簡単に直す方法をご紹介します♡ 従来の“水で直す”方法から、あるアイテムを使った裏技まで、寝癖のタイプ別にまとめてみました。ぜひ、活用してみてくださいね!

【爆発タイプの寝癖】広がりを押さえてまとめる直し方

寝癖で爆発…!(写真:iStock)
寝癖で爆発…! (写真:iStock)

 髪の量が多い人や、髪が太い人、ショートやボブの人に多いのが、全体に広がる爆発タイプの寝癖です。爆発タイプは、しっかり根元から癖を取っていくことが重要です。

ニット帽をかぶって根元を押さえる

 朝、水で髪を濡らす時間がない時に有効なのが、ニット帽をかぶること。広がるタイプの寝癖は、根元にうねりや癖がついていることがほとんどですので、表面だけ濡らしたり蒸したりしても、あまり意味がありません。

 ニット帽以外にも、頭の形に沿ってぴったりフィットするタイプの帽子ならOK。10分程度かぶっておくだけで、ボリュームがかなり抑えられます。あとは、表面の髪を軽くお湯で濡らして、ドライヤーをかければOKです。

余裕があるならシャワーで一気に根本まで髪を濡らす

 爆発タイプの寝癖は、表面をちょこちょこ濡らして直しても余計に時間がかかります。実は、一気に根元まで髪を濡らしてしまい、ドライヤーでさっと乾かした方が早く寝癖が直る場合も多いのです。時間に少し余裕があるなら、ぜひこの方法を試してみてくださいね。

【外ハネタイプの寝癖】毛先を整える直し方

ドライヤーは濡らした5分後に♡(写真:iStock)
ドライヤーは濡らした5分後に♡ (写真:iStock)

 髪の癖や、ボブくらいの長さの人に多いのが、外ハネタイプの寝癖です。ポイントは、濡らした後に少し時間を置いてから直すこと。

コテやアイロンを使って直す

 毛先だけの外ハネなら、コテやアイロンを使って簡単に直すことができます。外ハネしてしまっているところを、少しずつ数回に分けて直していきましょう。

 一度に長時間コテやアイロンを当ててしまうとカールがつきすぎてしまうことがあるので、慎重に当ててくださいね。

水で濡らして5分後にドライヤーで乾かす

 コテやアイロンがない場合には、髪を濡らしてからブラシとドライヤーを使って寝癖を直していきましょう。髪の性質である「水素結合」が寝癖と関係しているので、髪の癖を取りやすくするためには、濡らしてから5分待つのがポイントです。

【ペタンコタイプの寝癖】ふんわりボリュームを与える直し方

ムースでふんわりボリュームを♪(写真:iStock)
ムースでふんわりボリュームを♪ (写真:iStock)

 髪の細い人や、量の少ない人に多いのが、ペタンコタイプの寝癖です。全体に貧相な感じに見えてしまうので、ふんわりボリュームを与えながら直していきましょう。

水で濡らしてから根元をドライヤーで立ち上げる

 ペタンコタイプの寝癖直しの基本は、水で全体を濡らしてからドライヤーで根元を立ち上げる方法です。全体を湿らせたら、髪の毛を手ぐしで上に立ち上げながら、根元部分にドライヤーを当てていきます。

 この時、一箇所に長時間当てず、全体にまんべんなく風が当たるようにすることもポイントです。

ムースを使ってスタイリングする

 スタイリング用のムースを使う方法も、おすすめです。髪全体を湿らせてから、ムースを髪の根元に揉み込んでいきます。その後、ドライヤーで根元を立ち上げるように風を当てていくと、ふんわりした状態を長時間キープすることができますよ。

【パサパサタイプの寝癖】しっとり潤わせる直し方

まとめ髪アレンジは強い味方!(写真:iStock)
まとめ髪アレンジは強い味方! (写真:iStock)

 ロングヘアや傷んだ髪の毛の人に多いのが、パサパサタイプの寝癖です。髪の毛が濡れている時は、キューティクルが剥がれやすい状態。寝る前にしっかり乾かさないで寝ることで、翌朝パサついた髪になってしまいます。

 そこで、パサパサタイプの寝癖をしっとり潤わせる直し方を見ていきましょう。

スタイリング剤でしっかり水分を補給

 パサパサタイプの寝癖には、スタイリング剤が不可欠。まずは、ブラシを使って絡まりをほどきましょう。次に、髪全体を水で湿らせてから、ヘアクリームやヘアオイル、ヘアミストなど、しっとり系のスタイリング剤をつけていきます。

 仕上げにブラッシングしながらドライヤーで乾かせば、しっとりまとまった髪の毛になりますよ。

髪の毛をアレンジする

 髪の毛自体がとても傷んでいて、時間が経つとパサつきが戻ってきてしまうようなら、アレンジしてしまうのもひとつの方法です。ロングなら編み込みやポニーテールなどのまとめ髪、ショートならピンを使ったアレンジなどで髪を束ねるようにしましょう。

 このタイプは、髪のダメージケアから始めることが大切。トリートメントを使ったり、傷んだところをカットしたりして、根本的に傷みを改善しましょう。

寝癖のタイプに合わせた直し方で悩みを解消!

自分の髪質に合った寝癖対策を(写真:iStock)
自分の髪質に合った寝癖対策を (写真:iStock)

 寝癖だけでなく、髪質や髪の癖は人それぞれ。朝の寝癖を効率的に直すには、あなたの寝癖タイプや髪の毛のうねりの癖を知っておくことが大切。それがわかれば、寝癖を簡単に直すポイントもわかってくるはずですよ。ぜひ、この記事を参考にして、あなただけの寝癖直し方法を確立してみてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...
生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...
40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...