ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-17 06:00
投稿日:2021-02-17 06:00
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いますが、露出が少ない冬にはケアを怠ってしまう人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、ガサガサかかとになる原因と解消方法をご紹介します。

どうしてかかとはガサガサになる? 4つの原因

ガサガサかかとをなんとかしたい!(写真:iStock)
ガサガサかかとをなんとかしたい! (写真:iStock)

 かかとがガサガサしてくると、ストッキングが引っ掛かりやすくなります。おろしたてのストッキングが伝線してしまうと、がっかりしてしまいますよね。そこでまずは、なぜ伝線させてしまうほどかかとがガサガサしてしまうのか、原因をご紹介します。

1. 肌の乾燥

 実は、かかとには皮脂分泌腺がありません。自ら油分を作り出すことができず、肌の潤いを守ることができないため、ほかの部位に比べても乾燥しやすい場所なのです。

 さらに、顔や体は化粧水や美容液でケアしますが、かかとをケアする人は少ないため、乾燥しやすくなります。

2. 外部からの刺激

 かかとは、思っている以上に外部刺激を受ける場所。特に女性はハイヒールを履く人が多いですから、かかとに大きな刺激が加わることになります。肌に刺激が加えられると防御反応が働き、皮膚が硬くなり、ガサガサかかとの原因を作ってしまいます。

 また、意外にもかかとの過剰なケアをするのもNG。「肌を守らなければ」と、体が防御反応を働かせることになります。

3. 肌のターンオーバーの乱れ

 私たちの肌は、ずっと同じものではありません。見た目は変わりませんが、知らず知らずのうちに肌の「ターンオーバー」という新陳代謝の力によって、生まれ変わっています。

 しかし、このターンオーバーは加齢やストレスなど、さまざまな原因によって乱れることがあります。これにより、古い角質が溜まって、ガサガサかかとの原因となってしまいます。

4. 実は「かかと水虫」かも

 かかとがガサガサしてくると、多くの人は「乾燥によるものだろう」と気楽に考えるでしょう。

 しかし、かかとにぷつぷつとした皮めくれがあったり、かゆみがあるなどの場合には「かかと水虫」の可能性があるので注意が必要。ケアをしているのになかなか良くならない場合には、一度皮膚科で相談してみましょう。

かかとのガサガサを解消する!5つの方法

かかとにも入念な保湿ケアが大切(写真:iStock)
かかとにも入念な保湿ケアが大切 (写真:iStock)

 どんなにおしゃれをしていても、かかとがガサガサでは気になってしまうもの。見た目が悪いだけじゃなく、自分自身も気持ちが良いものではありませんよね。そんな時には、これらの方法でガサガサかかとを解消しましょう♪

1. かかとも保湿ケアが必須

 毎日、顔の保湿ケアはしているのに、かかとのケアをしている人は少ないはず。皮脂分泌腺がないからこそ、保湿ケアは必須です。

 かかとは手のケアのように頻繁にクリームを塗ることができないため、靴下を履く前、夜寝る前などにケアをすることが重要です。かかとが硬くなっている人は、尿素が含まれた保湿性の高いクリームを使うことで、角質を柔らかくすることもできるでしょう。 

2. 刺激の原因を探る

 かかとには必ず外的刺激が加わりますが、人によって何が大きな刺激となっているかは異なるもの。そのため、自分にとって何が大きな刺激となっているのかを探ることも大切です。

 たとえば、ストッキングの化学繊維が原因となっている人もいれば、高いヒールの靴が原因になっている人もいます。靴によってかかとにかかる負担が変わってくるため、足に刺激の少ない靴を選ぶようにしましょう。

3. 素足を避ける

 家に帰ると、すぐに靴下やストッキングを脱ぐ人も多いでしょう。素足になると、ストッキングや靴からの開放感が味わえますよね。

 しかし、ガサガサかかとを改善したいと思うのであれば、できるだけ素足は避けた方が無難です。素足で歩けば、それだけかかとに外的刺激が加えられることになりますから、夏場でもクリームでケアをした後はシルクの靴下などで保護することが大事です。

4. 角質のケア

 かかとがガサガサしている人の多くは、肌のごわつきを感じているはず。これは古い角質が溜まっている証拠ですから、軽石などを使って角質ケアを行うのも有効です。

 ただし、角質ケアはやりすぎると皮膚を傷つけてしまいます。ケアの目安は、週に2回程度。優しくこすって古い角質だけを落としたら、クリームでしっかりと保湿ケアをしましょう。 

5. マッサージで血行を良くする

 一見、かかとケアには意味がないように見えますが、ガサガサかかとをケアするためには、足のマッサージも効果的。マッサージで血行を良くすることで肌のターンオーバーが促されますし、さらに、冷えの改善にも効果が期待できるでしょう。

つるつるかかとを目指すなら、オールシーズンケアしよう♪

オールシーズンのケアでつるつるかかとを目指して♪(写真:iStock)
オールシーズンのケアでつるつるかかとを目指して♪ (写真:iStock)

 かかとのケアというと、サンダルを履く夏場だけしている人が多いでしょう。しかし、ガサガサかかとは冬場の乾燥やケア不足によって悪化してしまうため、つるつるかかとを目指すのであれば、夏だけでなくオールシーズンのケアが必須! ぜひ、こちらを参考にかかとケアに励んでみてくださいね♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


間食をやめると得られるメリット&無理せずやめる5つの方法
 あなたは間食をしていますか? 特に、スイーツが好きな女性は、毎日のように間食をしているかもしれませんね。しかし、間食に...
清楚系メイクで彼の心を動かそう♡メイクポイント&やり方
 メイクと一言で言っても、さまざまな方法があります。中には、いつも同じマンネリメイクに飽きてきている人もいるでしょう。そ...
残念とは言わせない!3分でおさらい「くるりんぱ」のコツ♪
 SNSでヘアアレンジを検索すると、たくさんの「くるりんぱ」が出てきますよね。髪の毛を縛り、縛ったヘアゴムの上あたりに輪...
透明マスカラでナチュラルな目元に♡ 選び方のコツ&使い方
 透明マスカラは、別名「クリアマスカラ」とも呼ばれている“色の付かないマスカラ”のことを言います。透明マスカラは、マスカ...
ドーリーメイクで大人可愛い仕上がりに♡ポイントを徹底解析
 お人形さんのような“ドーリーメイク”に憧れていても、「若い女性がするメイクだし……」「似合う人が限られるから……」と、...
彼との濃密時間が増える♡お泊まりに便利なスキンケア製品3選
 お泊まりデートでは、丁寧なスキンケアをする時間が確保できないという問題にぶつかりやすいですよね。彼との時間を優先したい...
ノーズシャドウの上手な入れ方♡ もう団子鼻に悩まない!
 顔のパーツに関する悩みの中でも、“鼻の形”にコンプレックスを持っている人は多いようです。でも、整形するのはハードルが高...
キレイなネイルを長持ちさせる方法&おすすめデザイン4選♡
 女性にとって、ファッションに欠かせないアイテムの「ネイル」。サロンに通うとお金もかかりますし、セルフネイルでも塗り直す...
下着の買い替え時っていつ? 寿命の見極め方&正しい捨て方
 毎日必ず着用する下着ですが、いつ捨てたら良いのかタイミングが難しいと感じたことはありませんか? 着ようと思えば着られる...
美容家がレク! “ちょこっと白髪”に優秀ホームケア&裏ワザ
 アラサー・アラフォー世代になると、チラホラと出てくる「白髪」に悩む女性も増えますよね。今のご時世では、以前のように気軽...
ボディに化粧って必要? クリームと併用する時の正しい使い方
 毎日お風呂上がりにせっせとボディクリームを塗って乾燥対策をしているのに、膝や肘が乾燥してしまうことってありませんか? ...
“美髪”と言われる5つの絶対条件♡簡単なセルフケア方法も
 潤いがあるキレイな美髪は、女性にとって永遠の憧れ。しかし、そんな髪に憧れを抱いていても、「くせ毛だから……」「髪の毛が...
まるでスパ気分♡ご褒美バスタイムを叶えるプチプラ入浴剤6選
 その日の気分で使い分けられるように、入浴剤はいつも数種類ストックしています♪ 気分で選ベるのは楽しいので、バスタイムが...
仕上がりが変わる♡ ファンデーションの正しい切り替え時期
 みなさんは、ファンデーションを季節ごとに変えていますか?「面倒だから、ずっと同じのを使っている!」という人も多いでしょ...
買ってよかった「筋トレ器具」ベスト3を発表 2021.4.2(金)
 長引くコロナ禍で、テレワークはすっかり定着しつつありますよね。毎日座りっぱなしで、ひたすらパソコンに向かって仕事をして...
まさに女神♡ 韓国トレンド「ヨシンモリ」を5分で作る裏ワザ
 みなさんは「ヨシンモリ(女神ヘア)」をご存じですか? ヨシンモリは韓国で流行っている髪型で、もはや韓国では定番のスタイ...