痩せ見えコーデの5つのポイント♡太って見えるNGコーデも

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-30 06:01
投稿日:2021-03-30 06:01
 女性なら誰もが、痩せ見えコーデで少しでもスタイルを良く見せたいと思うもの。ダイエットで体重を減らすのは簡単ではありませんが、痩せ見えコーデをマスターすれば、今すぐ簡単にスタイル美人になれますよね♡ 今回は、痩せ見えコーデの5つのポイントや、逆に太って見えるNGコーデをご紹介します!

痩せ見えコーデの5つのポイント

アクセサリーで着やせ効果を(写真:iStock)
アクセサリーで着やせ効果を (写真:iStock)

 “痩せ見えコーデ”とは、目の錯覚を上手に活用して、実際よりも痩せてように見せるコーデのこと。まずはじめに、痩せ見えコーデをするポイントを見ていきましょう。ぜひ、自分のクローゼットの洋服を思い出しながら見てみてくださいね。

1. 収縮色を選ぶ

 痩せ見えコーデで、もっとも重要なポイントだと言われているのが、洋服の色選び。痩せ見えコーデは目の錯覚を活用するものなので、大きく見える「膨張色」よりも引き締まって見える「収縮色」を選ぶのが基本中の基本です。

 収縮色とは、黒や青や水色などの寒色系のことを言い、影のように見えるので痩せ見えコーデに効果的。ウエストや二の腕など、細く見せたい部分に収縮色を上手に取り入れてみましょう。

2. 首・足首・手首を見せる

「痩せ見えコーデ」と聞くと、太い部分をカバーすることばかりに気を取られてしまいがちですが、実は細い部分を強調することで痩せ見え効果がアップするんです!

 特に意識したいのが、首・足首・手首の3つの首。体の中で特に細い部分ですので、痩せ見え効果が抜群なんですよ。Vネックのトップスを選んだり、パンツやシャツの裾を折り返して足首や手首を見せてみましょう。3つの首を隠したコーデと見比べてみると、痩せ見え効果がよくわかるはずです。

3. 大きなアクセサリーで視線をそらす

 冒頭でもご紹介した通り、痩せ見えコーデは目の錯覚を利用します。そのため、大きめのアクセサリーで視線をそらすことも、痩せ見えコーデのテクニックのひとつだと言えるでしょう。

 大きめのピアスやイヤリングは存在感が大きいので、そのぶん、体が華奢に見えます。揺れるタイプのアクセサリーだと、さらに効果的です。また、大きめのバングルも手首を細く見せてくれるので、春〜夏におすすめですよ。

4. コンプレックスを上手に隠す

 いくら着痩せしたいと思っても、全身を隠すようなコーデは逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。痩せ見えを狙うなら、メリハリをつけることが大事。体のどの部分にコンプレックスがあるのかをしっかり把握して、隠す場所と出す場所を見極めましょう。

5. 「Xライン」と「Iライン」を意識する

「Xライン」と「Iライン」は、痩せ見えコーデの鉄板です。Xラインは、全身のバランスをアルファベットの「X」のようにすることを言います。要するに、ウエストを強調したデザインの洋服を選べばOK。

 対して「Iライン」は、真っ直ぐに縦のラインを意識したコーデのことを言います。どちらも目の錯覚を利用して効果的に痩せ見えを叶えてくれるので、洋服を選ぶ際は意識して選んでみてくださいね。

太って見えてしまうNGコーデとは? 5つの注意点

全身真っ黒よりは…(写真:iStock)
全身真っ黒よりは… (写真:iStock)

 続いては、太って見えてしまうNGコーデをご紹介します。痩せ見えコーデをマスターするためには、NGコーデを把握しておくことも大切。しっかり覚えておきましょう!

1. オーバーサイズの服を選ぶ

 体型をカバーしようと思うと、どうしてもオーバーサイズの服を選んでしまう傾向があります。しかし、オーバーサイズの洋服はボディラインがわかりづらくなってしまうため、実際よりも太って見えてしまうことも。

 トップスにオーバーサイズのものを選んだ場合は、スキニーパンツを。ボリュームのあるワイドパンツを選んだ場合にはトップスのボリュームを抑えるなどして、メリハリをつけましょう。

2. ボリューム感のあるワンピース

 胸のから裾の部分まで広がるボリューム感のあるAラインのワンピースは、ミニ丈もマキシ丈も太って見えてしまう場合があるので、注意が必要なアイテムです。

 特に、バストの大きな人はウエスト部分が実際よりも太く見えてしまいます。ワンピースを選ぶ際には、最初にご紹介した「Xライン」と「Iライン」を意識して選ぶと痩せ見えコーデになりますよ。

3. 全身真っ黒コーデ

 着やせ効果が期待できる収縮色の「黒」ですが、全身真っ黒コーデにしてしまうと、メリハリがなくなって、反対に太って見えてしまう可能性も。

 全身真っ黒コーデにするのではなく、トップスかボトムス、もしくはポイントで黒を使ったほうが、より痩せ見え効果を発揮できますよ。

4. 袖にボリュームのあるニット

 ガーリーコーデには欠かせない袖にボリュームのあるニットですが、ぽっちゃりさんが着るとかえって太って見えてしまうので、NGです。痩せ見えを狙うなら、袖にボリュームのない、できるだけ網目の小さなニットを選んだ方が良いでしょう。

5. 淡い色同士の組み合わせ

 淡い色同士の組み合わせは、どうしても膨張して見えてしまいます。ワイドパンツや袖の幅が広いデザインを選んでしまうと、さらに太って見えてしまうコーデに。どうしても淡い色合いの洋服を着たい場合は、小物やアクセサリーに収縮色を使ってメリハリをつけるようにしましょう。

痩せ見えコーデをマスターして「-5kg」を目指そう♡

友達にアドバイスしてもらうのも♡(写真:iStock)
友達にアドバイスしてもらうのも♡ (写真:iStock)

 痩せ見えコーデをマスターするためには、自分の体を良く知ることが一番の近道です。どの部分にコンプレックスがあるのか、逆に自信があるのか、今一度、鏡を見てチェックしてみましょう。

 痩せ見えコーデをしっかりマスターして、見た目「-5kg」を目指してくださいね♡

ビューティー 新着一覧


愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...
これぞ究極の時短!面倒な美容も10秒で終わるミストコスメ3選
 夏場の時短美容では、ミストを活用するのが王道。クイックに狙いどおりの使用感を得やすく、出先などで手早くケアをするのに最...
大胸さん必見!胸を小さく見せる洋服の選び方6つのポイント
 胸に関するコンプレックスは人それぞれ。「貧乳をどうにかしたい!」と悩む女性もいれば、「胸をどうにか小さく見せたい!」と...
すぐに実践♡ 簡単イメチェン方法4つ&失敗しないポイント
 失恋した時や季節の変わり目、環境が変化した時など、女性にはそれぞれイメチェンしたいと思う時がありますよね。中には、「簡...
女性にプレゼントならこれ♡ 王道ビューティーギフト&選び方
 誕生日やちょっとしたお礼、お祝いなどで、女性へプレゼントを送る機会って意外と多いもの。中でも、人気なのが「ビューティー...
体型カバーコーデで簡単痩せ見え効果♡ 着こなしの8つのコツ
 女性であれば誰もが、実際のスタイルよりも華奢に見せたいと思っているはず。そこで今回は、痩せ見えする体型カバーコーデの8...
実録!1カ月で-3kg♡ ダイエット成功のコツは「2つ」だった
 まもなく夏本番。夏といえば脚や腕を出したり、水着を着たりとボディの露出が自然に増える時期。気になるのは、身体についた無...