痩せ見えコーデの5つのポイント♡太って見えるNGコーデも

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-30 06:01
投稿日:2021-03-30 06:01
 女性なら誰もが、痩せ見えコーデで少しでもスタイルを良く見せたいと思うもの。ダイエットで体重を減らすのは簡単ではありませんが、痩せ見えコーデをマスターすれば、今すぐ簡単にスタイル美人になれますよね♡ 今回は、痩せ見えコーデの5つのポイントや、逆に太って見えるNGコーデをご紹介します!

痩せ見えコーデの5つのポイント

アクセサリーで着やせ効果を(写真:iStock)
アクセサリーで着やせ効果を (写真:iStock)

 “痩せ見えコーデ”とは、目の錯覚を上手に活用して、実際よりも痩せてように見せるコーデのこと。まずはじめに、痩せ見えコーデをするポイントを見ていきましょう。ぜひ、自分のクローゼットの洋服を思い出しながら見てみてくださいね。

1. 収縮色を選ぶ

 痩せ見えコーデで、もっとも重要なポイントだと言われているのが、洋服の色選び。痩せ見えコーデは目の錯覚を活用するものなので、大きく見える「膨張色」よりも引き締まって見える「収縮色」を選ぶのが基本中の基本です。

 収縮色とは、黒や青や水色などの寒色系のことを言い、影のように見えるので痩せ見えコーデに効果的。ウエストや二の腕など、細く見せたい部分に収縮色を上手に取り入れてみましょう。

2. 首・足首・手首を見せる

「痩せ見えコーデ」と聞くと、太い部分をカバーすることばかりに気を取られてしまいがちですが、実は細い部分を強調することで痩せ見え効果がアップするんです!

 特に意識したいのが、首・足首・手首の3つの首。体の中で特に細い部分ですので、痩せ見え効果が抜群なんですよ。Vネックのトップスを選んだり、パンツやシャツの裾を折り返して足首や手首を見せてみましょう。3つの首を隠したコーデと見比べてみると、痩せ見え効果がよくわかるはずです。

3. 大きなアクセサリーで視線をそらす

 冒頭でもご紹介した通り、痩せ見えコーデは目の錯覚を利用します。そのため、大きめのアクセサリーで視線をそらすことも、痩せ見えコーデのテクニックのひとつだと言えるでしょう。

 大きめのピアスやイヤリングは存在感が大きいので、そのぶん、体が華奢に見えます。揺れるタイプのアクセサリーだと、さらに効果的です。また、大きめのバングルも手首を細く見せてくれるので、春〜夏におすすめですよ。

4. コンプレックスを上手に隠す

 いくら着痩せしたいと思っても、全身を隠すようなコーデは逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。痩せ見えを狙うなら、メリハリをつけることが大事。体のどの部分にコンプレックスがあるのかをしっかり把握して、隠す場所と出す場所を見極めましょう。

5. 「Xライン」と「Iライン」を意識する

「Xライン」と「Iライン」は、痩せ見えコーデの鉄板です。Xラインは、全身のバランスをアルファベットの「X」のようにすることを言います。要するに、ウエストを強調したデザインの洋服を選べばOK。

 対して「Iライン」は、真っ直ぐに縦のラインを意識したコーデのことを言います。どちらも目の錯覚を利用して効果的に痩せ見えを叶えてくれるので、洋服を選ぶ際は意識して選んでみてくださいね。

太って見えてしまうNGコーデとは? 5つの注意点

全身真っ黒よりは…(写真:iStock)
全身真っ黒よりは… (写真:iStock)

 続いては、太って見えてしまうNGコーデをご紹介します。痩せ見えコーデをマスターするためには、NGコーデを把握しておくことも大切。しっかり覚えておきましょう!

1. オーバーサイズの服を選ぶ

 体型をカバーしようと思うと、どうしてもオーバーサイズの服を選んでしまう傾向があります。しかし、オーバーサイズの洋服はボディラインがわかりづらくなってしまうため、実際よりも太って見えてしまうことも。

 トップスにオーバーサイズのものを選んだ場合は、スキニーパンツを。ボリュームのあるワイドパンツを選んだ場合にはトップスのボリュームを抑えるなどして、メリハリをつけましょう。

2. ボリューム感のあるワンピース

 胸のから裾の部分まで広がるボリューム感のあるAラインのワンピースは、ミニ丈もマキシ丈も太って見えてしまう場合があるので、注意が必要なアイテムです。

 特に、バストの大きな人はウエスト部分が実際よりも太く見えてしまいます。ワンピースを選ぶ際には、最初にご紹介した「Xライン」と「Iライン」を意識して選ぶと痩せ見えコーデになりますよ。

3. 全身真っ黒コーデ

 着やせ効果が期待できる収縮色の「黒」ですが、全身真っ黒コーデにしてしまうと、メリハリがなくなって、反対に太って見えてしまう可能性も。

 全身真っ黒コーデにするのではなく、トップスかボトムス、もしくはポイントで黒を使ったほうが、より痩せ見え効果を発揮できますよ。

4. 袖にボリュームのあるニット

 ガーリーコーデには欠かせない袖にボリュームのあるニットですが、ぽっちゃりさんが着るとかえって太って見えてしまうので、NGです。痩せ見えを狙うなら、袖にボリュームのない、できるだけ網目の小さなニットを選んだ方が良いでしょう。

5. 淡い色同士の組み合わせ

 淡い色同士の組み合わせは、どうしても膨張して見えてしまいます。ワイドパンツや袖の幅が広いデザインを選んでしまうと、さらに太って見えてしまうコーデに。どうしても淡い色合いの洋服を着たい場合は、小物やアクセサリーに収縮色を使ってメリハリをつけるようにしましょう。

痩せ見えコーデをマスターして「-5kg」を目指そう♡

友達にアドバイスしてもらうのも♡(写真:iStock)
友達にアドバイスしてもらうのも♡ (写真:iStock)

 痩せ見えコーデをマスターするためには、自分の体を良く知ることが一番の近道です。どの部分にコンプレックスがあるのか、逆に自信があるのか、今一度、鏡を見てチェックしてみましょう。

 痩せ見えコーデをしっかりマスターして、見た目「-5kg」を目指してくださいね♡

ビューティー 新着一覧


本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...