満腹感バツグン♡ コンビニですぐ買えるおすすめ食べ物7選

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-05-13 06:00
投稿日:2021-05-13 06:00
 ついついお腹がすいて、間食してしまう人は多いはず。でも、食欲のままに間食を続けていると、当然太ってしまいます。どうせ同じ量を食べるなら、腹持ちがいい食べ物のほうがいい!……ということで、今回はコンビニで買える満腹感バツグン食べ物を厳選してご紹介します!

コンビニですぐ買える♡ 満腹感を得られる食べ物7選

 それではさっそく、満腹感を得られやすいコンビニで買える食べ物をご紹介していきましょう!

1. 食物繊維が豊富な「ナッツ」

無添加の素焼きされたものを選ぼう(写真:iStock)
無添加の素焼きされたものを選ぼう (写真:iStock)

 コンビニでも気軽に手に入るおすすめの食べ物に、「ナッツ」があります。ナッツは、食物繊維が豊富に含まれており、お腹に長く留まってゆっくり消化されていくので、腹持ちがとても良いと言われます。噛みごたえもあるので、満腹中枢を刺激することもできるそうですよ。

 ポイントは、塩分や砂糖を使っておらず、無添加の素焼きされたものを選ぶこと。アーモンドなら、1日最大で25粒程度を目安にするとよいでしょう。

2. ダイエットにも最適な「こんにゃくゼリー」

 コンビニで手軽に買える、こんにゃくゼリーもおすすめです。こんにゃくゼリーには食物繊維が含まれているのでお腹を整えてくれる効果にも期待できますし、なにより、つるんとした喉越しがたまらないですよね♡

 また、味も豊富なので、毎日食べても飽きることがありません。ダイエット中の人にも最適です。

3. ヘルシーな「ヨーグルト」

ヘルシーで満腹感もバッチリなヨーグルト(写真:iStock)
ヘルシーで満腹感もバッチリなヨーグルト (写真:iStock)

 ヨーグルトも、満腹感を得られやすい食べ物です。ヘルシーなうえ、タンパク質が豊富なので、しっかりエネルギーを補給できますよ。

 選ぶ際には、できるだけ加糖タイプではないものを選ぶのがおすすめです。コンビニではいろいろな種類が販売されていますが、中でも特におすすめなのはギリシャヨーグルト。普通のヨーグルトよりもタンパク質が多いため、より腹持ちが良く満腹感を得られます。

4. 朝食代わりにもなる「バナナ」

 満腹感を得られるフルーツの代表と言えば、「バナナ」でしょう。コンビニでは1本単位で売られているので、忙しい朝の朝食代わりにもなりますね。

 家で食べるなら、ヨーグルトに入れてアレンジするのがおすすめ! 甘みも感じられるうえ、空腹になるのを長時間防いでくれますよ。

5. 噛みごたえ抜群の「シリアルバー」

噛み応え抜群のシリアルバー(写真:iStock)
噛み応え抜群のシリアルバー (写真:iStock)

 コンビニでよく見かけるシリアルバーも、腹持ちが良い食べ物です。人は、たくさん噛むことで、脳の満腹中枢が刺激されて満腹感を得ることができると言われていますが、シリアルバーは噛み応えもありますし、さまざまな食材がぎゅっと詰まっていて栄養も豊富! ダイエットだけでなく、健康にも良いですね。

 味のバリエーションも豊富ですので、毎回違う味を試してみるのもおすすめです。

6. ランチとしても大活躍な「サラダチキン」

 全国のコンビニでいろいろな味が販売されている、サラダチキン。鶏胸肉からできたサラダチキンはタンパク質が豊富で、満腹感を得られやすい食べ物です。

 おすすめは、サラダチキンを野菜にトッピングして食べること。十分食べ応えがあるので、ランチとしても満足感を得られるはずです。

7. たっぷり食べたいなら「寒天ゼリー」

食べ過ぎ予防に寒天ゼリー(写真:iStock)
食べ過ぎ予防に寒天ゼリー (写真:iStock)

 寒天ゼリーもおすすめです。寒天は、1gに対して100mlの水分を吸収できると言われており、食べた後に胃の中で膨らむことから、満腹感を得ることができます。

 寒天ゼリーをダイエットに活用するなら、食事の30分前に食べると良いでしょう。寒天が胃の中で膨らんだ頃に食事の時間になるので、食べすぎを防ぐことができますよ。

よりお腹いっぱいに! 満腹感のある食べ物のおすすめの食べ方

飲み物と一緒に♡(写真:iStock)
飲み物と一緒に♡ (写真:iStock)

 同じ食べ物でも、少し食べ方を工夫するだけで、より高い満腹感を得ることができます。そこで、おすすめの食べ方をご紹介しましょう。

早食いせずに、よく噛んで食べる

 満腹感を得る食べ方の基本は、早食いしないで、たくさん噛んで食べることです。早食いしてしまうと、脳が満腹感を感じる前に食べ終わってしまうので、「もっと食べたい」と感じてしまうそう。

 できれば一食に20分以上かけ、よく噛んで食べると、より満腹感を感じやすくなりますよ。

小さなお皿に入れて、量を多く見せる

 脳を騙すことも、満腹感を高めるポイント。コツは、「たくさんの量を食べていると錯覚させること」です。食べたいものがある時、量が入るギリギリのサイズのお皿に盛り付けて食べてみましょう。

 目の錯覚で本来の量よりも多く見えるため、脳が「量が多い」と錯覚を起こして満腹感を長続きさせることができるそうです。

汁物・飲み物を一緒に摂る

 食事をする際には、食べ物と一緒に汁物や飲み物を一緒に摂るようにしましょう。胃が食べ物と汁物でしっかり満たされると、脳が満腹感を得やすくなります。また、汁物や飲み物を飲む際には、できるだけゆっくり飲むのがポイントですよ。

満腹感を得られる食べ物を活用して空腹を防ごう♡

健康的な生活を!(写真:iStock)
健康的な生活を! (写真:iStock)

 ダイエットや健康の面からも、食べすぎは防ぎたいですよね。そんな時には、ぜひこの記事で紹介した満腹感を得られる食べ物を試してみてください。コンビニで買えるものばかりなので、手軽に手に入れられるのも嬉しいですよね。

 また、食べ方を工夫することで、より満腹感を高めることもできます。おうち時間が長引いている今だからこそ、食生活に注意しながら、健康的な生活を手に入れましょう♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...