ダイエット中の空腹感を制する!我慢するデメリット&対処法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-06-26 06:00
投稿日:2020-06-26 06:00
 今までに、ダイエット経験がある女性は多いでしょう。ダイエットと言えば空腹との戦いですが、今までのダイエットでは食欲を我慢したり、時には我慢できずに暴飲暴食してしまったという方も多いはず。
 そこで今回は、ダイエット時の空腹を我慢するデメリットや空腹時の対処方法、やりがちな注意点についてご紹介します。

ダイエット中の空腹には注意! 我慢する3つのデメリット

我慢することで、かえって痩せにくい状態に(写真:iStock)
我慢することで、かえって痩せにくい状態に (写真:iStock)

 ダイエット中は食事制限やつらい運動がつきもの。そして、空腹感を覚えても「痩せるため!」と無理に我慢する人がほとんどでしょう。しかし、ダイエット中の空腹を我慢すると、逆効果になってしまうこともあるんですよ。

1. 基礎代謝が落ちてしまう

 ダイエット中には、「少しでも、カロリーの摂取量を抑えたい」と思い、空腹を感じても何も摂らずに我慢してしまう人も多いです。しかし、空腹の状態が続いてしまうと、体は危機感を感じて筋肉を分解。エネルギーを補おうと働きかけ、その結果、筋肉量が減り、基礎代謝が落ちて痩せにくい体になってしまいます。

2. 太りやすい状態に陥ってしまう

 空腹を感じているということは、低血糖の状態になっているということだとされています。体はエネルギー不足で脂質や糖質を吸収しようと働きかけ、通常以上に栄養を蓄積しようとするため、食べ物を摂取した時に太りやすくなってしまいます。

3. 便秘が引きおこり、痩せにくくなる

 ダイエットというと、無理な食事制限をしてしまう人が少なくありません。制限により、しっかりとした栄養を補えなくなってしまうと、胃や腸の働きは悪くなり、便秘になってしまうことも。このことで、肌荒れをはじめとしたマイナートラブルが起こってしまう可能性があります。

ダイエット中の空腹時にやりがちな3つのNG行動

空腹時の激しい運動は避けて(写真:iStock)
空腹時の激しい運動は避けて (写真:iStock)

 ダイエット中の空腹時には、なんとかして食欲を紛らわせたくなりますよね。しかし、以下3つの行動はNG! 覚えておきましょう。

1. 糖質の高いものから摂取

 空腹感を覚えやすいダイエット時には、「お腹を満たしたい」という思いから、はじめにおにぎりやパンを摂取してしまいがち。しかし、糖質の高いものから食べてしまうと、いつも以上に体が栄養を吸収してしまい、太りやすくなってしまいます。果物の果糖も同様のため、注意が必要です。

2. 激しい運動をして紛らわす

 空腹を感じた時に、運動で紛らわそうとする人も少なくないでしょう。でも、空腹時の激しい運動は、エネルギー不足で効率が良くありません。筋肉の分解が進んでしまうことになるため、激しい運動は逆効果になってしまうことがあります。

3. カフェインの摂取

 空腹を紛らわすため、低カロリーのコーヒーを飲む人もいるでしょう。「ブラックであれば、砂糖が入っていないから大丈夫」と思うこと自体は、間違いではありません。しかし、空腹時のカフェインは神経を刺激して、めまいなどの症状を起こしてしまうこともあるようです。どうしても飲みたい場合には、様子を見ながら無理なく摂取するようにしましょう。

ダイエット中の空腹はどうする? 5つの対処法

暖かい飲み物で心もお腹も満たされる(写真:iStock)
暖かい飲み物で心もお腹も満たされる (写真:iStock)

 ダイエット中の空腹を我慢するのは良くないとわかっても、いつも通りの食事、間食をしていてはダイエット効果を得ることができません。では、空腹時にはどのように対処したら良いのでしょうか?

1. 水分補給をする

 ダイエット中には、できるだけ「口に物を入れたくない」と思っている人が多いでしょう。中には水分補給さえ我慢してしまう人がいます。

 しかし、つらい空腹感は単にお腹が減っているというだけでなく、水分が足りない時にも感じるものです。水分補給だけで満たされることもありますし、脱水予防にもなるため、まずは水分を摂って様子を見てみましょう。

2. ガムで満腹中枢を刺激する

「少しでもカロリー摂取量を減らしたい」「間食は控えたい」という人は、空腹を感じたらガムを噛んでみましょう。“噛む”という行為は脳に刺激を与えて満腹中枢を刺激してくれるため、多少は空腹を紛らわすことができます。口寂しさを抑えることにもつながるでしょう。

3. 食事は野菜から摂る

 健康的に痩せるためには、ダイエット中でもバランスの良い食事を3食摂ることが基本。この時、食べる順番を工夫してみましょう。大切なのは、血糖を一気に上げないこと! 糖質の高いものから食べるのではなく、野菜や肉、魚のタンパク質から摂るようにしましょう。

4. 温かい飲み物でリラックス

 ダイエット中には食欲を抑えることで起こるイライラなど、とにかくストレスを感じがち。そんな時には、心もリラックスさせるために温かい飲み物を飲みましょう。お砂糖などが入っていない飲み物でも、お腹の中に温かい物が入ってくるとお腹が満たされますよ。

5. 歯磨きで口の中をすっきりさせる

 日頃から間食癖がある人は、食後も「何か食べたい」と思ってしまいます。口寂しさを感じる人も多いでしょう。そんな人は、食後すぐに歯磨きをすることがおすすめです。歯磨きをすれば、口の中がさっぱりとして気分が良いですし、「何か食べたい」という欲求が不思議と減りますよ。

ダイエット中の空腹を制することが成功のカギ!

空腹感を上手にコントロールしたい(写真:iStock)
空腹感を上手にコントロールしたい (写真:iStock)

 ダイエット時には空腹がつきもの。しかし、空腹をどう乗り越えるかで、効果の現れ方が変わってきます。より効率的に結果を出すためには、知識を身につけて挑むことが大切でしょう。

 ぜひ、この記事を参考にして、空腹を上手に紛らわせながら健康的なダイエットを目指してくださいね。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...
目尻のシワは隠しすな!隠れたモテポイント♡男性が「可愛い」と思うワケ
 女性の肌悩みの一つ、目尻のシワ。でも、実は目尻のシワは意外と男性ウケがいいのをご存知でしたか?  今回は目尻のシワが...
美的3月号“完売ポーチ”実力は?コスメデコルテの美容液はありがたすぎる
 3月号の美容雑誌は豪華付録だらけ。  MAQUIA3月号通常版は現品サイズの「リリミュウ 春色リップパピーレッド...
「髪の毛の分け目」どっちにする問題 意外と知らない似合うほうの決め方
 毎朝、髪の毛をスタイリングする時に「左右、どっちの分け目にしたらいいんだろう?」と困ることがありますよね。実際には、な...
美肌の40女性に聞いた!加齢の鼻の周りの赤み対策に“ちょい足し”3品
 年齢サインが出るのは鼻の周りの赤みだよねーー。20歳の頃にアルバイト先のお姉様にそう言われてから、早10年。鼻の周りの...