期間限定!里山の宝石「山椒」を食す 2021.5.20(木)

コクハク編集部
更新日:2021-05-20 06:00
投稿日:2021-05-20 06:00
 ノビルタケノコと続き、地元の旬の食材第3弾は「山椒」。いつもの無人販売所に並んでいたので早速、購入しました。

激レアさんな「山椒」

味のある手書きPOPにほっこり(C)コクハク
味のある手書きPOPにほっこり (C)コクハク

 スーパーで買うとちょっとお高い山椒も、地元では1袋100円ととってもリーズナブル。

 が、しかし! 1年のうちでも見かけるのは2、3回。この機会を逃すとまた1年お預けなんです。買えてよかった♡

孤独な作業に身を投じ

食べるために試練が必要っていう…(C)コクハク
食べるために試練が必要っていう… (C)コクハク

 実は、山椒は下ごしらえが超めんどい!

 おいしくいただくためには、一粒ずつ小枝から外す作業が欠かせません。きれいな花には棘がある。おいしい山椒には枝がある。

 ただもくもくと、ただひたすらに外していきます。

 この作業、去年は裸眼で出来たんだけど、今年はメガネがないとちょっと手元がおぼつかない感じ……。年々自分の衰えを感じる。

ついに出合えた緑の輝き

やっとできたよ…疲れたよ(C)コクハク
やっとできたよ…疲れたよ (C)コクハク

 2時間近くかけて、おちょこ一杯分のきれいな山椒が取れました。まさに里山のエメラルド!(言い過ぎ)。

 一粒口にしてみると、青臭さの中に涼しい刺激が広がります。「山椒は小粒でもぴりりと辛い」とはよくいったもんですな。

レッツあく抜き♪

「躍動感重視」の写真ですみません(C)コクハク
「躍動感重視」の写真ですみません (C)コクハク

 さて、今度はこの山椒をあく抜きします。

あく抜きの仕方

1. 鍋の中にたっぷりの水を入れ、沸騰したら、小さじ1杯の塩を加える。

2. 山椒を入れ5分~8分茹でる。指で押して柔らかくなったらOK。

3. 茹で上がったら、1時間ほど冷水にさらす。時々水を変えたほうがベター。

4. キッチンペーパーでしっかり水を切って完成。

 山椒のいい香りが部屋中を満たしてうっとり。この香りで酒が飲めるわ。

苦労の割にはちょびっとでした

思ったより少なかった…(C)コクハク
思ったより少なかった… (C)コクハク

 あく抜きした山椒は、小分けにして冷凍すれば1年は楽しめます。

 あれだけ頑張ったのにこうして見ると案外少ない。また売ってくれないかなー。

山椒ご飯の作り方

結局2杯おかわりしました(C)コクハク
結局2杯おかわりしました (C)コクハク

 まずは、定番中の定番「山椒ご飯」を作りました。

材料

・山椒 適量
・米 2合
・出汁 1カップ
・水 1カップ
・醤油 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1

レシピ

 炊飯器の内釜に研いだ米、調味料類、山椒、出汁、水を入れて白米と同様に炊く。

 あれ、なんかレシピってほどでもなかったですね。すみません。ちりめんじゃこと一緒に炊いても間違いなくおいしいですよ。

 お出汁と山椒の香りがたまりません。なんだか高級料亭の気分。行ったことないから知らんけど。炊きあがったご飯の上に別に取り分けておいた山椒の葉っぱを飾れば、見た目も美しい!

 出汁を含んだふっくら甘いご飯に山椒がピリリときいて、無限に食べられます。糖質制限? も今日のところは忘れちゃいましょう。

おわりに

いい匂いすぎてずっとクンクンしてました(C)コクハク
いい匂いすぎてずっとクンクンしてました (C)コクハク

 翌日、無人販売所に行ったらすでに愛しい山椒の姿はありませんでした。悲しい……。どうにか、ベランダで育てることはできないもんだろうかと考えています。夢の山椒ライフ!
 
 山椒は、代謝を高め冷え改善に効果があるのだとか。ぬか床に入れると酸っぱくなりすぎるのを防ぐそうです。うーん、自然のものだから贅沢はいえないけど、やっぱりもっと欲しかったな(苦笑)。

(編集K)

 

関連キーワード

フード 新着一覧


ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「ピーマンとツナのサラダ」ピーマンのしんなり加減はお好みで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「イチジクのコンポート」コツはイチジクの赤さを残すこと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
「あん肝の奈良漬け添え」まるでムース…奈良漬と相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
うま味が濃厚!「煮帆立」帆立てとはまぐりのマリアージュ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
江戸前寿司の象徴「煮はまぐり」 余熱でふんわり軟らかく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...