二の腕が太くなる4つの原因&自宅でできる簡単エクササイズ♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-05 06:00
投稿日:2021-06-05 06:00
 薄着の季節になると気になり始めてしまうのが、二の腕のプルプル。「ふり袖状態を何とかしたい」「ノースリーブを格好良く着こなしたい」と、思っている女性も多いでしょう。そこで今回は、二の腕が太くなる4つの原因と、自宅で簡単にできるケア&エクササイズをご紹介します。

二の腕が太くなるのはなぜ? 4つの原因

タプタプ二の腕にバイバイ(写真:iStock)
タプタプ二の腕にバイバイ (写真:iStock)

 二の腕が太くなる原因は人それぞれですが、原因を知ることでこれ以上太くならないように予防することができます。まずはじめに、代表的な原因を見ていきましょう。

1. 体重の増加

 二の腕は日常生活で動かす場面が少ないので、ほかの部位に比べて脂肪が付きやすい場所。体重の増加に伴い、気付かないうちに太くなってしまいます。

 また、二の腕に老廃物が溜まってしまうと、ボコボコしたセルライトになることも。セルライトは一度できてしまうとエクササイズだけでは落ちにくいため、予防&改善には、同時にリンパマッサージなどのケアが必要になります。

2. 血行不良

 自分の二の腕を触る機会は意外と少ないと思いますが、実際に触ってみるとひんやり冷たい人も多いでしょう。その理由は、体全体の血行が悪くなっているからかもしれません。

 血行が悪いと、脂肪や老廃物が溜まりやすくなってしまいます。日頃から冷えや肩こりなどに悩んでいる人は血行が悪くなっている可能性があるので、入浴やマッサージで二の腕を温めることを心がけましょう。

3. 加齢による筋力の衰え

 加齢による筋力の衰えも、二の腕が太くなったり、手を振ったときにプルプル揺れてしまったりするしてしまう原因のひとつです。

 筋力が衰え始めると皮膚もたるんでしまうので、実際より太く見えてしまうことも。よほど気を付けてエクササイズをしていない限り、年齢を重ねるとともに全身の筋力が衰えてしまうのは、ある程度仕方のないことだと言えるでしょう。

4. むくみ

 むくみという言葉を聞くと顔やふくらはぎのむくみを想像する人も多いと思いますが、実は二の腕もむくみによって太くなってしまうことがあります。

 むくんでしまう原因は、ほかの部位と同様。デスクワークなどで長時間同じ姿勢をしていたり、前日にお酒や塩分を取りすぎてしまった場合に起こりやすいです。むくみを予防するためには、定期的に汗をかいて新陳代謝をアップさせることが大切です。

自宅で簡単にできる二の腕のエクササイズ4選♡

自宅で筋トレ!(写真:iStock)
自宅で筋トレ! (写真:iStock)

 続いては、自宅で簡単にできる二の腕エクササイズをご紹介していきます。自宅にあるもので簡単にできるエクササイズばかりなので、二の腕が気になる人はぜひ今日から実践してみてくださいね!

1. 上腕三頭筋を鍛える「キックバック」のやり方

 二の腕のエクササイズはダンベルを使用するのが一般的ですが、なければ500mlのペットボトルでもOKです。中に入れる水の量で、無理せず自分に合った負荷を付けていきましょう。

【やり方】
1. 足を肩幅に開き、椅子の背の部分に左手をかけて前傾姿勢になります。
2. 右腕にペットボトルを持ち、肘を90度に曲げます。
3. 小指が天井方向になるように右手を後ろに伸ばし、ゆっくり戻します。
4. 左右20回×3セット行いましょう。

2. 逆腕立て伏せ

 逆腕立て伏せもまた、キックバックと同様に上腕二頭筋を鍛える代表的なエクササイズです。自分の体の重さを負荷にするので、道具は一切必要ありません。今回はエクササイズの初心者でもできる、難易度が低いやり方をご紹介します。

【やり方】
1. 足を真っ直ぐに伸ばして、床に座ります。
2. 指先を前方に向けて、手の平を床につけます。
3. 肘を伸ばして、上体を持ち上げます。(肘が外側に曲げないように注意)
4. 10回を1セットにして、3セット行います。

 慣れてきたら、お尻を浮かせて中級編にチャレンジしてみましょう。腰の位置を上げると、二の腕だけでなく、腹筋や背筋のエクササイズもできますよ。

3. 全身のインナーマッスルを鍛えられる「プランク」

 続いてご紹介するのは、全身のインナーマッスルを鍛えられる「プランク」。もちろん、二の腕も鍛えられるので、ぜひチャレンジしてみましょう。最初はかなりキツイと思うので、無理せず自分のできる範囲でエクササイズしましょう。

【やり方】
1. うつ伏せになり、両肘を床につけます。
2. つま先と肘を支えにして、腰を上げていきます。
3. 頭からかかとまでが一直線になる姿勢で、キープします。
4. 30秒×3セット行います。

4. 毎日欠かさずにストレッチをする

 毎日欠かさずストレッチを行うことも、二の腕の大事なエクササイズのひとつ。忙しくてエクササイズする時間が確保できない日は、ストレッチだけでもOKです。

 首や肩の周り、肩甲骨を回すだけでも顔の周りが温かくなってくるはず。余裕がある日は上半身だけでなく全身をゆっくりストレッチして、自分の体をしっかりメンテナンスしてあげましょう。

自宅でできるエクササイズで理想の二の腕を手に入れよう♡

ノースリーブが似合う腕になろう!(写真:iStock)
ノースリーブが似合う腕になろう! (写真:iStock)

 二の腕の脂肪やセルライトは、食事制限だけのダイエットでは思うように落ちません。また、無理に食事制限をしてしまうと、生理不順や肌トラブルの原因になってしまうこともありますよね。

 理想の二の腕を手に入れるためには、二の腕が太くなる原因をよく知り、定期的にエクササイズを取り入れることが大事なポイントになりますよ。ぜひ、ケアを続けて引き締まった二の腕を手に入れてくださいね!

ビューティー 新着一覧


プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...