体重が安定しない5つの理由…ダイエットで乗り越えるべき壁

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-08 06:00
投稿日:2020-11-08 06:00
 ダイエットに挑戦して体重が順調に落ちてきていたのに、あるところで体重が停滞してしまうことってありますよね。さらにその後、すぐに体重が元に戻ってリバウンド……。実はこの「体重が安定しない期間」は、ダイエットを頑張った人が最初に乗り越えるべき壁なんです。正しい知識で、この“魔の期間”を乗り越えて、健康的な体を手に入れましょう!

痩せて太っての繰り返し…体重が安定しない5つの理由

体重が安定しないのはなぜ?(写真:iStock)
体重が安定しないのはなぜ? (写真:iStock)

 ダイエットを始めた当初は、比較的順調に体重が落ちていくことも多いものです。でも、そんなダイエッターに最初に襲いかかるのが「体重の停滞」からの「リバウンド」。どうして体重は安定してくれないのか? その理由をチェックしてみましょう!

理由1. 体が飢餓状態だと判断しているから

 ダイエットを順調に続けていて、やり方を変えていないのに体重の減少が止まってしまうのは、いわゆる「ダイエットの停滞期」と呼ばれる時期。

 実はこの時、急激に体重が減ったことで体は「飢餓状態に陥っている!」と判断しているそうなんです。この状態になると体を救うため、「グレリン」と呼ばれる空腹ホルモンが増加。逆に「レプチン」と呼ばれる満腹ホルモンが減って、一気に食欲が戻ってしまうと言われています。

 つまり、この停滞期に油断して食べ過ぎてしまうと、いとも簡単にリバウンドしてしまうのです。

理由2. 食事制限のみで筋肉量があまり増えていない

 食事を減らせば、当然体重は減っていきます。でも、上記でご紹介したように、ダイエットの停滞期になってしまうと、少ない食事でも栄養の吸収が良くなってしまうため、今までと同じ消費カロリーでも太りやすくなってしまうのです。

 食事制限だけではなく筋トレも組み込んだダイエットなら、体温維持や、呼吸、消化など、生きていくために最低限必要なエネルギーである「基礎代謝量」を消費する割合をあげることができます。停滞期でも筋肉がカロリーを勝手に消費してくれるため、停滞期の影響を最小限に抑えることができるでしょう。

理由3. 朝食を抜いている

 痩せたいからといって、朝食を抜いていませんか? 実は、朝食を抜いたり、起床後に時間が経って食べたりすると下がった血糖値の状態が継続するため、午後に甘いものを食べたくなってしまうのです。

 しっかりと朝早くに朝食を食べれば代謝を上げることにもつながるため、結果的に朝食は食べたほうが体重を減らすことができるという訳です。

理由4. 睡眠が足りていない

 体は睡眠が足りていない時、空腹ホルモンが多く分泌されると言われています。そのため、寝不足だとお腹が空いてしまい、ついつい食べ過ぎてしまいがちに……。

 また、睡眠不足では“ダイエットホルモン”とも言われる「セロトニン」というホルモンの分泌が少なくなるので疲労やストレスを感じやすくなり、炭水化物や甘いものを体が欲してしまうようになることも、体重が安定しなくなる原因でしょう。

理由5. 周りの環境に誘惑が多い

 どんなにダイエットを頑張っていたとしても、毎日家族が真横で美味しそうにケーキを食べていたら、「私も食べたい!」となるのは当然です。本気でダイエットするためには、周りの環境を整えることも大切。周りの人にも協力してもらえないか、聞いてみると良いですね。

体重を安定させるためには? 停滞期を乗り越える4つの方法

筋トレを取り入れよう(写真:iStock)
筋トレを取り入れよう (写真:iStock)

 体重が安定しないのには、さまざまな理由がありましたね。そこで続いては、停滞期を乗り越える方法をご紹介します!

1. 体重が定着するまで1カ月を目標に我慢

 体重の停滞期はダイエットを始めてから1カ月前後、もしくは今の体重に対して5%以上の体重が落ちた時に始まると言われています。そしてこの停滞期は、1カ月前後で終わるそうです。

 どんな人も必ず通る道なので、停滞期になったらそこから1カ月は踏ん張ってみてください。停滞期が終われば、本格的に体を変えていくことができるはずです。

2. メニューに筋トレを加えてリバウンド防止

 ダイエットメニューに筋トレを加えてみることも、おすすめです。停滞期になると、体は基礎代謝量を低下させてしまいます。でも、体に筋肉がつくと安静にしている時でもカロリーを消費してくれるようになるため、リバウンドを予防することができるのです。

 単純に「食べない」食事制限のみのダイエットは、手っ取り早く痩せるためには有効かもしれませんが、リバウンドの可能性も大きいので要注意ですよ!

3. ダイエットの内容を変えない

 体重が落ちなくなってしまうと、多くの人は焦ったり、メンタルが不安定になったりします。ここで、「今のダイエット方法は合わないんだ」と勘違いし、さらに激しい食事制限や運動をしていくと、さらに体は飢餓状態に……。

 満腹になりにくく、ひたすらお腹がすく状態になるため、余計リバウンドしやすくなってしまうのです。焦らず着実に、今まで続けてきたダイエット方法を続けてみましょう。

4. ダイエットを楽しむ

「人の価値は体重が全てではない」ということは、言うまでもありませんね。でも、肥満にコンプレックスを感じている人ほど、停滞期に過度なストレスがかかってしまうんです。でも実は、ストレスも肥満に繋がるんですよ。

 体はストレスを受けると、ストレスホルモンのコルチゾールを分泌します。コルチゾールは食欲を抑える働きのセロトニンを抑えて、さらに脂肪の合成を促進。つまりは、リバウンドに拍車をかけてしまうということ。

 小さな体重変化は気にせず、気楽に長い目でダイエットを楽しんでみると良いでしょう。

体重が安定しない人は“1カ月”を目安に乗り切って!

まずは1カ月!(写真:iStock)
まずは1カ月! (写真:iStock)

 体重が安定しない原因はさまざまですが、大きく見ると、体が自分を守ろうとしてくれているからとも取れますよね。そんな健気な体を健康にしてあげるべく、ダイエットは無理せず気長に続けることが大切だと言えるでしょう。

 辛い停滞期は1カ月を越えれば終わります。ゴールがはっきりわかっていれば、必ず頑張れるはずです♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...