ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-09 06:00
投稿日:2021-06-09 06:00
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象になってしまうことも。ファッション上級者を目指したいなら、トレンドの「ニュアンスカラー」を取り入れてみるのはいかがでしょうか? 今回は、おすすめのニュアンスカラーと着こなしテクニックをご紹介します。

そもそも「ニュアンスカラー」ってどんな色?

「ニュアンスカラー」に挑戦(写真:iStock)
「ニュアンスカラー」に挑戦 (写真:iStock)

「ニュアンスカラー」とは、「何色」とはっきり言えない“中間色”のこと。微妙な色合いで彩度は低く、くすんでいるのが特徴的です。ちなみに、近年「くすみカラー」と呼ばれている色も、同じような意味合いで使われています。

服にも取り入れやすい! おすすめ3つのニュアンスカラー

ピンクベージュはオフィスにも(写真:iStock)
ピンクベージュはオフィスにも (写真:iStock)

 洋服にニュアンスカラーを取り入れたいと思っても、「どんなカラーを選んだら良いのだろう?」と思う人も多いでしょう。そんな人は、比較的取り入れやすい3つのニュアンスカラーがおすすめです。

1. エクリュ

 

「エクリュ」は、フランス語で漂白をしていない「生成り」のことを言います。真っ白ではなく少し黄みがかった白色ですので、洋服に取り入れるとナチュラルな雰囲気を作り出すことができます。

2. グレージュ

「グレージュ」は、名前の通りグレーとベージュの中間色。グレーより強い印象がなく、ベージュよりもスタイリッシュな印象を与えてくれるのが特徴。

 また、大人っぽく、女性らしく見せてくれるのも魅力でしょう。コーディネートもしやすいため、トップス、ボトムス、アウターなどさまざまなアイテムに取り入れやすいカラーです。

3. ピンクベージュ

 ピンクとベージュの中間色の「ピンクベージュ」も、おすすめです。一見、地味な印象のカラーではありますが、「着る好感度」なんて呼ばれるほど、親しみやすい雰囲気を作り出してくれます。

 ビジネスシーンやプライベートで、女性らしさを引き出してくれる魅力的なカラーです。

ニュアンスカラーを着こなす5つのテクニック

メイクのバランスも考えて(写真:iStock)
メイクのバランスも考えて (写真:iStock)

1. ワンピースやオールインワンでワンカラーからチャレンジ

 ニュアンスカラー初心者の方は、まず、ワンカラーコーデからはじめてみるのがおすすめ! ワンカラーであれば難しく考える必要がありませんので、簡単にニュアンスカラーを取り入れることができます。

2. デニムとコーディネート

 ニュアンスカラーをデニムと合わせるのも、定番の着こなしテクニックです。デニムであれば、どんなカラーも馴染みます。カジュアルっぽくなりすぎるのを避けたい場合は、濃紺や黒など、濃いめのデニムを選びましょう。洗練された印象を作ることができますよ。

3. 全体のトーンを合わせる

 ニュアンスカラーのトップス、ボトムスをコーディネートする際には、全体のトーンを合わせることがポイント。たとえば、エクリュのトップスにホワイトのパンツを合わせてワントーンっぽく見せることで、初心者でも違和感なく着こなすことができます。

4. ぼやける時は小物で締める

 ニュアンスカラーでコーディネートすると、なんとなく全体がぼやけて感じることがあります。

 そんな時には、小物で締めましょう。ホワイト系のニュアンスカラー服を着ているのであれば、ブラウンやブラックのバックや靴を選んだり、アクセントに少し派手な柄の小物やカラーを取り入れてみても良いですね。ポイントに濃いカラーを入れることで、全体のバランスが整います。

5. メイクも全体のバランスに取り入れる

 ファッションコーディネートというと洋服ばかりに気が行きがちですが、全体のバランスを整えるためには、メイクも大切なポイントです。

 実は、ニュアンスカラーファッションは、肌のくすみが気になる人の場合、垢ぬけない印象になってしまうことも。これをカバーするには、リップをビビットカラーにしたり、ラメ入りアイシャドウで華やかさを加えることで、華やかな印象に仕上げることができますよ。

ニュアンスカラー服を上手に取り入れて大人シックを演出して♪

ニュアンスカラーでおしゃれ上級者に(写真:iStock)
ニュアンスカラーでおしゃれ上級者に (写真:iStock)

 新しいファッション、流行りのファッションにチャレンジするのは勇気がいるものですよね。でも、今回ご紹介した「ニュアンスカラー」は、年齢問わず誰でも取り入れやすいトレンドです。「私には難しい」と思わずに、ぜひこの記事を参考にニュアンスカラーを取り入れて、おしゃれ上級者を目指してみませんか?

ビューティー 新着一覧


メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...