ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-09 06:00
投稿日:2021-06-09 06:00
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象になってしまうことも。ファッション上級者を目指したいなら、トレンドの「ニュアンスカラー」を取り入れてみるのはいかがでしょうか? 今回は、おすすめのニュアンスカラーと着こなしテクニックをご紹介します。

そもそも「ニュアンスカラー」ってどんな色?

「ニュアンスカラー」に挑戦(写真:iStock)
「ニュアンスカラー」に挑戦 (写真:iStock)

「ニュアンスカラー」とは、「何色」とはっきり言えない“中間色”のこと。微妙な色合いで彩度は低く、くすんでいるのが特徴的です。ちなみに、近年「くすみカラー」と呼ばれている色も、同じような意味合いで使われています。

服にも取り入れやすい! おすすめ3つのニュアンスカラー

ピンクベージュはオフィスにも(写真:iStock)
ピンクベージュはオフィスにも (写真:iStock)

 洋服にニュアンスカラーを取り入れたいと思っても、「どんなカラーを選んだら良いのだろう?」と思う人も多いでしょう。そんな人は、比較的取り入れやすい3つのニュアンスカラーがおすすめです。

1. エクリュ

 

「エクリュ」は、フランス語で漂白をしていない「生成り」のことを言います。真っ白ではなく少し黄みがかった白色ですので、洋服に取り入れるとナチュラルな雰囲気を作り出すことができます。

2. グレージュ

「グレージュ」は、名前の通りグレーとベージュの中間色。グレーより強い印象がなく、ベージュよりもスタイリッシュな印象を与えてくれるのが特徴。

 また、大人っぽく、女性らしく見せてくれるのも魅力でしょう。コーディネートもしやすいため、トップス、ボトムス、アウターなどさまざまなアイテムに取り入れやすいカラーです。

3. ピンクベージュ

 ピンクとベージュの中間色の「ピンクベージュ」も、おすすめです。一見、地味な印象のカラーではありますが、「着る好感度」なんて呼ばれるほど、親しみやすい雰囲気を作り出してくれます。

 ビジネスシーンやプライベートで、女性らしさを引き出してくれる魅力的なカラーです。

ニュアンスカラーを着こなす5つのテクニック

メイクのバランスも考えて(写真:iStock)
メイクのバランスも考えて (写真:iStock)

1. ワンピースやオールインワンでワンカラーからチャレンジ

 ニュアンスカラー初心者の方は、まず、ワンカラーコーデからはじめてみるのがおすすめ! ワンカラーであれば難しく考える必要がありませんので、簡単にニュアンスカラーを取り入れることができます。

2. デニムとコーディネート

 ニュアンスカラーをデニムと合わせるのも、定番の着こなしテクニックです。デニムであれば、どんなカラーも馴染みます。カジュアルっぽくなりすぎるのを避けたい場合は、濃紺や黒など、濃いめのデニムを選びましょう。洗練された印象を作ることができますよ。

3. 全体のトーンを合わせる

 ニュアンスカラーのトップス、ボトムスをコーディネートする際には、全体のトーンを合わせることがポイント。たとえば、エクリュのトップスにホワイトのパンツを合わせてワントーンっぽく見せることで、初心者でも違和感なく着こなすことができます。

4. ぼやける時は小物で締める

 ニュアンスカラーでコーディネートすると、なんとなく全体がぼやけて感じることがあります。

 そんな時には、小物で締めましょう。ホワイト系のニュアンスカラー服を着ているのであれば、ブラウンやブラックのバックや靴を選んだり、アクセントに少し派手な柄の小物やカラーを取り入れてみても良いですね。ポイントに濃いカラーを入れることで、全体のバランスが整います。

5. メイクも全体のバランスに取り入れる

 ファッションコーディネートというと洋服ばかりに気が行きがちですが、全体のバランスを整えるためには、メイクも大切なポイントです。

 実は、ニュアンスカラーファッションは、肌のくすみが気になる人の場合、垢ぬけない印象になってしまうことも。これをカバーするには、リップをビビットカラーにしたり、ラメ入りアイシャドウで華やかさを加えることで、華やかな印象に仕上げることができますよ。

ニュアンスカラー服を上手に取り入れて大人シックを演出して♪

ニュアンスカラーでおしゃれ上級者に(写真:iStock)
ニュアンスカラーでおしゃれ上級者に (写真:iStock)

 新しいファッション、流行りのファッションにチャレンジするのは勇気がいるものですよね。でも、今回ご紹介した「ニュアンスカラー」は、年齢問わず誰でも取り入れやすいトレンドです。「私には難しい」と思わずに、ぜひこの記事を参考にニュアンスカラーを取り入れて、おしゃれ上級者を目指してみませんか?

ビューティー 新着一覧


キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...
白髪染めの頻度はどれくらいが最適? 期間を伸ばすテクニック
 染めても染めても、すぐに目立ってしまう「白髪」。でも、髪へのダメージも気になってしまいますよね……。そこで今回は、白髪...
篠原涼子の凛とした透明感に憧れる! 美容家おすすめテク3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
前髪が決まらない人へ♡ 3つの原因&悩み別解決法をご紹介
 前髪は、顔の印象に大きな影響を与えるもの。朝、前髪が決まらないだけで全体的に残念な印象になってしまい、一日中気分が上が...
セルフネイルを長持ちさせる塗り方のコツ&お手入れポイント
 自宅で簡単にできてしまうセルフネイルは、ネイルサロンに通う時間やお金が節約できるし、何より手軽なのが魅力! 問題がある...
簡単にできる寝癖の直し方6選♡ “水なし”でもOKな方法も
 忙しい朝に私たちを悩ますのが「寝癖」。できるだけ早く直したい寝癖ですが、時には外出先で気づくこともありますよね……。そ...
時短で秋メイク♡ “アースカラー”の抜け感アイで誰でも旬顔に
 秋は「アースカラー」が映える時期です。洋服のコーディネートでも、カーキやブラウンといった、落ち着いた色合いのものを着る...
男ウケを狙うなら?メイクのポイント5つ♡ 部分別テクニック
 女性にとってメイクはひとつの武器。意中の男性を落とすために、メイクに力を入れている人もいるでしょう。でも、自分の好みや...
材料費1200円でスワロフスキー手作りピアス 2021.9.11(土)
 マスク生活となり、口元よりアイメークに力を入れるようになりましたね。アクセサリー類もリモートワークを意識した「オンライ...
透明感メイクで“肌美人”に♡ 綺麗に仕上げる8つのポイント
 肌の透明感は生まれつきのものだと思っている人も多いようですが、実は、コツさえマスターすればメイクでも作れるんですよ♡ ...
失敗しない!美容室でのヘアスタイルの頼み方6つのポイント
 理想のヘアスタイルを目指して美容室に足を運んだのに、「思っていたスタイルにならなかった……」と、後悔した経験がある人も...
田中みな実アイメイクを目指すなら?美容家が選ぶアイテム3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツをま...
ハイヒールで足が痛い…原因&知っておきたい簡単対処法4選
 女性のファッションの必須アイテムでもある、「ハイヒール」。おしゃれにスタイルアップができる反面、「足が痛い……」と、苦...
縮毛矯正の知っておきたいデメリット6つ&よくある疑問を解決
 くせ毛や髪の広がりが気になる人にとって、縮毛矯正は強い味方! ボリュームを抑え、髪の毛をまっすぐにしてくれるため、朝の...
ツヤとテカリの違いって?ツヤ肌を作るコツ&テカリの対処法
「ツヤ」と「テカリ」は似ているようで全く別物。二つの違いを理解していないと、ツヤ肌を作っているつもりが残念なテカリ肌に仕...
頭皮ブラッシングで美髪に♡ 正しいやり方&ケア時の注意点
 毎日のヘアケアで欠かせない、ブラッシング。実は、髪の毛だけではなく、頭皮もしっかりブラッシングすることが健康な髪の成長...