実録!1カ月で-3kg♡ ダイエット成功のコツは「2つ」だった

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2021-07-07 06:00
投稿日:2021-07-07 06:00
 まもなく夏本番。夏といえば脚や腕を出したり、水着を着たりとボディの露出が自然に増える時期。気になるのは、身体についた無駄なお肉……。
 私は、長引くコロナ禍で家に引きこもることが増え、今まで以上に身体がだらけてしまっていました。そこで今回、ダイエット方法を研究中の調理師有資格者の私が、食生活・私生活を見直すと共に、1カ月のガチダイエットをしてみました! その結果、さほど無理をすることなく3kgほどの減量に成功したので、その方法を皆さまにご紹介します。

1カ月の間で「ほぼ毎日食べていたもの」2つ

1. 大根・きのこ・ブロッコリーのボリュームおかず

 今回のダイエット期間中によく食べていたものは、「カロリーが低い」食品。具体的には、大根、きのこ類をメインにしました。きのこは食物繊維やカリウムが豊富で、脂肪燃焼の効果があることでも知られています。

 そして、ダイエットとはいえ、料理の色味も大事。「彩りが足りないな」と感じるときには、便秘対策もかねてブロッコリーも積極的に入れていました。

 こちらは、ある日のメニュー。今回のダイエットの定番食材で作った、ボリュームたっぷりの料理です。味付けはめんつゆ。通常は醤油で作るのですが、その場合は酒やみりんなど“太りやすい調味料”として知られているものを使うことになるので、それらを使わず味を決めるためにも、めんつゆを使っていました。これは、私なりの裏ワザです。

 この組み合わせはボリュームが出るので、満腹感を得やすいところもダイエットに最適だと思います。

2. プロテインを活用したチョコバナナ

 もう1品は、プロテインを使ったスイーツ感覚で食べられるチョコバナナです。

 チョコレート味が出ている『CLEVER』というプロテインを使い、「甘いものを食べたい!」というダイエット中の欲求を満たしていました。

 バナナはお腹にも溜まりますし、プロテインと片栗粉を混ぜているので満腹感も◎!ダイエット中には一石二鳥でした。

 作り方も簡単で、ただ混ぜるだけ。手軽なので、ダイエット中のイライラを鎮めるのにも良かったです。

1カ月の間に頼ったダイエット食品2つ

 この1カ月、筆者がものすごくお世話になったダイエット食品は2つ。『ロカボナッツ』と『糖質0麺』です。

1.「ロカボナッツ」

「ロカボナッツ」には、3種のナッツが入っています。ナッツ、カカオ77%チョコレート、チーズ、小魚入りの4種類がパッケージされているので、飽きずに続けやすかったです。

2.「糖質0麵」

 テレビで美味しそうな麺類が出てくるたびに無性に麺が食べたくなっていたのですが、「糖質0麺」のお陰でダイエット期間を乗り切れました。水切りだけで食べられるので、こちらも手軽!

 ボリュームもあるので、お腹はパンパンになりますよ。

2週間でお腹に変化。1カ月後には納得のボディを手に入れた!

 さて、1カ月間ダイエットをしたことで、3kg痩せた私。食生活と同時に実践していたのが、私生活の見直しです。野菜を多めにしたり、食物繊維を気にして便通を良くしたり、飲み物は水だけにしたり。

 また、日常生活でもこまめにカロリーを消費するよう、エスカレーターではなく階段を使う、空き時間に自転車を漕ぐなど、いつもならしないことをして、なるべくこまめに動くようにしていました。

 ダイエットを始めて変化が感じられたのは、2週間目くらい。お腹が痩せてきて、1カ月経った頃には履いていたパンツが緩くなり始めました。だんだんと胃袋も小さくなってきたのか、食べる量にも変化があったのかもしれません。

 とにかく「食材(食品)選び」と「こまめなカロリー消費」が、結果を左右すると痛感!

「何をしてもダイエットが続かない!」と思っている皆さま、基本的なことながらも、まずは効果が出やすい「食事」と「動き」を見直してみませんか?

(※筆者注:掲載している画像は筆者の私物です。文中の効果は、筆者の個人的な感想です。)

〈文・社〉時短美容協会所属/佐藤愛(調理師)〉

時短美容協会
記事一覧
一般社団法人
「時短美容」を単なる「省略美容」「ながら美容」ではないものと定義し、多忙な現代女性が「美容の時間を効率的に確保するため」に欠かせない正しい美容知識の普及に努めるとともに、美容にまつわる正確な時短知識を有する「時短美容家」「時短美容協会認定美容家」ならびに、薬機法(旧薬事法)を遵守する「美容ライター」の育成および普及活動を行っています。
WEB:https://fastbeauty.biz

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...