乾燥の季節…“ツルふわ肌”を保つにはバスルームに化粧水を

藤田裕美 美容師・ヘアメイク
更新日:2019-03-20 15:54
投稿日:2019-02-18 06:00

男性は気を遣って言わないもの

彼も実は気づいてる?(写真:iStock)
彼も実は気づいてる? (写真:iStock)

 お肌の保湿は一年中大切ですが、空気が乾燥している冬から春にかけては、とくに気をつけなければなりません。顔には保湿液をつけているけど、カラダまでは…という人もいるはず。

 デート中、手をつなごうとした彼があなたのガサガサした手や腕にびっくり!いざお泊まりの夜にふと見たら膝に粉が吹いていた!なんてことにならないように、いつでもフワフワ肌で彼を虜にしちゃいましょう。

 普段から毛の処理には気を使っていても、せっかくのお肌がカサついてたら元も子もありません。あれ?この子の肌ちょっと……なんて思っていても、男性は案外気を遣って言わないもの。

 あとで後悔しないようにしっかりケアしてあげましょう。

週一の全身スクラブがオススメ

週1回のボディスクラブがオススメ(写真:iStock)
週1回のボディスクラブがオススメ (写真:iStock)

 シャワーを浴びて身体を洗うのは日常なことですがもう一つプラス。週に一回のボディスクラブをオススメします。カサカサ肌の原因は古い角質。肌のターンオーバーが乱れて、古い角質がヨゴレとなってたまってしまうのです。それらは石鹸ではなかなか落としきれません。そこでスクラブの出番です。カサカサ肌の元を優しく除去して柔らか素肌の下地作りに!

 スクラブを使う日は湯船にゆっくりつかるのがマスト。温まった身体の方が皮膚がぐっと柔らかくなるので、負担をかけずに、角質やヨゴレを優しくオフすることができるのです。
 
 身体が温まったら、スクラブを手に取り身体に塗っていきます。クルクルと優しくマッサージするように。とくにヒジや膝などは念入りに塗ってあげましょう。流した後の肌は柔らかでもちっとした質感になっているはず。

 好きな香りやブランドのものを見つけて、身も心もツルツルに。週に一回自分へのご褒美として優雅なスペシャルケア時間を過ごしてみては?

バスタイム後の保湿ケアはこうする

目指せ!ツルふわ愛され肌(写真:iStock)
目指せ!ツルふわ愛され肌 (写真:iStock)

 お風呂から出たらまず何をしますか?著者はバスルームにタオルと化粧水を持ち込みます。まず脱衣所に出る前にタオルでポンポンと肌の水分を抑えるように拭きとります。(ゴシゴシ擦るような拭き方は絶対ダメ)それから全身に化粧水をつけていきます。 

 この時の化粧水はたっぷり使いたいので、ドラッグストアなどで売っているお手軽で大容量なものでOKです。肌が外気にさらされる前に湿気の多いバスルームで、顔から全身に化粧水で保湿しておくのがポイント。

 出たらすぐに顔にはいつも使っている化粧水を重ね両手で包むようにプッシュします。シートマスクを使用するときはこのタイミングで。顔が乾かないうちに身体にボディクリームをマッサージしながら塗り込んでいきます。しっかり両手で自分の肌の状態を確認しながら全身に。

 次に顔にクリームを塗っていきます。やはりマッサージをしながら首、鎖骨まで念入りに。その日の疲れやむくみはここで落とすような気持ちじっくりほぐしてあげましょう。

保湿のタイミングで髪も乾かして

 顔も身体もまず化粧水で皮膚を保湿してあげて、それからクリームなどの油分でフタをするイメージです。決して化粧水だけで終わることのないように!

 余談ですがこのタイングで髪を乾かしてしまいましょう。濡れている状態が続くのは髪にとって実は一番良くないこと。なのでなるべく早く乾かすのがベストです。

 部屋に戻って足りないと思うところのマッサージや保湿をプラスしてももちろんオッケーです。香りや質感を楽しみながらケアをしましょう。

 顔も体も同じ。乾燥の季節を毎日頑張っています。優しくいたわって、いつでもツルふわ愛され肌でいたいものですね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...
まだまだ進化!最新「韓国コスメ」5つの注目ブランドレポ
 まだまだちょっとずつトレンドを変えてブームが続いている韓国コスメ。先だって、注目の韓国コスメ関連のイベントが開催されま...
「ネイルケアはディオール」投資額ウン十倍だけど正解でした
 外出の機会も増えて、セルフネイルを小まめにしています。そんなある日、ネイルオフした爪がガサガサになっていることに気がつ...
不安感いつまで?プレ更年期「ぐるぐる思考」への向き合い方
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
パール系を武器に!40代女性のニットで老け見え原因&回避法
 寒い季節になってくると、温かいニットを着たくなりますよね。でも、なぜか20代ではおしゃれに着こなせていたニットも、40...