秋を先取り! 生落花生のおいしい食べ方♡ 2021.9.2(木)

コクハク編集部
更新日:2021-09-02 09:33
投稿日:2021-09-02 06:00

小さい秋、発見!

家で測ったところ、430グラム入っていました(C)コクハク
家で測ったところ、430グラム入っていました (C)コクハク

 まだまだ暑い日が続きますが、無人販売所には少しずつ秋の気配が。

 8月下旬から旬を迎える「生落花生」が並ぶようになりました。

相性バッチリ!(C)コクハク
相性バッチリ! (C)コクハク

 この生落花生、塩茹でするだけで抜群のおつまみになるんですよ。

 最近の晩酌は、もっぱら生落花生の塩茹でと、先日ご紹介した酢ショウガサワーを飲んでいます。うーん、地産地消。

塩はたっぷりでOK

おいしくなーれ(C)コクハク
おいしくなーれ (C)コクハク

 生落花生は水分を多く含んでいるため、早めの調理が鉄則。時間がたってしまうと、せっかくの甘みが損なわれてしまいます。ゲットしたその日のうちに、ちゃちゃっと調理してしまいましょう。

 調理なんて偉そうなことを言いましたが(苦笑)、作り方はとっても簡単。鍋に生落花生と水を入れて30分ほど茹でればOK。唯一のコツは「塩加減」。

 水の分量に対して3〜4%の塩を加えてください。例えば、1Lの水で茹でるなら塩大さじ2程度。塩味をしっかりきかせたほうが断然おいしいです。

無限に食べちゃう

熱々をはふはふしながら食べました(C)コクハク
熱々をはふはふしながら食べました (C)コクハク

 茹でたての落花生は薄皮が淡いピンク色をしています。やけどに注意しながら、茹でたてをいただきましょう。

 豆類特有の優しい甘さと、ほんのりとした塩気がたまりません。

 いくらでも食べられます。気が付いたら半分近く食べていました。あぶないあぶない。

落花生ご飯もおいしいよ

ホクホク落花生がおいしいんです(C)コクハク
ホクホク落花生がおいしいんです (C)コクハク

 落花生の炊き込みご飯も試してみました。こちらも落花生がホクホクでとっても美味。簡単ですがレシピをご紹介します。

材料

・米…2合
・塩茹でした落花生…200g
・醤油…小さじ2
・酒…大さじ2分の1

作り方

1.炊飯器の内釜に研いだ米、醤油、塩茹でした落花生、水を入れて白米と同様に炊く。
2.炊き上がったら、酒大さじ2分の1を全体にひと振りして蒸らす。

塩茹でした落花生は冷凍保存可能

まあ、すぐ食べちゃうんだけどね…(C)コクハク
まあ、すぐ食べちゃうんだけどね… (C)コクハク

 余った落花生はジップロックに入れて冷凍庫にイン。

 食べる分だけその都度、電子レンジで解凍してくださいね。

 そのまま食べてもよし! 炒め物や煮物にも使えますよ。お試しあれ―。

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「ピーマンとツナのサラダ」ピーマンのしんなり加減はお好みで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「イチジクのコンポート」コツはイチジクの赤さを残すこと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
「あん肝の奈良漬け添え」まるでムース…奈良漬と相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
うま味が濃厚!「煮帆立」帆立てとはまぐりのマリアージュ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
江戸前寿司の象徴「煮はまぐり」 余熱でふんわり軟らかく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...