知らないと損する! 老け見え髪型&若見え髪型の共通点7つ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-09-22 06:03
投稿日:2021-09-22 06:00
 髪は女の命といいますが、髪型でも美しさに関わる印象は大きく左右します。せっかく綺麗な髪の毛をしているのに、老け見えする髪型をしているならもったいないかも……。そこで今回は、知らないと損する老け見えする髪型と、若見えする髪型の共通点をご紹介します!

おばさんに見える…老け見えする髪型の共通点3つ

きっりりお団子は老け見えしちゃう?!(写真:iStock)
きっりりお団子は老け見えしちゃう?! (写真:iStock)

 まずは、おばさんに見えてしまう、老け見えする髪型の共通点からチェックしていきましょう!

1. きっちりお団子

 ぴたっと結んでくるんとお団子にしたスタイルは、老け見えの代表的な髪型です。まず、きっちり結んでしまうと、今風の“ラフさ”が感じられず、少し昔の時代の堅苦しく重い印象に……。

 また、お団子が低めになればなるほど「おばあさん」ぽくなってしまいます。簡単で楽な髪型ではありますが、ポイントを抑えないと残念なヘアスタイルになってしまう可能性が高いので注意しましょう。

2. ぼさぼさハーフアップ

 華やかさや女性らしさを演出できるハーフアップも、ほんの少しの違いで一気に老け見えしてしまう要注意スタイルです。

 この髪型では、ハーフアップにした時の「下ろしたほうの髪」がポイント。ここが、ぼさぼさで広がったりしていると、疲れ切ったイメージになってしまううえ、適当に結んだ感じになってしまいます。

3. シンプルな後ろひとつ結び

 おしゃれ女子も取り入れている、シンプルな後ろひとつ結び。簡単でシンプルな髪型である反面、奥が深く、若く見せるのはコツがいります。

 ヘアアクセサリーを使わずゴムだけ仕上げる、位置が低すぎる、ラフさがない、ストレートすぎるといった条件が揃ってしまうと、昭和のお母さんな印象になってしまうので、注意が必要です。

ちょっとのコツで変わる! 若見えする髪型の共通点4つ

オイルでツヤを!(写真:iStock)
オイルでツヤを! (写真:iStock)

 では、若見えする髪型を作るには、どんなコツが必要なのでしょうか? 続いて、共通する4つのコツをチェックしていきましょう!

1. 分け目はジグザグにして隠す

 あえてきっちりした分け目を狙う場合は除いて、分け目はできるだけ「ジグザクにとって隠す」のが若見えのポイント。分け目がきっちりしていると、髪がぺたんこシルエットになってしまったり、カラーリングしている人はプリンや白髪が目立ってしまったりします。

 コームの先などで分け目をジグザグにとることで、髪がふんわり立ち上がり、根本の色むらも目立たなくなります。これだけで、一気に若く見せることができますよ。

2. ヘアオイルでツヤをプラス

 髪にツヤがなく、乾燥してバサバサだと一気に老け見えの髪型に……。そこでおすすめなのが、ヘアオイル。髪にヘアオイルを適量馴染ませることで自然なツヤを出し、髪全体を程よくまとめることができます。若々しいツヤが出るため、一気に見た目年齢を下げることができるでしょう♡

 ただし、つけすぎるとオイリーな印象になり、逆効果になってしまうので注意が必要ですよ。

3. 無造作に引き出して適度に崩す

 若く見える髪型にするには、「きっちり&ペター」っと髪が締め付けられている部分の毛を無造作に引き出して、適度に崩すのがポイント。

 こうすることで軽さやふんわり感、今っぽいスタイリングができるため、若くておしゃれな印象を出すことができますよ。

4. 前髪はほかの毛と馴染ませる

 若見えするには、前髪にもポイントがあります。昔の「おかっぱ頭」のように、前髪の前後左右を「ここまでが前髪」という風にきっちり分離させると、一気に老けて見えます。

 斜め前髪やぱっつん前髪、重め前髪を作る時でも、「前髪を周囲の毛に自然に馴染ませる」ようにすることで、今っぽい若々しい髪型にすることができます。

若見えの共通点を活かして“老け見え髪型”を卒業しよう!

ちょっとの工夫で老け見え回避(写真:iStock)
ちょっとの工夫で老け見え回避 (写真:iStock)

 ご自分の髪型を振り返ってみて、いかがでしたか? もしも「老け見え髪型をしているかも?」と思ったら、この機会に若見え髪型の共通点をぜひ取り入れてみてください。

「なんとなく髪型が決まらない」「年齢よりも大人っぽく見えてしまう」といった悩みを解消できるかもしれませんよ♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...