縮毛矯正の知っておきたいデメリット6つ&よくある疑問を解決

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-09-04 06:18
投稿日:2021-09-04 06:00
 くせ毛や髪の広がりが気になる人にとって、縮毛矯正は強い味方! ボリュームを抑え、髪の毛をまっすぐにしてくれるため、朝のスタイリングも楽になりますよね。でも、縮毛矯正にはデメリットもあります。のちのち後悔しないためには、かける前にデメリットと疑問を解消しておくことが大切ですよ。

知っておきたい! 縮毛矯正をかける6つのデメリット

縮毛矯正は便利だけど…(写真:iStock)
縮毛矯正は便利だけど… (写真:iStock)

 お手入れを楽にするための縮毛矯正が、逆に手がかかるようになってしまっては意味がありません。そうならないためには、デメリットをはじめに知っておくことが肝心です!

1. 髪にダメージがかかる

 縮毛矯正は、美容室の施術の中でも髪に負担が大きいメニューのひとつ。髪へのダメージが起こってしまうことは、事前に理解しておきましょう。

 髪の状態によっては縮毛矯正をかけたことで髪がごわついたり、チリチリになってしまうこともあるようです。心配な人は、美容師さんに相談してみると良いですね。

2. 時間やコストがかかる

 縮毛矯正は、施術時間やコストがかかるというデメリットもあります。ストレートパーマと比べても、施術時間は長く、費用も高め。

 また、髪を綺麗な状態で保つためには定期的な施術が必要となります。かけようか迷っている人は、どのくらいの期間でかけ直しが必要となるのか、施術時間やコストについてもチェックしておきましょう。

3. 伸びてきた髪には効果がない

段差がクッキリ!(写真:iStock)
段差がクッキリ! (写真:iStock)

 縮毛矯正を一度かけると、「効果が永久的に続く」と思っている人もいるかもしれませんが、髪の毛が伸びてきた部分には効果がありません。

 そのため、施術後時間が経つと縮毛矯正がかかっている部分とかかっていない部分ができることになります。段差がくっきりと見えてしまうこともあるため、定期的にメンテナンスを行うことは考えておいたほうが良いでしょう。

4. パーマがかかりにくくなる

 女性は、イメチェンがてら髪型を定期的に変えている人も多いですよね。縮毛矯正をかけた数カ月後に、「やっぱり、ふんわりとしたウェーブのあるスタイルにしたい」と、パーマをかけたくなることもあるでしょう。

 しかし、一度縮毛矯正をかけた髪はパーマがかかりにくくなるのもデメリット。自分の思い描くヘアスタイルを作れなくなる場合があるため、良く考えてからかけることが大切です。

信頼できる美容師さんに頼もう(写真:iStock)
信頼できる美容師さんに頼もう (写真:iStock)

5. 場合によっては不自然に見える

 髪の毛全体に縮毛矯正をかけると、髪のボリュームが抑えられ、まっすぐでツヤツヤなヘアスタイルにすることができます。

 しかし、縮毛矯正はまっすぐになりすぎることがデメリットになる場合もあります。ヘアスタイルや部分的にかけることによって、不自然に見えることがあるため、かけた後のイメージをしっかり照らし合わせておくことが大切でしょう。

6. 美容師の技術によって仕上がりに差が出る

 実は、縮毛矯正は美容師にとってレベルの高いメニューのひとつ。知識や経験の差が出やすい施術とも言えます。

 つまり、同じ縮毛矯正でも、美容師さんによって仕上がりが変わってくるということ。後悔しないためには、信頼できる美容師さんにお願いすることが大切です。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...
プレ更年期でニキビ?女性ホルモンの乱れが…【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
太って見える「白コーデ」膨張色でもテク次第で細見え可能!
「白」を格好良く着こなす大人女子になりたいと思っていても、いざ買い物に行くと「太って見えるかも……」と諦めてしまう人が多...