失敗しない!美容室でのヘアスタイルの頼み方6つのポイント

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-09-08 06:05
投稿日:2021-09-08 06:00
 理想のヘアスタイルを目指して美容室に足を運んだのに、「思っていたスタイルにならなかった……」と、後悔した経験がある人も多いでしょう。自分が思い描く理想のスタイルを伝えるのは、なかなか難しいものですよね。そこで今回は、美容室で上手にヘアスタイルを頼むポイントをご紹介します。

美容室でヘアスタイルをどう伝える? 頼み方の6つのポイント

自分の希望ははっきり伝える(写真:iStock)
自分の希望ははっきり伝える (写真:iStock)

 美容室に行く際、どんなスタイルにするのか決めていない人もいれば、目指すスタイルが決まっている人もいます。どちらにせよ、後悔しないためには頼み方がポイントですよ。

1. 理想のスタイルがあれば写真を持っていく

 理想のヘアスタイルがあり、それを目指して美容室に行く人は、写真を持っていくのがおすすめです。ヘアカタログを用意しても良いですし、スマホで画像などを見せるのもありですね。

「美容室で写真を出すのは恥ずかしい」と思う人も多いですが、ヘアスタイルは言葉で伝えるよりも、写真の方が断然イメージが伝えやすいです。

2. これは嫌というスタイルを伝える

 理想を伝えることはもちろん大切ですが、それと同じくらい、嫌なスタイルも伝えておくこともポイントです。

 たとえば「もみあげは絶対に出したくない」「前髪は作りたくない」というように、嫌なスタイルを伝えておけば、最低限、我慢できないスタイルにはならずに済むでしょう。

3. 髪質やスタイリングの悩みを伝える

 ヘアスタイルを作るには、それぞれの髪質も大きく影響してきます。そのため「前髪に癖がある」「天パで髪が広がりがち」など、事前に自分の髪質やスタイリングの悩みなどを伝えておきましょう。

 そうすることで、カット後に「スタイリングしにくい」ということはなくなるはずです。

4. 普段使っているスタイリング剤やアイテムを伝える

 普段、どんなスタイリング剤やアイテムを使っているのかを伝えることも大切です。そうすることで、今と変わらないアイテムで整うスタイルに仕上がるはずです。

 また、もしもガラッとヘアスタイルを変えたい場合には、スタイリング剤はどんなものが必要なのか、お手入れは簡単かなど、不安や疑問を聞いておくのもポイントですね。

5. どんな雰囲気を目指しているのか伝える

 女性は、髪型で大きくイメージが変わります。同じショートヘアでも、どんなカットにするかで大きく雰囲気は違ってきますよね。

 そのため、美容師さんにはどんな雰囲気を作りたいのかを伝えておきましょう。スタイリッシュにしたいのか、可愛らしいのかを伝えることで、施術も変わってくるはずです。

6. 少し長めにオーダーする

 美容師さんにイメージを伝えたのに、カットを終えたら「思ったより短い」なんて経験をした人も多いはず。切りすぎは、伸びるまで我慢するしかありません。

 こういった失敗を避けるためには、少し長めにオーダーすることがおすすめです。美容師さんによっては、長さを確認しながら少しずつ切ってくれることもあるため、相談してみましょう。

美容室でヘアスタイルに失敗しないために知っておきたいこと

え、そんなに切るの?と思ったら確認を(写真:iStock)
え、そんなに切るの?と思ったら確認を (写真:iStock)

 綺麗になるために美容室に行ったのに、失敗してしまうとショックなもの。それを避けるためには、以下のことを知っておくと安心ですよ。

1. 好きなスタイルと似合うスタイルは違う

 好きな女優さんやアーティストのヘアスタイルを「真似したい」と思う人もいるでしょう。

 しかし、好きなスタイルと似合うスタイルは違います。顔の輪郭や髪質などは異なりますから、必ずしも似合うとは限りません。事前にシミュレーションを重ねるなどして、なりたいスタイルが自分に似合うかを見極めておきましょう。

2. 髪質によってはイメージ通りにならないことも

 髪の毛は人によって太さも異なれば、色合いや癖なども違います。そのため、同じカット、パーマをかけても同じように仕上がらないことがあります。

 これを避けるためには、事前に美容師さんに「この髪質でも、こんなふうに仕上がりますか?」と確認することが大切です。仕上がりを想像することができますし、注意点やスタイリングのポイントを教えてもらうことができるでしょう。

3. 不安になったら、すぐに伝える

 美容室に行くと、緊張してなかなか思っていることを伝えられない人もいます。しかし、後悔したくないと思うのであれば、不安なことはその都度伝えることが大切。

 万が一、カットの途中で「え、そんなに切るの?」と不安になったら、すぐに「そんなに切っても大丈夫ですか?」と確認してみましょう。早い段階であれば、調整が利くはずです。

美容室では上手な頼み方を!理想的なヘアスタイルを目指して♡

上手な頼み方で理想のスタイルに!(写真:iStock)
上手な頼み方で理想のスタイルに! (写真:iStock)

 技術力のある美容師さんだからといって、必ずしもあなたの理想通りのヘアスタイルが作れるとは限りません。大前提として、あなたの思い描いているイメージが伝えられなければ、理想的なヘアスタイルは当然できないでしょう。

 ぜひ、次回の美容室では、今回ご紹介した頼み方のポイントを参考にして、納得のいくヘアスタイルを目指してくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...
プレ更年期でニキビ?女性ホルモンの乱れが…【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
太って見える「白コーデ」膨張色でもテク次第で細見え可能!
「白」を格好良く着こなす大人女子になりたいと思っていても、いざ買い物に行くと「太って見えるかも……」と諦めてしまう人が多...