顔の産毛が濃いのが気になる…すべすべ肌を目指す5つの方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-10-04 06:00
投稿日:2021-10-04 06:00
 女性にとって、顔の産毛は厄介なもの。顔の産毛が濃くなると肌のトーンダウンにも影響してしまいますし、人から指摘されることもないため、自分で気を付けることが必要です。そこで今回は、顔の産毛が濃いことで起こるデメリットと対処方法をご紹介します。

顔の産毛が濃い…3つのデメリット

顔の産毛どうしてる?(写真:iStock)
顔の産毛どうしてる? (写真:iStock)

 顔の産毛は自然なもののため、処理をしていない人もいるでしょう。しかし、そのままにしてしまうとさまざまなデメリットがあるんですよ。

1. 顔がくすんで見える

 産毛は髪の毛ほど太くなく、量も多くはありません。しかし、細かい産毛で肌に影を作ってしまうため、意外と肌のトーンが暗くなってしまいます。

 くすみが気になるのは、もしかしたら、その産毛のせいかもしれません。適切に産毛処理をすることで、「肌が明るくなった」と実感できますよ。

2. メイクのノリが悪い

 産毛は細く、触れても気づくものではありません。そのため、多少、産毛が生えていても「支障がある」と感じる人は少ないでしょう。

 しかし、産毛は肌の上に生えているため、メイクのノリに影響してしまいます。産毛があることで直接肌にファンデーションが密着しなかったり、メイクが早く崩れる原因になることもあります。

3. 化粧水の浸透率が悪くなる

 当然ですが、産毛は毛穴から生えています。そして、産毛が濃ければ濃いほど水分を弾くことになってしまいます。そうなると、スキンケアの際の化粧水や美容液の浸透が悪くなってしまうことも。

 普段のお手入れの妨げになってしまうため、きちんとケアをすることが肝心です。

顔の産毛が濃いのはどうすればいい? 5つの対処方法

プロの手を借りるのも(写真:iStock)
プロの手を借りるのも (写真:iStock)

 次に、顔の産毛が濃いことへの対処方法をお伝えします。自分に合った方法を見つけて、定期的にケアをしてくださいね。

1. カミソリやシェーバーで自己処理する

 すでに生えている産毛は、カミソリやシェーバーを使って自己処理をするのも一つの方法です。

 ただし、カミソリやシェーバーを使う場合には、少なからず肌に負担がかかってしまうため、丁寧にケアすることが大切。処理前後は、しっかりとスキンケアで保湿ケアを行い、肌を整えましょう。

2. プロの手を借りる

 カミソリで産毛を処理する際、うっかり顔を傷つけてしまうことがあります。このようなリスクを避けたければ、プロの手を借りて顔剃りをするのもおすすめ。

 サロンや、顔剃り専門店などでお願いすると良いですよ。

3. 抑毛ローションでケア

 産毛が濃くて悩んでいる人は、抑毛ローションでのケアも良いでしょう。抑毛ローションは、肌に塗るだけで簡単に産毛ケアができます。痛みもなく肌を傷つけることもないため、初心者でも手軽に取り入れられる方法です。

 ただし、即効性はないと言われているので、産毛が薄くなるまではほかのケアと併用して行うのが◎。

4. ワックスで抜く

 顔の産毛が気になったら、ワックスなどで抜くのも一つの方法です。即効性があるため、デートなど、ここぞという大事な日の前に試してみても良いかもしれません。また、ワックスなら、古い角質も落とすことができ、毛穴汚れも解消できますよ。

 ただし、少なからず肌に負担がかかってしまうため、肌トラブルがある時には避けたほうが良いでしょう。

5. エステやクリニックで脱毛

 顔の産毛が濃いと悩んでいる人の中には、「処理をずっと続けるのが面倒」だと思っている人もいるでしょう。

 そんな人は、エステやクリニックで脱毛するのがおすすめ。脱毛であれば、半永久的に生えてくることがないため、処理の手間も省けますよ。

顔の産毛が濃い場合は、自分に合った方法で対処しよう!

産毛にサヨナラ(写真:iStock)
産毛にサヨナラ (写真:iStock)

 女性にとって、顔の産毛が濃いのは意外と厄介なもの。顔の産毛が濃くなると、毎日のメイクにも支障が出てしまいますから、対処が必要です。

 まずは、自分に合った対処方法を見つけて、産毛の悩みを解消してくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


バズり靴下「ファミマソックス」に「am/pm」柄が新登場!2021.10.14(木)
 今年の夏、SNSでバズった“ファミマの靴下”。一部の店舗で、売り切れが続出しましたが、最近また見かけるようになりました...
ミストは乾燥するって本当?正しい使い方&3つの注意点♪
 ミストタイプの化粧水は、出先でも簡単に肌の水分補給ができる便利なアイテム。でも、使い方を間違えてしまうと乾燥の原因にな...
男性ウケ抜群のモテ顔に♡ デートメイクのコツ&NGメイクも
 デートの際、気合いが入ってついメイクが濃くなってしまう人もいるでしょう。しかし、男性は盛りすぎメイクよりも、ナチュラル...
マツエクはもう時代遅れ? 初期&最新のトレンドを徹底比較♪
 つけまつ毛をつけているようなパッチリした目元を叶えてくれる「マツエク」は、美容に敏感な女性たちの中ではすっかり定番のア...
実は美人が多い♡ “ゴリラ顔の特徴&似合う髪型を選ぶコツ
「可愛い」というより「ワイルド」なイメージが強いゴリラ顔。“ゴリラ顔”と聞くだけでネガティブなイメージが先行してしまいま...
壇蜜のような“ふわとろ色気ボディ”を狙うおすすめグッズ3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
雑誌の豪華付録で美容家電をゲット♡ 眉毛シェーバーが優秀♪
 雑誌の付録をチェックするのが、ひそかな楽しみになっている私です。発売直後の新アイテムが試せたり、美容家電が付録になって...
ベリーショートは男ウケが悪い? 意外な事実&似合う人の特徴
 ベリーショートが似合う女性って、魅力的に見えて素敵ですよね。でも、ベリーショートは「男ウケが悪い」というのが、多くの女...
“地雷系メイク”の特徴♡ 病みかわいく仕上げる部分別ポイント
 女性にとって、メイクは個性を発揮する手段のひとつ。「今のメイクに飽きてきた」という人は、「地雷系メイク」にチャレンジし...
その“抜け感”ダサいよ…勘違いファッションに見えないコツ
 ファッション用語で頻繁に聞く「抜け感」というワード。わかっているようでわかっていない人も結構多いかもしれません。そして...
ヘッドスパの効果が持続する時間はどれくらい? 目的別頻度
 髪質改善や美容にも効果があると言われる「ヘッドスパ」。でも、気が向いた時にだけ通っているという人も多いようです。でも実...
秋はレディライクなバーガンディメイクが旬♡ やり方のコツ
 秋は、女性らしさや上品さのある“レディライクなメイク”がしたいですよね♡ そこでおすすめなのが「バーガンディメイク」!...
アイクリームっていつ塗ればいい? 効果的な順番&塗り方♪
 みなさんは、アイクリームを使っていますか? アイクリームは目元の乾燥やたるみ、クマのケアなどができて便利なアイテムです...
石原さとみの不動の“モテリップ”を叶えるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
知らないと損する! 老け見え髪型&若見え髪型の共通点7つ
 髪は女の命といいますが、髪型でも美しさに関わる印象は大きく左右します。せっかく綺麗な髪の毛をしているのに、老け見えする...
キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...