美容代にお金かけすぎ!? 一番にお金をかけるべきもの7選

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-27 06:00
投稿日:2020-12-27 06:00
 あなたは、美容にどのくらいお金をかけていますか? エステ、スキンケア、ヘアケア、コスメ、美容家電など、挙げ始めたらキリがないですよね……。「さすがに美容代にお金使いすぎてるかも……」と思っているあなたに、今回は美容の中でも一番にお金をかけるべきものを、7つご紹介します。

女性の美容代事情…みんなお金いくら使ってる?

お金はどこにかけるべき?(写真:iStock)
お金はどこにかけるべき? (写真:iStock)

 毎月の美容代は、人によってさまざまですが、ある調査によると、毎月の美容代の平均は、7,000円前後という結果になったそうです。

 年代別だと、美容に特に興味のある20代が8,000円前後。家を購入し、ローンなどの支払いもある30代・40代の女性は5,000〜6,000円前後と低めな結果に。中には、子育てで美容にかける時間がないという人もいるかもしれませんね。

 そして、肌悩みが増えてくる50代になると、7,000円前後と高くなります。また、接客業など人に見られる仕事や、美容師やエステティシャンなど美容関係の仕事の人も、美容にお金をかけている人が多いようです。

ジャンル別! 美容で一番お金をかけるべきもの4つ

 まずは、ヘアケアやネイル、ファッションなど、一番にお金をかけるべきものをジャンル別にチェックしていきましょう。

【ヘアケアでお金をかけるべきもの】シャンプー

毎日使うものだからこそ品質にはこだわって(写真:iStock)
毎日使うものだからこそ品質にはこだわって (写真:iStock)

 ヘアケアアイテムの中でも、一番お金をかけたいのが「シャンプー」です。安価で大容量なシャンプーは洗浄成分が高く、髪のダメージをさらに悪化させてしまうものもあるので要注意。

 さらに、シャンプーの価格は、使っている成分や品質によって大きく金額が変わってきます。安いものには、それなりの理由があるということですね。

 シャンプーは毎日行うものなので、ノンシリコンのアミノ酸シャンプーなど、髪に優しいものを使うようにしましょう。

【コスメでお金をかけるべきもの】ベースメイク

カバー力&透明感があるものを(写真:iStock)
カバー力&透明感があるものを (写真:iStock)

 メイクの中で、特に使う面積が広く、顔の若さや透明感を作り出すのが「ベースメイク」です。ベースメイクは、日焼け止めやフェイスパウダーまで、顔の土台を作るアイテム。

 厚くなりすぎずに肌悩みをカバーする力もあり、かつ透明感も作り出すためには、ある程度高品質なアイテムが必須でしょう。

【美容家電でお金をかけるべきもの】スチーマー

 美容家電を一つ買うとしたら、ぜひ高機能なワンランク上の良い「スチーマー」を選んでみてください。

 スチーマーを使えば、乾燥肌の水分量をアップさせることができます。今では、アロマ機能や化粧水を使えるもの、水素水を作れるものなど、いろいろなタイプがあるので、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

【エステでお金をかけるべきもの】脱毛

ムダ毛にサヨナラ(写真:iStock)
ムダ毛にサヨナラ (写真:iStock)

 近年、男性専用脱毛サロンの人気が高まっています。そのくらい、男性もムダ毛を意識しているようですね。脱毛エステで永久脱毛をしてしまえば、脇や手足のムダ毛に悩むことはなくなります。

 一度なくなったら、毛が生えてくることはほぼないので、まだ脱毛を終えていない人がいたら、お金をかけてでも綺麗に脱毛しておくことをおすすめします。

美容の基本はスキンケア! 一番お金をかけるべきもの3つ

 続いては、美容の基本となるスキンケアについてです。肌を美しく保つためにも、一番お金をかけるべきものを3つご紹介しましょう。

【スキンケアでお金をかけるべきもの】1. クレンジング

クレンジングをおろそかにしてはダメ(写真:iStock)
クレンジングをおろそかにしてはダメ (写真:iStock)

 意外かもしれませんが、実はスキンケアの中でも特に重要なのが「クレンジング」と言われています。汚れをしっかり優しく落としてこそ、肌の健康は保たれるんですよ。

 毎日行うクレンジングは、洗浄力が高すぎると肌荒れや吹き出物、乾燥肌の原因に。しかし、汚れが肌に残ったままでも、くすみやニキビなどの肌トラブルを招く恐れがあります。

 程よい洗浄力がありながら、肌の潤いを優しく守れるワンランク上のクレンジングアイテムを選んでくださいね。

【スキンケアでお金をかけるべきもの】2. 美容液

 どんなに高価なメイクアイテムを買っても、肌の悩みが解決していなければ、化粧ノリも悪くなりますし、どんどん悩みを隠そうとして厚化粧になってしまいますよね。そこで大事になるのが、「美容液」です。

 美容液は、肌の悩みに特化した有効成分や栄養がたっぷり配合されていて、浸透力も高いアイテムです。少し高価な美容液なら、効果の高い成分や、より多い配合量のものが揃っています。肌の悩みに合わせた、良い美容液をじっくり選んでみましょう。

【スキンケアでお金をかけるべきもの】3. 日焼け止め

冬でも紫外線対策を忘れずに(写真:iStock)
冬でも紫外線対策を忘れずに (写真:iStock)

 人間の肌は、紫外線によって確実に老化します。だからこそ、「日焼け止め」を夏しか使わないのはもったいない! 紫外線によってメラニンを蓄積させないためにも、良い日焼け止めを365日使いましょう。将来高額なアンチエイジングアイテムを購入するよりお得なはずです。きっと、数年後に差がつくはずですよ。

美容代はかけるべきものにお金を使って効率的に♡

ポチる前によーく考えて(写真:iStock)
ポチる前によーく考えて (写真:iStock)

 お金が湯水のように湧いて出てくる人は、いくら美容にお金をかけても良いのかもしれません。でも、お金には限りがあります。せっかく稼いだお金だから、どうせなら一番かけるべきところに使いたいですよね。

 ぜひ、美容のポイントを押さえて、効率的に美を保ってくださいね♡

ビューティー 新着一覧


本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...