指毛ってどうしてる?処理方法&種類別メリット・デメリット

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-21 06:00
投稿日:2021-01-21 06:00
 女性の中でも意見が分かれる「指毛」の処理問題。世間の女性の中には、実際に「そんなに見られないでしょ」と、処理をしていない人もいるようです。でも、意外と落とし穴なのがSNS! 普段の生活では目立たなくても、SNSに投稿したアップの指毛って、結構目立つんですよね……。そこで今回は、指毛の処理方法や種類別メリット・デメリットをご紹介します。

意外に見られてる…指毛処理の必要性は?

ネイルはばっちりでも…指の毛のお手入れは?(写真:iStock)
ネイルはばっちりでも…指の毛のお手入れは? (写真:iStock)

 指毛の濃さは、人それぞれです。あまり生えてこない人もいますが、毛が濃くて太い人は、ある程度気を使ったほうが良いかもしれません。

 特に、今の時代はSNSに手元が映った写真を投稿する機会も多いはず。思わぬタイミングで恥ずかしい思いをしないためにも、手元は美しくメンテナンスすることをおすすめします。

指毛の処理方法は? 種類別メリット&デメリット

一番簡単なのは「毛抜き」(写真:iStock)
一番簡単なのは「毛抜き」 (写真:iStock)

 それではさっそく、指毛の処理方法を種類別にご紹介しましょう!

【毛抜きで抜く】コストが安く簡単

 まずは毛抜きで抜く方法です。毛抜きを一本購入すれば、それ以外のコストは一切かからないのが魅力。ちくっとした痛みはあるものの、毛根から引き抜くので綺麗に仕上がります。

 デメリットとしては、抜くことを繰り返すことで、毛穴の中で毛が埋もれてしまう「埋没毛」が発生する可能性があること。また、皮膚が弱い人は、肌トラブルの原因にもなるため、あまりおすすめできません。

【カミソリで剃る】滑りを良くするのがポイント

 一番ポピュラーな方法が、カミソリを使って指毛を剃る方法でしょう。コスパが良く、簡単にできて、毛抜きよりも短時間でさっと済ませることができるのがメリットです。

 デメリットとしては、錆びたカミソリだと皮膚が切れてしまうこと。また、石鹸やジェルを使って滑らかにしてから行わないと、肌を傷める可能性があるので注意が必要。しっかり滑りを良くしてから、剃るようにしましょう。

【電気シェーバーで剃る】女性の眉用シェーバーが◎

 カミソリが心配な人には、電気シェーバーがおすすめです。価格が高い点はデメリットですが、撫でるだけで簡単&安全に指毛を処理することができます。おすすめは、女性用の眉用電気シェーバー。指先の狭い面積を剃るのにちょうど良い大きさですので、とても重宝しますよ。剃ったあとは、しっかり保湿をして肌荒れを防ぎましょう!

ブラジリアンワックスもおすすめ(写真:iStock)
ブラジリアンワックスもおすすめ (写真:iStock)

【ブラジリアンワックスで抜く】自然素材で肌に優しくつるつる長持ち

 ブラジリアンワックスとは、砂糖・レモン・蜂蜜などの自然素材だけで作られた脱毛用のワックスです。肌に優しく、毛根から抜くので、つるつるが長持ちすると人気の方法です。

 肌に塗って、専用シートを上から貼り、剥がすという手間はありますが、綺麗な仕上がりです。部位や面積によって、塗る量を調節できるのも良いですね!

【脱毛クリームで溶かす】肌が強い人におすすめ

 脱毛クリームは、毛を構成しているたんぱく質を溶かして拭き取るタイプの脱毛アイテムです。メリットとしては、塗って拭き取るだけという手軽さ、毛の太さに関わらず綺麗に脱毛できるという点でしょう。

 ただし、肌が弱い人は肌に合わないことがあること、また、溶かすのは表面の毛だけですので永久脱毛ではないことなどが挙げられます。肌が強い人は、試してみても良いでしょう。

【家庭用脱毛器で脱毛する】どんどん処理が楽になる!

 家庭用脱毛器は、エステのフラッシュ脱毛やレーザー脱毛などを自宅で行える機械です。永久脱毛はできませんが、特殊な光やレーザーを照射するだけで毛を細くしたり、生えにくくしたりなど、今後の指毛の処理が楽になる効果も実感できますよ。

 ただし、ほかの処理方法に比べて価格が高い点、また効果を実感できるまでに時間がかかる点はデメリットでしょう。

指毛の処理で起こりがちなトラブル&対処方法

トラブルを回避するには?(写真:iStock)
トラブルを回避するには? (写真:iStock)

 続いては、指毛の処理の際に起こりがちなトラブルや、その対処方法をチェックしておきましょう!

皮膚がぶつぶつになる

 毛を処理する際に皮膚に刺激が加わると、皮膚が炎症を起こしてぶつぶつになってしまうことがあります。まずは、炎症を鎮めるために、しっかり保湿して刺激を与えないようにしましょう。

 ぶつぶつになるのを防ぐには、毛の流れに逆らうのではなく、毛の流れに沿って処理すること。そして、お湯などで毛を柔らかくしてから処理することが大切です。

埋没毛になる

 毛抜きやカミソリでの処理に多いトラブルが、毛穴に埋まったまま毛が伸びる「埋没毛」になることです。これは、刺激を受けた肌がダメージを減らすために新陳代謝を遅らせてしまい、角質を厚くして毛穴の入り口を塞いでしまうのが原因と考えられています。

 埋没毛になってしまったら、まずはスクラブなどで優しく角質を取り除いてみましょう。それでも解消しなければ、皮膚科で処理してもらってくださいね。

肌や毛の状態にあった指毛の処理方法を選んで

美しい指先をキープ(写真:iStock)
美しい指先をキープ (写真:iStock)

 指毛の処理方法にはいろいろな種類がありますが、肌の強さや毛の太さ、量によって合う合わないがあります。ぜひこの記事を参考にして、あなたにあった処理方法で綺麗な指先を手に入れてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ゾンビに傷あと…簡単で可愛い♡ハロウィンメイク&アイテム
 今年も、ハロウィンの季節がやってきましたね♡ 今回は、ハロウィンパーティーに大活躍するハロウィンメイクのアイディアをご...
バズり靴下「ファミマソックス」に「am/pm」柄が新登場!2021.10.14(木)
 今年の夏、SNSでバズった“ファミマの靴下”。一部の店舗で、売り切れが続出しましたが、最近また見かけるようになりました...
ミストは乾燥するって本当?正しい使い方&3つの注意点♪
 ミストタイプの化粧水は、出先でも簡単に肌の水分補給ができる便利なアイテム。でも、使い方を間違えてしまうと乾燥の原因にな...
男性ウケ抜群のモテ顔に♡ デートメイクのコツ&NGメイクも
 デートの際、気合いが入ってついメイクが濃くなってしまう人もいるでしょう。しかし、男性は盛りすぎメイクよりも、ナチュラル...
マツエクはもう時代遅れ? 初期&最新のトレンドを徹底比較♪
 つけまつ毛をつけているようなパッチリした目元を叶えてくれる「マツエク」は、美容に敏感な女性たちの中ではすっかり定番のア...
実は美人が多い♡ “ゴリラ顔の特徴&似合う髪型を選ぶコツ
「可愛い」というより「ワイルド」なイメージが強いゴリラ顔。“ゴリラ顔”と聞くだけでネガティブなイメージが先行してしまいま...
壇蜜のような“ふわとろ色気ボディ”を狙うおすすめグッズ3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
雑誌の豪華付録で美容家電をゲット♡ 眉毛シェーバーが優秀♪
 雑誌の付録をチェックするのが、ひそかな楽しみになっている私です。発売直後の新アイテムが試せたり、美容家電が付録になって...
ベリーショートは男ウケが悪い? 意外な事実&似合う人の特徴
 ベリーショートが似合う女性って、魅力的に見えて素敵ですよね。でも、ベリーショートは「男ウケが悪い」というのが、多くの女...
顔の産毛が濃いのが気になる…すべすべ肌を目指す5つの方法
 女性にとって、顔の産毛は厄介なもの。顔の産毛が濃くなると肌のトーンダウンにも影響してしまいますし、人から指摘されること...
“地雷系メイク”の特徴♡ 病みかわいく仕上げる部分別ポイント
 女性にとって、メイクは個性を発揮する手段のひとつ。「今のメイクに飽きてきた」という人は、「地雷系メイク」にチャレンジし...
その“抜け感”ダサいよ…勘違いファッションに見えないコツ
 ファッション用語で頻繁に聞く「抜け感」というワード。わかっているようでわかっていない人も結構多いかもしれません。そして...
ヘッドスパの効果が持続する時間はどれくらい? 目的別頻度
 髪質改善や美容にも効果があると言われる「ヘッドスパ」。でも、気が向いた時にだけ通っているという人も多いようです。でも実...
秋はレディライクなバーガンディメイクが旬♡ やり方のコツ
 秋は、女性らしさや上品さのある“レディライクなメイク”がしたいですよね♡ そこでおすすめなのが「バーガンディメイク」!...
アイクリームっていつ塗ればいい? 効果的な順番&塗り方♪
 みなさんは、アイクリームを使っていますか? アイクリームは目元の乾燥やたるみ、クマのケアなどができて便利なアイテムです...
石原さとみの不動の“モテリップ”を叶えるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...