透明感すごすぎ♡ “薄膜メイク”のやり方のポイントをご紹介!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-10-30 06:01
投稿日:2021-10-30 06:00
 メイクは、透明感重視の時代! かっちりカバーしすぎるのも、ブームを追いかけた流行りのメイクを頑張りすぎるのもナンセンスです。そんな透明肌を作るのにぴったりなのが、今回ご紹介する「薄膜メイク」! 太陽に透けるような、クリアでみずみずしい肌を目指しましょう♡

【ベース編】仕込みから透明感を意識! 薄膜メイクのやり方

 それではさっそく、薄膜メイクのやり方をチェックしていきましょう! 3つのステップで、失敗知らずですよ♡

STEP1:高保湿化粧水をパッティングで「水の膜」を仕込む

念入りなパッティングで自然なツヤを(写真:iStock)
念入りなパッティングで自然なツヤを (写真:iStock)

 薄膜メイクに仕上げるには、とにかく素肌への仕込みが大切! 水分量が多く、とろりとした高保湿の化粧水を肌にパッティングしていきましょう。

 時間があるなら「浸透してからもう一度パッティング」を、3回ほど繰り返して。ファンデをのせても、内側からぷるんと自然なツヤ感を出すことができますよ。

STEP2:下地はツヤタイプの「ピンク」のカラー下地を塗る

 ファンデは薄膜塗りで仕上げていくため、下地はしっかり塗っておきたいところ。おすすめは、ピンク色のカラー下地です。健康的な血色に見せることで、透明感がより際立ちます。

 下地を選ぶ時には、ツヤのあるタイプが良いでしょう。しっかりベースにツヤを仕込んでおくと、太陽の光を反射して美しい卵肌に見せることができますよ。

STEP3:クッションタイプのファンデで「薄膜」に仕上げる

クッションファンデでみずみずしく(写真:iStock)
クッションファンデでみずみずしく (写真:iStock)

 下地ができたら、ファンデはクッションタイプを選びましょう。マットタイプではなく、ツヤタイプのほうがみずみずしく仕上がります。

 塗り方のコツとしては、手の甲にのせてから肌の上では滑らせず、タップするように馴染ませていくこと。これで、薄膜肌の完成です♡

【ポイント編】薄膜メイクに合うポイントメイクのやり方

 続いては、アイメイクやチーク、リップなどのポイントメイクのやり方をチェックしていきましょう!

チークは物足りないくらいでふんわりと

チークは物足りないくらい(写真:iStock)
チークは物足りないくらい (写真:iStock)

 チークは、自然でほんのりとした血色感が出ればOK。ピンクやピンクベージュなど、肌馴染みの良いカラーを選んだら、頬骨の高い場所に横長の楕円形にオンしていきます。

 この時、「もう少し塗りたいな」と思う程度でやめるのがポイント! そうすることで、薄膜肌に自然と溶け込むナチュラルな血色感が表現できるはずです。仕上げに少しハイライトをのせると、より自然に馴染みますよ。

アイメイクはできるだけ薄く「顔にある色」をチョイス

 アイメイクは明るいブラウンやオレンジ、ピンクなどの色を選ぶのが◎。もともとの人間の顔色に合っているので、薄膜メイクの透明感を邪魔しません。ちなみに、細かい粒子のラメやパール入りのものなら、ワントーン明るい目元に仕上がりますよ。

 アイライナーは、優しい印象のブラウンペンシルで。マスカラは、しっかりカールさせてから、透明マスカラを塗るだけでOKです。

眉毛はふんわりパウダーでナチュラルに

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 薄膜メイクでの眉メイクは、ナチュラルに仕上げるのがおすすめ。まずは、眉頭、眉山、眉尻のポイントを決めてから、アウトラインにパウダーをのせていきます。

 続いて、眉頭から眉山までは、ブラウンのアイブロウペンシルを使って、上に毛を描き足すように丁寧に描いていきましょう。眉尻まではブラウンのパウダーで、自然にだんだんと薄くなるように描くのが大切です。

リップで可愛さを演出♡ ピンクベージュで赤ちゃんのような唇に

 全体に控えめな薄膜メイクは、リップで可愛さを演出するのもポイントです。おすすめのカラーは、ピンクベージュやコーラルピンク。

 マットタイプより少しツヤの出るタイプを使うと、キュートさがアップします。赤ちゃんのような唇を目指しましょう!

薄膜メイクのやり方をマスターして透明感を手に入れよう♡

秋は透明感抜群の「薄膜メイク」で決まり!(写真:iStock)
秋は透明感抜群の「薄膜メイク」で決まり! (写真:iStock)

 ナチュラルメイクの中でも、特に透明感を重視した薄膜メイク。太陽の光で透き通るような赤ちゃん肌に、男性たちも心を鷲掴みにされてしまうはず♡

 ぜひ、今日から引き算の薄膜メイクにトライして、透明感のある肌を手に入れてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...