ニットが太って見える原因&細見えさせるテクニック3選♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-11-18 06:00
投稿日:2021-11-18 06:00
 寒くなってくると、ニットを着る人が増えてきます。ニットは見る人に暖かい印象を与えるだけでなく、季節に合ったファッションを楽しめる優秀アイテムですよね。しかし、中には「ニットを着ると、太って見える」という理由から、敬遠する人も少なくありません。そこで今回は、ニットが太って見える原因と太って見せない細見えテクニックをご紹介します。

ニットを着ると太って見える5つの原因

明るい色のニットは太って見えちゃう?(写真:iStock)
明るい色のニットは太って見えちゃう? (写真:iStock)

 ニットを着ると「太って見える」と感じてしまう人は多いはず。まずは、その原因をチェックしていきましょう。

1. 間違ったインナー選び

 ニットを着る際には、中にインナーを着る場合が多いでしょう。実は、このインナー自体が、太って見える原因のひとつになります。

 ピタッと体にフィットしたインナーであれば、ニットが広がることはありません。しかし、ゆったりとしたインナーを着てしまうと、ニットが膨らみ、どうしても太って見えてしまいます。

2. ニットの色やデザイン

 ニットを選ぶ際、自分の好きなカラーを選ぶ人が多いでしょう。もちろん、それは悪いことではありません。

 しかし、白やオレンジ、赤、黄色などの膨張色のカラーは、太って見えがち。特に、ニットワンピは面積が大きいぶん、より体を大きく見せてしまいます。

3. 上に着るアウターの選び方

 ニットが太って見えるのは、ニットそのものが原因とは限りません。実は、ニットの上に着るアウターも大きく影響してきます。

 寒い時期は、ふんわりとしたダウンやコートなどを着る人が多いですが、こういったアウターは着膨れし、太って見える原因になってしまいます。

4. ニットの素材

 ニットはさまざまな素材のものがあります。見た目や肌触りなど、人によって好みも分かれるでしょう。

 女性は可愛らしく見えるシャギーやモヘア素材を好む人が多いですが、実はこういったフワフワとした素材も太って見える原因のひとつです。

5. 全体のコーディネートにメリハリがない

 ニットに限らず、全体的にメリハリのないコーディネートは太って見えます。ニットを着る際にも、全体的なバランスを考えることが大切。

 たとえば、だぼっとしたニットワンピは単品使いするのではなく、ベルトやパンツをプラスするなどしてメリハリをつけるなどの工夫が必要です。

ニットを着ても太って見せない! 細見えの3つのテクニック

Vネックがおススメ(写真:iStock)
Vネックがおススメ (写真:iStock)

 太って見えることが気になっても、やはり寒くなってくるとニットを着たくなる人は多いでしょう。そんな人は、これからご紹介するテクニックを取り入れてみてくださいね!

1. 首回りがすっきりしたデザインを選ぶ

 ニットを綺麗に着こなすためには、首回りがすっきりとしたデザインのものを選ぶのもテクニックのひとつ。首がつまったデザインやタートルネックは暖かいですが、すっきりとみせるためにはVネックがおすすめ!

 鎖骨を見せることで、着痩せ効果だけでなく、女性らしさも引き出すことができますよ♡

2. カラー選びは重要

 コートやブーツに、暗めのカラーを選ぶことが増える秋冬。そのため、「ニットくらい、明るいカラーを選びたい」と思う人も多いでしょう。

 しかし、太って見えることを防ぐには、膨張色はNG! 紺や黒など暗めのカラーを選ぶことで引き締まって見せることができ、細見え効果がアップします。

3. 手首や足首を見せる

 寒くなると、ついつい防寒対策に気がいきがちですが、ニットを太って見せないためには、手首や足首を見せるのも効果的です。

 腕まくりをして手首を見せる、スカートやパンツを履いた際には足首を見せることで全体のバランスが整い、太って見えるのを防ぐことができますよ。

「太った?」なんて言わせない! ニットを上手に着こなそう

ニットでおしゃれを楽しもう(写真:iStock)
ニットでおしゃれを楽しもう (写真:iStock)

 お気に入りのニットを着て出かけたのに、「太った?」なんて言われたらショックなもの。ニットを上手に着こなすには、太って見せないことも大切です。ぜひ、ご紹介したテクニックを取り入れて、暖かいニットスタイルを楽しんでくださいね。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...
40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...
痩せ希望!「L-カルニチン」って何?【専門家監修】脂肪燃焼効果を解説
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<後>靴選びのテッパン3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<前>美足とは? 歩き方3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
値段それなりでは不満!辛口アラフォー“美人見え”最旬プチプラコスメ3選
 プチプラコスメの実力がぐんぐんと上がっている昨今は、そこまで期待せずに買ってみたコスメが、想像以上に良かった…! とい...
排尿痛さようなら!【専門家監修】トイレでつらい原因&病院いつ行く?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...