体重が増えた…太った体をすぐに戻す方法&成功させるコツ♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-11-21 06:00
投稿日:2021-11-21 06:00
「何だか体が重い……」と、久しぶりに体重計に乗ってみると、思ったよりも太っていてビックリ!なんて経験がある人もいるでしょう。見て見ぬふりを続けてしまうと、さらに体重が増えてしまうことも……。そこで今回は、太った体重をすぐに戻す方法&成功させるコツをご紹介します!

体重が増えてしまったら…太った体をすぐに戻す4つの方法

太った!やばい!(写真:iStock)
太った!やばい! (写真:iStock)

 太ったことを実感しつつも、実際に体重計の数字を見ると落ち込んでしまいますよね。そこでまずはじめに、太った体をすぐに戻す4つの方法を見ていきましょう!

1. 太った原因を追及する

 太った体をすぐに戻すためには、自分がなぜ太ってしまったのかを理解することが大事。太った原因がわかれば、それに合ったダイエット法が見えてくるのです。

 おもな原因としては、脂質や糖質の摂りすぎ、食事をする時間の変化、突然運動をやめてしまった……などが挙げられます。心当たりがあるか、まずは考えてみましょう。

2. 水分と野菜で体をリセットする

 増加してしまった体重が2〜3キロ程度であれば、水分と野菜メインの食事で一度体をリセットしてあげましょう。納豆や豆腐などを一緒に食べると、満腹感が得られるのでおすすめです。

 体重の増加がもっと大きい場合は、この方法ではなく長期間での食事制限が必要になるでしょう。

3. 入浴で代謝をアップさせる

 忙しい時には、ついシャワーだけで済ませがちになってしまいますが、しっかり湯船に浸かることで得られる嬉しい効果もたくさんあります。

 体を芯まで温めると代謝アップや疲労回復、冷え予防などが期待できます。また、湯船に浸かるとリラックスして安眠できるので、体に良い影響を得られます。ぜひ、習慣にしてみましょう。

4. 生活習慣を見直す

 生活習慣は、体重の増加と大きな関わりがあることが多いです。たとえば、深夜遅くまで起きている習慣がある人は、夜中にお腹がすいてしまって、夜食を食べてしまう機会が増えてしまいますよね。

 太る前と今で生活習慣に違いはないか、もしもある場合はどうやって規則正しい生活に戻すことができるのか、よく考えてみましょう。

太った体をすぐ戻すには? 短期間ダイエットのポイントをチェック!

期間を明確にしよう(写真:iStock)
期間を明確にしよう (写真:iStock)

 続いては、太った体をすぐに戻すための「短期間ダイエット」を成功させるポイントをチェックしていきましょう!

1. 期間と目標体重を明確にする

 短期間でもとの体重に戻したいのであれば、ダイエットをはじめる前にダイエットをする期間と目標体重を明確にしておくと成果が得られやすいです。

 これを曖昧にダイエットをはじめてしまうと、いつまでもダイエットを開始できなかったり、長引かせてしまう可能性もあるので、意識してみてくださいね。

2. 基本的に間食はNG

 基本的に、ダイエット中の間食はNG。栄養のバランスが取れた食事を3食しっかり食べていれば、さほど空腹感を感じずにいられるでしょう。

 逆に、無理な食事制限をしてしまうと、変な時間にお腹が空いて間食の原因になってしまうので注意しましょう。

3. 飲み物のカロリーもしっかりチェック

 ダイエットをしていると食べ物のカロリーばかりを気にしてしまいがちですが、実は飲み物のカロリーにも注意が必要。

 甘い飲み物や缶コーヒーは、思っている以上にカロリーが高めです。ジュースはお水かお茶に、コーヒーはブラックで飲むことで、かなりのカロリーがカットできますよ。

4. リバウンドに注意する

 もっとも注意したいのが、ダイエット終了後のリバウンドです。目標体重を達成できると、嬉しくなってたくさん食べたくなる気持ちはわかります。

 しかし、ダイエット直後の体は以前よりも太りやすい状態。そのことをしっかり頭に入れておけば、リバウンドを防止することにつながるでしょう。

見て見ぬふりは厳禁! 太ったら“すぐに戻す”ことがダイエットの鉄則!

「太ったらすぐ戻す」が鉄則(写真:iStock)
「太ったらすぐ戻す」が鉄則 (写真:iStock)

 体重が増えてしまったとき、ダイエットですぐに戻すかor見て見ぬふりをするかで、その後の体型が大きく変わってきます。

 いつまでも綺麗な体をキープしたいのであれば、見て見ぬふりをするのは厳禁! 太ったらすぐに戻すことで、大幅な体重増加も防止できるようになりますよ♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...