体重維持に効率的な方法とは?我慢しない6つの体型キープ術

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-05-10 06:00
投稿日:2020-05-10 06:00
 一生懸命ダイエットして理想の体型になっても、体重を維持するというのは簡単なことではありませんよね? そこで今回は、我慢せずにリバウンドを防いで、体重を維持する方法を紹介します!

食事で体重維持をする3つのポイント

体重キープに効果的な食事って?(写真:iStock)
体重キープに効果的な食事って? (写真:iStock)

 体重維持で意識しなければいけないのは、何と言っても「食事」です。食の欧米化で日本人も脂っこいものや味の濃いものを食べるようになり、肥満が増えています。それに伴いダイエットをする人が多くなっているのが現状でしょう。

 そこで、どんな食事を摂れば体重維持ができるのかをご紹介していきます。

1. 消化の悪い食べ物を避ける

 消化の悪い食べ物を食べることは、必ずしも問題ではありません。しかし、「食べすぎ」には注意が必要です。食べすぎてしまうと消化に時間がかかって、体内コントロールができず体重が増えてしまう原因になります。

 また、脂っこいものや重量の多い炭水化物は量を計って食べることをオススメします。ハンバーガーやパスタなど味の濃い食べ物は塩分や糖分が高いため、健康のためにも食べる量を減らしたり、食べる期間をあけるなどして調整しましょう。

2. 野菜やフルーツを多く摂取する

 葉物や根菜などの野菜は、太陽や土から得たたくさんの栄養を含んでいます。ヘルシーな食材ですが、料理の仕方によっては食べ応えも十分で満足できます。しかも野菜は種類が豊富なので、調理法も多く非常に便利です。

 また、野菜と一緒にフルーツも摂取しましょう。フルーツにはビタミンやミネラル、食物繊維など健康維持に必要な栄養素がたっぷりと含まれています。食べにくいフルーツの場合には、野菜と一緒にスムージーにして飲むのもオススメ。果汁だけでもいいですが、できれば野菜やフルーツの繊維を一緒に摂取すると、食物繊維などを多く摂れるので良いですよ!

3. 乳製品で腸活する

 牛乳やヨーグルトなどの乳製品にはタンパク質やビタミンD、カルシウムやリンなど体重増加を防ぐ栄養素が多く含まれています。しかし、脂肪分も多く含まれているため、摂取しない方が良いと思っている人も多いでしょう。

 実際、乳製品を多く摂取していた女性と、少量しか摂取しない or 全く摂取しない女性では、乳製品を多く摂取していた女性の方が体重が増加しなかったという研究結果もあるそうです。しかも、「全乳」など、乳脂肪分を除去していない乳製品を多く摂取した方が、体重が増えなかったという結果にもなっています。

 とはいえ、もちろん摂りすぎは良くありません。他の食事と程よくバランスをとることが大切です。

意識を高めて体重維持をする3つのポイント

体重計に乗る習慣が程よいプレッシャーに(写真:iStock)
体重計に乗る習慣が程よいプレッシャーに (写真:iStock)

 体重を維持するためには、何よりも自分の意識が問題です。「ちょっとくらいいいよね?」「今日だけ」と自分に甘い考えでは、理想のスタイルや体重を維持することはできないでしょう。次は、無理せずに意識を高めて体重維持を叶える方法をご紹介します。

1. 筋トレやウォーキングなどで基礎代謝をUP

 基礎代謝をUPさせるためには、筋肉が必要不可欠! しかし、ムキムキになるようなハードな筋トレは必要ありません。適度な柔軟やウォーキング、週2回程度のジムでの筋トレなどを無理せず行うだけでいいんです。それが、太りにくい身体を作ることに役立ちます。

 しかし、毎日だと大変なので「15分程度のウォーキング」や「週2回の筋トレ」など、あまりハードではない運動を適度に行うようにしましょう。このちょっとした運動で、ただ痩せているだけでなく、引き締まった健康的なスタイルを維持することができます。

2. 毎日体重計に乗る

 体重を維持するには、毎日体重を計って自分自身にプレッシャーをかけることも重要です。自分の体重を常に把握することで、「何を食べたらどれくらい体重が増えるのか」が分かりますし、毎日体重を計る時間を決めると、生理周期などによる体重の変化が分かりやすいのでオススメです。

 自分の体重を把握すると、無意識に食べるものをヘルシーにしたり、量を減らしたりすることができます。肉や野菜、魚やフルーツなどバランスのとれた食事をすることを心がけると、さらに健康的に体重維持ができるでしょう。

 今までジャンクフードばかり食べていた方は、ヘルシーな食事に変更するのが最初はキツイかもしれません。しかし、しばらく経つうちに徐々に慣れていき、自然と身体が健康的になっていくのを実感できるはずです。

3. あまり我慢をしない

「せっかくダイエットしたんだから、絶対に体重を維持しなきゃ!」と、あまり意識を体重ばかりに向けてもいけません。

 自分の好きな食べ物を無理に我慢するとストレスが溜まって、逆に過食をしてしまう方もいます。ストレス太りを起こしては、せっかくのダイエットが無意味でしょう。身体と心が欲しているものを、我慢せずに食べる方が心身共に健康でいられるかもしれません。

日常生活を工夫するだけで、健康的に体重維持ができる♪

時にはご褒美タイムも♪(写真:iStock)
時にはご褒美タイムも♪ (写真:iStock)

 体重を維持するって、簡単じゃないイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし、普段の何気ない動作や食事方法をちょっと変えるだけで、理想の体重をキープすることができるんですよ。

 ただ、我慢は禁物! 健康的にキープしてこそ価値があるんです。日常生活にちょっとだけ意識を足して、理想の体重をキープしてくださいね!

ビューティー 新着一覧


毛穴レスな陶器肌に♡マットメイクのやり方のコツ&注意点
 光沢のないマットメイクは、ナチュラルなのに大人っぽい雰囲気が漂うメイク。でも、「やってみたいけどなんだか難しそう……」...
ゾンビに傷あと…簡単で可愛い♡ハロウィンメイク&アイテム
 今年も、ハロウィンの季節がやってきましたね♡ 今回は、ハロウィンパーティーに大活躍するハロウィンメイクのアイディアをご...
バズり靴下「ファミマソックス」に「am/pm」柄が新登場!2021.10.14(木)
 今年の夏、SNSでバズった“ファミマの靴下”。一部の店舗で、売り切れが続出しましたが、最近また見かけるようになりました...
ミストは乾燥するって本当?正しい使い方&3つの注意点♪
 ミストタイプの化粧水は、出先でも簡単に肌の水分補給ができる便利なアイテム。でも、使い方を間違えてしまうと乾燥の原因にな...
男性ウケ抜群のモテ顔に♡ デートメイクのコツ&NGメイクも
 デートの際、気合いが入ってついメイクが濃くなってしまう人もいるでしょう。しかし、男性は盛りすぎメイクよりも、ナチュラル...
マツエクはもう時代遅れ? 初期&最新のトレンドを徹底比較♪
 つけまつ毛をつけているようなパッチリした目元を叶えてくれる「マツエク」は、美容に敏感な女性たちの中ではすっかり定番のア...
実は美人が多い♡ “ゴリラ顔の特徴&似合う髪型を選ぶコツ
「可愛い」というより「ワイルド」なイメージが強いゴリラ顔。“ゴリラ顔”と聞くだけでネガティブなイメージが先行してしまいま...
壇蜜のような“ふわとろ色気ボディ”を狙うおすすめグッズ3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
雑誌の豪華付録で美容家電をゲット♡ 眉毛シェーバーが優秀♪
 雑誌の付録をチェックするのが、ひそかな楽しみになっている私です。発売直後の新アイテムが試せたり、美容家電が付録になって...
ベリーショートは男ウケが悪い? 意外な事実&似合う人の特徴
 ベリーショートが似合う女性って、魅力的に見えて素敵ですよね。でも、ベリーショートは「男ウケが悪い」というのが、多くの女...
顔の産毛が濃いのが気になる…すべすべ肌を目指す5つの方法
 女性にとって、顔の産毛は厄介なもの。顔の産毛が濃くなると肌のトーンダウンにも影響してしまいますし、人から指摘されること...
“地雷系メイク”の特徴♡ 病みかわいく仕上げる部分別ポイント
 女性にとって、メイクは個性を発揮する手段のひとつ。「今のメイクに飽きてきた」という人は、「地雷系メイク」にチャレンジし...
その“抜け感”ダサいよ…勘違いファッションに見えないコツ
 ファッション用語で頻繁に聞く「抜け感」というワード。わかっているようでわかっていない人も結構多いかもしれません。そして...
ヘッドスパの効果が持続する時間はどれくらい? 目的別頻度
 髪質改善や美容にも効果があると言われる「ヘッドスパ」。でも、気が向いた時にだけ通っているという人も多いようです。でも実...
秋はレディライクなバーガンディメイクが旬♡ やり方のコツ
 秋は、女性らしさや上品さのある“レディライクなメイク”がしたいですよね♡ そこでおすすめなのが「バーガンディメイク」!...
アイクリームっていつ塗ればいい? 効果的な順番&塗り方♪
 みなさんは、アイクリームを使っていますか? アイクリームは目元の乾燥やたるみ、クマのケアなどができて便利なアイテムです...