新垣結衣が羨ましい…短いバスタイムで美肌ボディを保つコツ

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-12-08 06:00
投稿日:2021-12-08 06:00
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違ったのに…」などと憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、まるっと取り替えることはできなくても、メイクやスキンケア、ボディケアによって、“理想の自分”に近づけることは可能です。
 時短美容家の並木まきが、時短で憧れ女性像を目指すテクニックをお話します。今回は、入浴嫌いで知られている新垣結衣さんのように「手をかけずに美しいボディ」を手に入れる時短術について!

新垣結衣さんは入浴しないのに美肌ボディ?

新垣結衣さんの美肌に憧れる(C)日刊ゲンダイ
新垣結衣さんの美肌に憧れる (C)日刊ゲンダイ

 同性からも多くの支持を集めている新垣さん。テレビ番組で「入浴したいけど、面倒くさい」と話したことから、お風呂嫌いのイメージが定着しています。とは言っても、バスルームに足を踏み入れないという意味ではなく、湯船にはつからないもののシャワーはしているとのこと。

 一方、入浴は美肌ボディを育む美容習慣としても知られていて、シャワーだけで済ませると、どうしても乾燥ボディに悩む人も少なくありませんよね。新垣さんのように入浴を省きつつ、美肌ボディをキープするならば、シャワータイムに使うアイテムに工夫をすると、時短ボディケア術につながりますよ。

短いバスタイムでも「美肌ボディ」をキープする3つの時短術

1. 洗いながらうるおいケアできるボディウォッシュで「手洗い」する

たっぷりの泡で優しく手洗い(写真:iStock)
たっぷりの泡で優しく手洗い (写真:iStock)

 不要な汚れを落としつつも、洗いながらうるおいケアができるボディウォッシュも増えています。「セラミド」や「スクワラン」などの保湿成分が豊富に入っている製品を選べば、乾燥シーズンのボディケアが「洗うだけ」の時短で完了します。

 バスタイムを極力、短く済ませつつもカサカサボディは避けたい人は、ボディタオルを使わずに「手洗い」をすることもボディの乾燥を防ぐポイントです。ゴシゴシ洗いは、必要なものも洗い流してしまう乾燥の原因に。

2. 就寝時の部屋の最適湿度をキープする

寝室の湿度を最適に(写真:iStock)
寝室の湿度を最適に (写真:iStock)

 就寝時の部屋の湿度は、ボディの乾きにも影響します。なるべく手間をかけずに美肌ボディをキープするなら、部屋の湿度を最適に保つことも大事なポイントです。

 一般的に言われている最適湿度は40〜60%と幅がありますから、ご自身の肌状態が乾燥を感じない程度の湿度を見つけ、そこをキープできるよう加湿器などで調整を。筆者は、56%前後の湿度がもっとも肌状態がいいので、就寝時だけでなく、常に56%を下回ることがないように気をつけています。

3. 通年のUV対策を怠らない

一年通じてUV対策を(写真:iStock)
一年通じてUV対策を (写真:iStock)

「UV対策は、夏だけのもの」と秋冬時期の紫外線対策を怠ってしまうと、こちらもボディの乾燥を招く原因になりやすく、要注意です。

 秋冬の紫外線の量は夏ほどではないものの、ゼロというわけではありませんから、出かける際にはUV対策がマスト。冬の太陽は夏に比べると低い位置になるために、 “横”から降り注ぐ紫外線への対策も重要です。

筆者が愛用している時短ボディケアアイテムはこちら

 “おまけ”として、筆者が実際にボディの乾燥対策を意識して今の時期に使っているものをご紹介しますね。画像は左から「ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ」「ラボン 加湿器フレグランスウォーター」「ラフラUVミルク」。

「ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ」は、豊かなセラミド成分が特長で、洗いながらうるおいを残す仕様なので、入浴後にボディケアをする時間がないときにも頼りにしています。

「ラボン 加湿器フレグランスウォーター」は、アロマを楽しみたいときに就寝時の加湿器に加えています。

「ラフラUVミルク」は、10種類以上の美容液を配合した乳液タイプなので乾燥対策にもなる点がこの時期に重宝。肌トラブル対策で人気の「フラーレン」も入っていて、塗るだけで上質なボディケアができる時短アイテムです。

 ☆  ☆  ☆

 秋冬の乾燥対策には、バスタイムでのケアも大事だと言われるものの「お風呂が嫌い」「面倒」という人もいますよね。時短術をうまく組み合わせることで、シャワーだけで済ませても、新垣さんのような美肌ボディをキープするデイリーケアが叶います。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
女性ウケとは別なんです!“夫ウケメイク”で夫婦円満に
 頑張ってメイクをしているのに「夫に褒めてもらえない」と、不満を抱いている妻たちは多いようです。でも、もしかするとその原...
大人女性なら覚えておきたい“上品肌見せコーデ”のお作法4選
 肌見せコーデは、若い女性だけでなく大人女子からも人気です。ただし、大人の女性が上手に着こなすためには、ただ肌を見せると...
気になる「VIO専用シェーバー」の使い心地 2022.7.26(火)
 アンダーヘアの処理ってどうしていますか? 完全に毛をなくす「つるすべ派」、少しだけ整える「ナチュラル派」、あえてそのま...