新垣結衣が羨ましい…短いバスタイムで美肌ボディを保つコツ

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-12-08 06:00
投稿日:2021-12-08 06:00
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違ったのに…」などと憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、まるっと取り替えることはできなくても、メイクやスキンケア、ボディケアによって、“理想の自分”に近づけることは可能です。
 時短美容家の並木まきが、時短で憧れ女性像を目指すテクニックをお話します。今回は、入浴嫌いで知られている新垣結衣さんのように「手をかけずに美しいボディ」を手に入れる時短術について!

新垣結衣さんは入浴しないのに美肌ボディ?

新垣結衣さんの美肌に憧れる(C)日刊ゲンダイ
新垣結衣さんの美肌に憧れる (C)日刊ゲンダイ

 同性からも多くの支持を集めている新垣さん。テレビ番組で「入浴したいけど、面倒くさい」と話したことから、お風呂嫌いのイメージが定着しています。とは言っても、バスルームに足を踏み入れないという意味ではなく、湯船にはつからないもののシャワーはしているとのこと。

 一方、入浴は美肌ボディを育む美容習慣としても知られていて、シャワーだけで済ませると、どうしても乾燥ボディに悩む人も少なくありませんよね。新垣さんのように入浴を省きつつ、美肌ボディをキープするならば、シャワータイムに使うアイテムに工夫をすると、時短ボディケア術につながりますよ。

短いバスタイムでも「美肌ボディ」をキープする3つの時短術

1. 洗いながらうるおいケアできるボディウォッシュで「手洗い」する

たっぷりの泡で優しく手洗い(写真:iStock)
たっぷりの泡で優しく手洗い (写真:iStock)

 不要な汚れを落としつつも、洗いながらうるおいケアができるボディウォッシュも増えています。「セラミド」や「スクワラン」などの保湿成分が豊富に入っている製品を選べば、乾燥シーズンのボディケアが「洗うだけ」の時短で完了します。

 バスタイムを極力、短く済ませつつもカサカサボディは避けたい人は、ボディタオルを使わずに「手洗い」をすることもボディの乾燥を防ぐポイントです。ゴシゴシ洗いは、必要なものも洗い流してしまう乾燥の原因に。

2. 就寝時の部屋の最適湿度をキープする

寝室の湿度を最適に(写真:iStock)
寝室の湿度を最適に (写真:iStock)

 就寝時の部屋の湿度は、ボディの乾きにも影響します。なるべく手間をかけずに美肌ボディをキープするなら、部屋の湿度を最適に保つことも大事なポイントです。

 一般的に言われている最適湿度は40〜60%と幅がありますから、ご自身の肌状態が乾燥を感じない程度の湿度を見つけ、そこをキープできるよう加湿器などで調整を。筆者は、56%前後の湿度がもっとも肌状態がいいので、就寝時だけでなく、常に56%を下回ることがないように気をつけています。

3. 通年のUV対策を怠らない

一年通じてUV対策を(写真:iStock)
一年通じてUV対策を (写真:iStock)

「UV対策は、夏だけのもの」と秋冬時期の紫外線対策を怠ってしまうと、こちらもボディの乾燥を招く原因になりやすく、要注意です。

 秋冬の紫外線の量は夏ほどではないものの、ゼロというわけではありませんから、出かける際にはUV対策がマスト。冬の太陽は夏に比べると低い位置になるために、 “横”から降り注ぐ紫外線への対策も重要です。

筆者が愛用している時短ボディケアアイテムはこちら

 “おまけ”として、筆者が実際にボディの乾燥対策を意識して今の時期に使っているものをご紹介しますね。画像は左から「ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ」「ラボン 加湿器フレグランスウォーター」「ラフラUVミルク」。

「ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ」は、豊かなセラミド成分が特長で、洗いながらうるおいを残す仕様なので、入浴後にボディケアをする時間がないときにも頼りにしています。

「ラボン 加湿器フレグランスウォーター」は、アロマを楽しみたいときに就寝時の加湿器に加えています。

「ラフラUVミルク」は、10種類以上の美容液を配合した乳液タイプなので乾燥対策にもなる点がこの時期に重宝。肌トラブル対策で人気の「フラーレン」も入っていて、塗るだけで上質なボディケアができる時短アイテムです。

 ☆  ☆  ☆

 秋冬の乾燥対策には、バスタイムでのケアも大事だと言われるものの「お風呂が嫌い」「面倒」という人もいますよね。時短術をうまく組み合わせることで、シャワーだけで済ませても、新垣さんのような美肌ボディをキープするデイリーケアが叶います。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


指先まで潤う♡ 自宅でできるハンドケア&マッサージのやり方
 顔やボディのケアに比べて、つい後回しになってしまうのがハンドケア。しかし、手元は年齢が出やすい場所ですので、できること...
生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...
生理の日を快適に♪ おすすめデリケートゾーンケアグッズ3選
 身体も重く、気持ちも沈みがちになる生理期間……。少しでも楽になるように、と、アレコレ試してみて、気に入ったアイテムを3...
毛穴吸引器の正しい使い方のポイント!黒ずみ毛穴も綺麗に♡
 毛穴の黒ずみって嫌ですよね。だからといって、毛穴パックを繰り返してしまうと余計に毛穴が目立つという噂もあるし……。そん...
フェミニン系で大人可愛く♡3つの特徴&コーデのポイント♪
 流行りの「フェミニンコーデ」とは、女性らしい柔らかい印象のコーデのことを言います。可愛くなりすぎない大人フェミニンは、...
“ビッグカラーコーデ”ってダサい? 着こなしの6つのコツ♡
 2021年からじわじわブームが来ている、大きめの襟を使ったビッグカラーコーデ!「ダサいと思われそう」「私には着こなせな...
仲間由紀恵のような美髪に! ホームケア“格上げ”3アイテム
雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違った...
メイクで理想の顔に♡ 童顔の特徴&大人っぽく仕上げるコツ
 可愛らしい印象が強い童顔ですが、子供っぽく見られてしまうことをデメリットだと感じている人も多いよう。「童顔でも大人っぽ...
蒸しタオル美容を週1回のとっておきケアに♡ メリット&手順
 忙しい日々で、普段から美容に時間をかけられない人って多いですよね。でも、そんなあなたにぜひ、おすすめしたいのが「蒸しタ...
適度な運動の目安ってどのくらい?理想的な運動量&メリット
 健康維持やダイエットのために運動をはじめるとき、よく耳にするのが「適度な運動」という言葉。そもそも、適度な運動とは、い...