腹巻きの嬉しいメリット4つ♡ 効果を上げる正しい使い方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-01-19 06:00
投稿日:2022-01-19 06:00
 美容や健康に関心がある女性にとって、「温活」は外せない事柄でしょう。昔から“冷えは万病の元”といわれてきましたが、体を温めることの大切さをあらためて意識する女性が多くなってきています。そんな温活におすすめなのが「腹巻き」! そこで今回は、腹巻きの嬉しいメリットや効果的な使い方をご紹介します♡

温活に大活躍! 腹巻きの嬉しいメリット4つ

腹巻き使ってる?(写真:iStock)
腹巻き使ってる? (写真:iStock)

 温活と一口にいっても、さまざまな方法があります。その中でも、手軽に取り入れやすいのが「腹巻き」。まずは、腹巻きを使うことで得られるメリットをご紹介します。

1. 基礎代謝が上がる

 温活に大活躍する腹巻きは、つけるだけで体温を1度上昇してくれるとまでいわれています。その作用で起こる嬉しいメリットが、基礎代謝を上げるさせる効果! なんと、体温が1度上昇するにあたり、1割程度も基礎代謝が上がるという説もあるそうです。

 代謝が上がれば、ただ生活しているだけで燃える脂肪の量も増えるため、ダイエットにも良い効果が期待できるということですね。

2. 生理痛の緩和

 生理痛で悩んでいる女性は多いですよね。体が冷えると血流が悪くなるというのは、多くの方がご存じだと思います。実は、漢方医学では「血流の悪い部分に痛みが出やすい」という考え方があるそうで、冷え性の人は生理痛を強く感じやすくなる傾向があるようです。

 そんな時にも、腹巻きが大活躍! お腹を温めることで血流が良くなるため、生理痛が緩和されるかもしれません。

3. 肌トラブルの予防

 冷えによって腸の働きが悪くなると、老廃物が排出されないことが影響して、肌トラブルの原因になってしまうことも……。

 その点、腹巻きを使ってお腹を温めて腸の動きが活発になると、腸内の老廃物をしっかり排出できるようになります。お腹を温めることは、健康だけでなく美容にも良い影響があるということですね。

4. 快眠効果で疲れを改善

 普段から強く疲労を感じる人にも、腹巻きはおすすめです。体温を上げることで、自律神経が整いやすくなるため、眠くなった時に体はスムーズにリラックス状態になり、快眠することができるのです。

 また、寝ている間に体の疲労がしっかり修復され、元気な朝を迎えやすくなります。

より効果をアップさせるには? 腹巻きの正しい使い方

湯たんぽと併用しても◎(写真:iStock)
湯たんぽと併用しても◎ (写真:iStock)

 腹巻きの効果がわかったところで、続いては腹巻きの正しい使い方をチェックしていきましょう。使い方次第で、腹巻きの効果をより高めることができますよ。

1日に5時間程度を目安に使う

 腹巻きをずっとつけっぱなしにしている人も多いようですが、実はこれには注意が必要。腹巻きの効果に体が慣れてしまい、自分から熱を作り出す働きが弱まってしまうことがあるという説もあるようです。

 おすすめは、1日に5時間程度を目安にして使うこと。たとえば、寝る時だけ、外に出かける時だけなど、使う場面を決めておくと良いでしょう。

カイロを使って保温効果アップ

 もともと体温が低い人は、腹巻きを使ってもなかなかすぐには効果を実感できないかもしれません。そんな時には、カイロやを併用する方法がおすすめです。腹巻きの上から、貼るタイプのカイロを使ってみてください。より効果的にお腹を温めることができますよ。

素材にこだわる

 腹巻きといっても、使われている素材はさまざま。だからこそ、より腹巻きに適した素材を使って商品を選ぶのが効果をアップする秘訣です。

 おすすめは、綿やシルクなどの天然の素材を使用したもの。吸湿性が高く、肌触りが抜群な上、繊維の間に空気を含むことができるから保温性にも優れています。

腹巻きにはメリットがたくさん♡ 今日から温活を始めよう!

見えないところでも温活を(写真:iStock)
見えないところでも温活を (写真:iStock)

 腹巻きには、女性にとってたくさんのメリットがあります。なにより手軽に購入できて、すぐに試せるのが、最大のメリットかもしれません。ぜひ、今日からの温活に取り入れてみてくださいね!

ビューティー 新着一覧


どうしてる? 30代40代にも多い「外出先での尿もれ」対策6つ
「尿もれなんて、年を取ってからの悩みでしょ?」と、思っている人は多いかもしれません。でも実は、出産や病気などが原因で30...
プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...