カラーリップと口紅の違いは? 上手な使い分け方をご紹介♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-01-23 06:00
投稿日:2022-01-23 06:00
 皆さんは、口紅とカラーリップの違いを知っていますか? 普段何気なく使っているアイテムですが、ほかにもグロスやティントリップなど種類がたくさんあるので、なんとなく購入しているという人も多いでしょう。でも実は、違いを知ると上手に使い分けることができるので、とても便利なんですよ♡ そこで今回は、カラーリップと口紅の違いや、使い分け方についてご紹介します!

そもそも「カラーリップ」と「口紅」の違いとは?

カラーリップ?口紅?違いはなあに(写真:iStock)
カラーリップ?口紅?違いはなあに (写真:iStock)

 まずは、カラーリップと口紅の違いや特徴をチェックしていきましょう! 原料の違いや、おもな役割に注目してみてくださいね♡

「カラーリップ」は唇を保湿するアイテム

「カラーリップ」とは、保湿がメインの役割であるリップクリームに色がついたもの。おもに、蜜蝋やワセリン、植物油脂などを原料としていて、保湿効果が高いのが特徴です。

 保湿がメインのリップクリームに色がついた程度なので、口紅のようにくっきりと色づける力は弱いです。

「口紅」は色をつけるためのアイテム

「口紅」のおもな役割とは、唇に色をつけるということ。唇の血色をよく見せるために、植物性の天然色素や顔料、合成着色料などを配合して、唇の輪郭をくっきりと見せてくれます。

 ただ、色をつけるということがメインの役割なので、単体で使うと乾燥しやすいのが難点です。乾燥を予防するため、下地に保湿用のリップクリームなどを使ってから塗っている人も多いようです。

「グロス」「ティントリップ」にもこんな違いが

 ちなみに、似たようなアイテムに、「グロス」や「ティントリップ」もありますよね。まず、「グロス」は、唇に光沢を与えるためのアイテム。そして「ティントリップ」は、唇に色をのせるのではなく“染めるためのもの”です。

 この微妙な違いを知ると、上手にリップコスメを使い分けることができますよ♡

違いがわかったら…カラーリップと口紅の上手な使い分け方

 カラーリップと口紅の違いがわかったところで、上手なリップコスメの使い分け方もチェックしていきましょう!

「口紅」を使うのにおすすめのシーン

きちんとメイクには口紅を(写真:iStock)
きちんとメイクには口紅を (写真:iStock)

 まず、口紅を使うのにおすすめなのは、以下のようなシーンです。

・豊富な色の中から、自分に合った色を選びたい時
・唇の血色が悪く、しっかり色づけたい時
・フォーマルシーンなどできちんとメイクしたい時
・マットな仕上がりにしたい時

 カラーリップに比べて、口紅は豊富な色があるのが魅力。理想の色を見つけたい時には、口紅から選んだほうがいいでしょう。また、カラーリップよりも口紅のほうが色づきがいいので、血色の悪い人にも◎。

 メイク感を出したい、フォーマルな場にも向いていますね! そして、カラーリップよりもマットな仕上がりになるものも多いので、仕上がりの質感でも使い分けてみると良いでしょう。

「カラーリップ」を使うのにおすすめのシーン

ケアしつつ色味もプラス(写真:iStock)
ケアしつつ色味もプラス (写真:iStock)

 続いては、カラーリップを使うのにおすすめのシーンをチェックしてみましょう。

・唇の乾燥が気になる時
・唇をケアしながら色もつけたい時
・外出先でさっとメイク直しがしたい時
・ふんわりした印象にしたい時

 カラーリップは、保湿がメインの役割なので、唇の乾燥がひどい人にはとても便利なアイテムです。色をつけながら唇のケアができるので、一石二鳥ですよね。

 また、口紅より色づきが弱いので、顔を見ずに適当に塗っても違和感なく使えます。外出先でメイク直しをするなら、カラーリップのほうが便利だといえるでしょう。また、口紅よりも色づきが優しいので、ナチュラルメイクにも向いていますね。

カラーリップと口紅の違いを知るととても便利!

特徴&シーン別に使い分けよう(写真:iStock)
特徴&シーン別に使い分けよう (写真:iStock)

 フォーマルでしっかりメイクをしたいなら「口紅」、唇をケアしながらナチュラルに仕上げたいなら「カラーリップ」、光沢を出したいなら「グロス」、口紅よりも色味が落ちにくくしたいなら染めるタイプの「ティントリップ」。

 このように、リップコスメの役割や、使用するベストシーンを知っておけば、購入する時にも悩むことがなくなるでしょう♡ ぜひ、この記事を参考にして、もっとリップメイクを楽しんでくださいね!

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


老眼鏡応用できる!40代女性「老けて見えないメガネ選び」5つの極意
 40代に入ってくると老眼がはじまり、老眼鏡が手放せなくなる人が増えます。中には、メガネをかけた自分の姿に「老けた……!...
おならが超クサイ…ニオイの改善策と専門医“お墨付き”の漢方薬3つ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
楽天売れ筋1位のナイトブラで“美胸”になれるか?【10日間着用ルポ】
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
インナーケアってなに? カラダの内側から美しくなる方法5つ
 誰だって、若々しい肌を保ちたいもの。そのためには外側からのケアだけではなく、インナーケアが欠かせません。あなたはインナ...
ほうれい線はコンシーラーの入れ方次第! あるあるNG&若見えテク3選
 お肌のくすみやたるみ、しわ、シミ、ほうれい線は、コンシーラーを使って悩みをうまくカバーしたいのに、なかなかうまくいかな...
40代は迷わずやっとこ!今から始める「顔の角質ケア」で目指せ透明肌♡
「40代になってから、肌がくすんで透明感がなくなった気がする」と感じている女性は多いのでは? その原因は、肌に古い角質が...
万年腰痛、諦めるな!苦痛から解き放たれるセルフケア3選【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
汗かく入浴剤3選 体を芯から温めてカラダもココロもスッキリ
 バスタイムは、日々の疲れを癒す大切な時間です。入浴剤を使えば香りによって、よりリラックスした入浴ができます。  そし...
鏡よ鏡、40代の「パール&ラメ」メイクで“痛い女回避”のコツを教えて
 40代を超えると、だんだんと顔のハリや華やかさ、瑞々しさがなくなってきますよね。でも、安易にラメやパールで輝きを取り入...
元アムラーは眉毛に注意!「老け見えメイク」で+10歳に見えるキケン
 しみや毛穴、くまなど、年を重ねると隠したい部分が多くなり、とにかくアラをカバーすることを意識してメイクをするようになり...
“ながら”美容ローラーちょっと待って! やってはいけない8つの美容習慣
 年齢とともに、肌や身体の変化を感じながらも「いつまでも若々しくいたい!」と抗ってしまうのが女ゴコロ。自分なりの美容習慣...
「首&デコルテ」に年齢が出ます! 毎日習慣化させたい4つのセルフケア
 40代を超えると、シワやシミなどの肌ケアに力を入れる人は多いですよね。でも、意外と忘れがちなのが「首とデコルテ」のケア...
マッサージいらずの肩こり解消法!根本原因の改善におすすめの漢方薬3種
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
やすりで削ると逆効果?ゾウ級「ガサガサかかと」正しい角質の落とし方
 足にまつわる悩みで多いのが「ガサガサのかかと」ですよね。ひどくなると、ストッキングが伝線してしまったり、パキッと割れて...
「フェイスパウダー」の使い方をマスター! プレストとルースの違いは?
 フェイスパウダーの正しい使い方をご存知ですか? メイク用品のなかではなんとなくスタメン落ちしがちなフェイスパウダーです...
ぷりっと美尻を作る4つの簡単“ながら”体操!アラフォーは始め時です
 アラフォーになると、だんだん代謝が落ちてきて体型が崩れてきますよね。何とかしようと、ダイエットに挑戦する人は多くいます...